1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 転職成功談
  3.  > 転職に消極的だったが、社長の熱意に魅力を感じて入社を決意

転職に消極的だったが、社長の熱意に魅力を感じて入社を決意

佐々岡氏(仮名/男性/30代)

DATA

前職 大手コンサルティング企業 シニアコンサルタント / 年収900万円
活動期間 約2ヶ月
ヘッドハンター面接数 3人
応募求人数 2社
面談社数 1社
内定数 1社

現職

外資系コンサルティング企業 マネージャー 年収1200万円

これまでメーカーやコンサルティング企業でキャリアを積んできた佐々岡氏。転職までは考えていなかったが、当時の仕事に対し「はたしてこれが自分のやりたい仕事なのか」と違和感を抱いていた。そんなとき、ビズリーチを通じて企業からスカウトが届く。軽い気持ちで面談に向かったところ、社長の強い熱意を感じ転職を決意。その詳細を伺った。

転職理由

待遇に不満はないが、理想の仕事とのギャップに悩む

大手メーカーと大手コンサルティング企業で、コンサルタントとして幅広いプロジェクトに参画してきた佐々岡氏。特に、語学力や企画構想力という自らの強みを生かして新規事業への戦略や海外進出のアドバイザリーサービスの提供に従事してきた。順調に道を歩み、待遇や環境面に関して不満はなかったが、担当する仕事が変わると、社員の仕事が均一化されていることや強みとなるスキルを活用できないことなど、大手企業での働き方に違和感を覚えるようになった。

「自分にしかできない仕事はどういうことなのかを考えました。会社は規模こそ拡大しているものの、社員の活用という意味では、独自性が徐々に薄れていく。心の声は、今の仕事は違うと言っていたのです。スキルや性格、モチベーションなどさまざまな能力を持つ社員がいるなかで、社員がみな均一的に見られるのはすごく嫌でした。もう少し実力ベースで自身を差別化できる環境に身を置きたいと考えるようになりました」しかし待遇に不満はなく、会社内異動も可能なため、会社を辞めて転職することまで考えていなかった。そんなとき、友人からビズリーチを紹介され、登録をしてみたという。

ビズリーチで出会った求人、ヘッドハンター

「相棒を求めている」――社長の熱意に転職を決意

転職には積極的でなかったが、ある企業から何度もスカウトが届いた。存在を知らない会社だったが、スカウトの回数も多く、一度話だけでも聞いてみようと軽い気持ちで面談に足を運んだ。すると、グローバルな仕事内容に魅力を感じ、後日、人事担当、社長、所属先の上長との面接に臨むことになった。結果、スカウトを受け取ってから2週間以内に内定が出たという。「日程調整や時間配分などとても気を配っていただき、面接のスケジュールはなるべくこちらに合わせてもらいました。たまたま本当に運よくスケジュールが合って、選考自体も早くて助かりました」

しかし、内定が出てからも、大企業から規模の小さい企業に入社するということに不安を感じ、なかなか入社を決心できずにいた佐々岡氏。近々昇進も予定されており、自分がなぜ今のタイミングで転職するのかを考え続けたという。そのとき、企業から提案されたのが、社長との雑談ベースでの面談だった。「社長から、『大企業に比べると、規模は小さく、環境面も劣る。しかし、あなたはビジネスが分かっていて、グローバルな視野を持ち、極めて冷静だ。熱くなりがちな私をけん制してくれるのではないかと感じている。私は相棒を求めているんだ』と言われ、その熱意に心が動かされました。規模が小さいので裁量は大きく、自分がやりたい仕事ができると思えました」

転職先では年収も上がり、新たな環境で存分に能力を発揮できると意欲を見せる佐々岡氏。「新しいサービスラインを立ち上げてほしいといわれています。結果を出せるように、できるところまでやっていくつもりです。今回の転職はとても納得できるものでした」と語る同氏の言葉には力強さが感じられた。

転職成功の鍵

自分に合う仕事を逃さないためには、面談に行くことと自分について常に考えることが大切

佐々岡氏が応募したのは2社にとどまるが、自分に興味を持った企業が志望と合うか判断するために、まずは可能な限り直接顔を合わせて話を聞きに行くことが大切だと語る。「面白そうだと思えるスカウトが届いたら、今在籍している会社を辞めるつもりは全くない、という気持ちを持たず、まず一度先方と会って話をしてみると良いと思います。逆に、ポジションや仕事内容に興味を持っていても、そこで働く人とも合わなければ仕事は続けられないと思います。仕事をしながらの転職活動は大変でしょうが、まずは話を聞いてみるところから始めると、良い縁と巡り合えるのではないでしょうか」

また、時間にゆとりがないなかでの転職活動で、少ないチャンスを逃さないためには、自分の特徴や武器、キャリアプランについて、常に頭の中で分析する習慣も大切だと話す。「どの仕事が得意か不得意か、どの分野に自分の強みがあるのか、弱点は何なのかなどを、日々常に考えておくと、いざというときに意志決定がしやすくなるかもしれません」

ビズリーチより

ビズリーチのご利用には会員登録(無料)が必要です

ビズリーチに無料登録して、5600社以上の厳選企業や1600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトを受けましょう。

新規会員登録(無料)
ログインはこちら

経営・事業企画転職成功談一覧へ

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ