1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 人材業界の実態

人材業界の実態

求人媒体

求人媒体

広く一般に公開されるため、応募しやすく採用されやすい反面、高いポジションの求人は少なく一般職が多い。掲載料金は数万円~数100万円で高額になることもあり、世の中すべての求人が集まりにくい。

  • メリット

    • 積極的に採用をしたい採用企業の求人と、積極的に転職活動をしている求職者が効率的にマッチングしやすい
    • 採用企業には掲載料金以外のコストが発生しないので、応募者のスキルが採用基準ギリギリの場合でも採用される可能性が高い
  • デメリット

    • 採用ニーズがあっても掲載料金を支払わない限り掲載されない
    • 多くの人を採用したい一般職の求人が大多数となる

人材紹介会社/ヘッドハンター

人材紹介会社/ヘッドハンター

非公開案件もあるので、ハイクラス層の求職者とマッチングしやすい。しかし、採用企業は採用時に年収の30~35%を紹介料として紹介会社に支払う必要があるため、採用コストと天秤にかけられることもある。また、採用企業は本当に求めている人を紹介されているとは限らず、求職者も合致する案件を紹介されているとは限らない。

  • メリット

    • 求人媒体には掲載されていないような、管理職・幹部系の求人がある
    • ヘッドハンターは採用企業との面談日程調整や、条件交渉などを代行してくれる
    • 採用企業の経営者と強いパイプを持つヘッドハンターの場合、潜在的なポジションを提案してくれる可能性がある
  • デメリット

    • 保有している一部の求人情報しか明らかにされないため、少ない選択肢の中での転職活動となる
    • 採用企業からの採用成功報酬によってビジネスが成り立っているため、求職者は商品として扱われやすい
      (求職者の希望・意図よりも、採用企業の要求を優先しやすい)
    • 紹介手数料が低い場合は、優良企業の求人情報であっても紹介される可能性が低くなる
    • 紹介手数料は一般的に高額なため、主に中小企業の採用ハードルは高くなる傾向がある

ビズリーチ

ビズリーチ

求人媒体と人材紹介の機能を併せ持つ新しい採用手法で、従来なら紹介会社のみが閲覧できていた良質な人材データベースを採用企業にも開放。会員限定サービスで、一般職ではなく高ポジションの案件が多く、ハイクラス層の求職者とマッチングしやすい。低コストでの採用が実現できるので、ふさわしいポジションに採用されやすい。

求職者は最大量の選択肢から、もっともふさわしいキャリアを見つけることができます。また、審査に通過したヘッドハンターが利用しているため、決定料率に関係なく案件を紹介してもらえます。ビジネスパーソンの仕事探しのために、採用企業・ヘッドハンター・求人・求職者のすべてに独自審査を行い、一定水準を保っている日本唯一のサービスです。

  • メリット

    • 採用企業とヘッドハンターからの求人情報が集約されているため、多くの選択肢から転職活動が行える
    • 採用コストは基本一律70万円とハイクラス層にしては低いため、採用ハードルが上がりにくい
    • プレミアムステージにアップグレードすると、キャリアの選択肢と可能性を最大化できる
  • デメリット

    • ビズリーチの審査基準に満たない求職者・採用企業・ヘッドハンターは利用できない
    • 求人情報には年収制限を設けているため、年収の低い求人情報が少ない
    • 積極的に転職活動を行う場合、プレミアムステージにアップグレードする必要がある
利用料 採用時のコスト 求人情報
求人媒体 一掲載につき
数万~100万円超
0円 一般職が多い
人材紹介 なし 決定年収30~35%支払い(年収1000万円の場合、300~350万円の支払い) 非公開求人有
ビズリーチ 求人掲載無制限
利用料についてはお問い合わせください
年収に関わりなく一律 すべての選択肢と
可能性を集約

ビズリーチが扱う求人について

ビズリーチに掲載されている求人は、掲載している採用企業にとって重要なポジションであることが多く、広く世に公開できるものではありません。中でも特に秘匿性の高い求人は、ビズリーチ内でも公開されておらず、スカウト後の面談で初めて知ることもよくあります。

このように、求人情報がとても繊細であるゆえに、求人の詳細確認やご応募はプレミアムステージの会員様に限定させていただいております。

ビズリーチが扱う求人について

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ