1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 転職成功談
  3.  > ヘッドハンター30名超と面談を重ね、海外事業のマーケティングに抜擢

ヘッドハンター30名超と面談を重ね、海外事業のマーケティングに抜擢

黒川氏(仮名/女性/40代)

DATA

前職 サービス企画開発会社 マーケティング担当 開発担当 / 年収900万円
活動期間 約2ヶ月
ヘッドハンター面接数 30人
応募求人数 3社
面談社数 2社
内定数 1社

現職

ディベロッパー会社 海外事業企画担当 年収900万円

10年にわたりマーケティング会社でBtoCビジネスに携わった黒川氏は、成長期にあったサービス企画開発会社に転職。企業成長に貢献してきたが、会社が成熟していくなかで新たな活躍の場を求めて転職活動を再開。求人探しに難航しながらも、海外進出に伴うマーケティング職への転職に成功した経緯について伺った。

転職理由

会社の成長に貢献できたことで、新たな挑戦の場を求めて転職を考えるように

大学卒業後はマーケティング会社に就職し、食品や化粧品の開発などに携わった黒川氏。クライアントは大手消費財メーカーを中心に知名度の高いブランドも多くやりがいにあふれていた。「一度ある既存商品のリブランディングについてプロモーション案が通り、大ヒットにつながった経験があるのですが、そのビジネスインパクトに手応えを感じた私は、マーケティング全体の一連の流れにかかわりたいと考えるようになりました」。

そんなとき、あるヘッドハンターからサービス企画開発会社を紹介される。その企業はマーケティングを強化したいと考えていたため、より裁量をもって仕事ができると感じた黒川氏は転職を決めた。入社後、手掛けたサービスや施設がメディアで取り上げられるようになるにつれ、会社も急成長し、人材も増えて黒川氏の役割も次第に変わっていった。そのタイミングで、ヘッドハンターから2度にわたって声がかかったこともあり、黒川氏は新天地を求めて真剣に転職を考えるようになった。

ビズリーチで出会った求人、ヘッドハンター

情報収集のために。30名を超えるヘッドハンターと面談

アジア全体で今後成長する分野は「医療・ヘルスケア分野」だと確信していた黒川氏。しかし求人ニーズがどの程度あるのか分からなかったので、以前から付き合いがあったヘッドハンターや大手転職支援会社、そしてビズリーチを通じて情報収集を行った。「ビズリーチでは求人情報やヘッドハンターの経歴を見て、ヘルスケア業界に強そうなヘッドハンターに問い合わせをしました」。

黒川氏は少しでも確率を高めるためにヘッドハンターと多数会うべきと考え、興味を持った求人にはとにかく問い合わせをして、合計30名を超える方々と面談を重ねた。「ヘッドハンターとの面談を通じて認識したことは、医療・ヘルスケア業界には、私がイメージする事業を展開する会社が存在しないということでした。私はBtoCのマーケティングに関わりたいという想いと、成長著しい市場で裁量ある仕事に挑戦したいという想いがあったので、ヘルスケア業界での転職を断念し、その2つの方向性で紹介してもらった3社の企業に応募しました」。

転職成功の鍵

経験を活かして活躍できる、大きなチャンスを手中に

今回入社を決めたのは大手開発ディベロッパーで、海外進出にあたりマーケティングを強化するための募集だった。「最初はぴんとこなかったのですが、前職で海外顧客の市場開発プロジェクトに関わった経験があり、アジアを中心とする海外マーケットの成長性には大きな可能性を感じていました」。大企業では多くの業務が細分化・専門家しているため、自分の経験がどこまで活かせるか不安ではあった。

しかし、今回の海外進出は新規事業で、マーケティングのプロが不在。黒川氏の裁量や業務範囲は広くなるだろうとイメージできた。「ヘッドハンターは、その会社との付き合いが長かったことから選考はスムーズに進みました。面接に役立つ情報もたくさんいただきましたし、あらかじめ企業にアピールもしてもらえました。最終面接では役員から海外市場のマーケティングを強化していきたいという想いや、女性をもっと登用したいと言われ、これまでに培った経験や知識を活かして貢献したいと思いましたね。海外進出のマーケティングを担えることは、大きなチャンスだと思っています」。

ビズリーチより

ビズリーチのご利用には会員登録(無料)が必要です

ビズリーチに無料登録して、5600社以上の厳選企業や1600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトを受けましょう。

新規会員登録(無料)
ログインはこちら

マーケティング転職成功談一覧へ

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ