1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 国内税務アナリスト/Tax Analyst
  5.  >  National Tax

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

国内税務アナリスト/Tax Analyst, National Tax

年収:800万 ~ 1000万

採用企業案件

採用企業

オリンパス株式会社

  • 東京都

    • 資本金124,600百万円
    • 会社規模5001人以上
  • 精密・計測機器
  • 医療機器メーカー
部署・役職名 国内税務アナリスト/Tax Analyst, National Tax
職種
業種
勤務地
仕事内容 ■職務内容
(雇入れ直後 / Immediately after hiring)
当部門は、Finance機能の中で本社およびグループ会社の税務を管理しています。
今回は、国内税務チームをリードしていただく方を求めています。
国内税務チームでは、主に税務申告書の作成、税務調査の対応、ビジネスチームからの様々な税務問題の相談に応じるといった業務を担っています。

【想定されるタスク】
・税務当局とのコミュニケーション、税務調査プロセスにおける他部門のサポート・
・日常的に発生する国内/クロスボーダー取引について税務の観点から分析し、ビジネス部門をサポート
・法人税、地方税、消費税の申告書作成、納税手続きの管理。
・CFC税制、外国税額控除、海外子会社受取配当金の取り扱い等に対応するため国際税務チームと連携。
・期末および四半期決算における税金費用及び税効果の引当
・グループ通算税制にかかる作業および通算子法人8社に対する税務サポート
・外部税務アドバイザーとのコミュニケーション


(変更の範囲 / Scope of change)
会社の定める業務
Business as defined by the company

【採用背景】
欠員補充

【入社後のキャリアアップ・身につくスキル】
・上場企業における多彩な国内税務業務を経験することを通じて、単なる税務アドバイザーではなく、ビジネスモデルを積極的に提案し、企業としての意思決定をリードできるIn-houseの税務スペシャリスト として活躍できます。
・語学力の向上度合によっては、移転価格やPost BEPS対応といった国際税務業務の経験を上乗せすることを通じてグローバル企業の税務戦略をリードできる実務家を目指すことができます

【当社の魅力】
日本発の医療機器メーカーで、現在はグローバルにも広く展開しております。特に、消化器内視鏡分野において世界シェア70%を誇るなど社会への貢献度が高く、1人1人の仕事が世界の医療の発展に繋がっています。また、創業より100年以上の歴史を持ち日本企業らしい安定感がありながらも、今までの慣行にとらわれることなく変化を続けております。近年では、在宅勤務制度やフレックスタイム制度、サテライトオフィスの活用など、働き方に関する制度が充実しており、さらにジョブ型雇用を導入することで、若年層でも年齢にとらわれずスキルに応じた仕事を担うことができる環境に変化しております。
応募資格

【必須(MUST)】

■学歴:会計、税務、財務、経済学、または同等分野の大学卒以上

■必要な経験やスキル
日本における税務業務および税務調査経験(会計事務所/税理士法人であれば3年、事業会社であれば5年目安)
税理士法人/事務所もしくは事業会社での税務実務経験(法人税、源泉所得税、消費税に関する実務知識)

具体的には
- 税務申告書の作成
- 税務調査のマネジメント経験
- 外部税務コンサルタントと連携し、ビジネスチームに対して税務アドバイスを提供した経験など

【歓迎(WANT)】

・公認会計士または税理士資格(あくまで歓迎要件で、必須ではありません


【求める人物像】
・論理的思考と問題解決スキル
・複雑な税務問題をメールおよび口頭でビジネスサイドにわかりやすく説明できるコミュニケーション能力

【選考フロー】
書類選考→面接:2回
アピールポイント 自社サービス・製品あり 日系グローバル企業 女性管理職実績あり 上場企業 従業員数1000人以上 シェアトップクラス 創立30年以上 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり 教育・研修制度充実 完全土日休み フレックスタイム
受動喫煙対策

屋内禁煙

更新日 2024/06/27
求人番号 3605859

採用企業情報

オリンパス株式会社
  • オリンパス株式会社
  • 東京都

    • 資本金124,600百万円
    • 会社規模5001人以上
  • 精密・計測機器
  • 医療機器メーカー
  • 会社概要

    【設立年月】1919年10月12日
    【代表者】シュテファン・カウフマン
    【資本金】1,246億円(2024年3月現在)
    【売上高】9,362億円(2024年3月期)※連結
    【従業員数】28,838名(2024年3月末現在)※連結
    【グローバル本社所在地】八王子市石川町2951
    【その他事業所】
    支店:札幌、名古屋、大阪、広島、福岡
    営業所:新潟、松本、静岡、金沢、京都、岡山、松山、鹿児島
    日の出工場、長野事業場(辰野・伊那)、白河事業場
    技術開発センター(石川・宇津木)医療サービスオペレーションセンター(長野)医療調達部白河集中調達センター、医療サービスオペレーションセンター(白河)

    【事業内容】
    ■内視鏡事業
    オリンパスの内視鏡事業は、医療分野における革新的な技術と製造技術で医療従事者のみなさまとともに歩んでまいりました。診断そして低侵襲治療において、より良い臨床結果を生み、医療経済にベネフィットをもたらし、世界の人々の健康やQOL向上に貢献してまいります。1950年に世界で初めてガストロカメラを実用化して以来、オリンパスの内視鏡事業は成長を続けており、現在では、軟性内視鏡、硬性鏡、ビデオイメージングシステムから、システムインテグレーション、修理サービスに至るまで、様々な製品・サービスで医療に貢献しています。

    ■治療機器鏡事業
    オリンパスの治療機器事業は、医療分野における革新的な技術と製造技術で医療従事者のみなさまとともに歩んでまいりました。診断そして低侵襲治療において、より良い臨床結果を生み、医療経済にベネフィットをもたらし、世界の人々の健康やQOL向上に貢献してまいります。ポリープ切除用のスネア開発に始まり、外科用デバイスの開発や処置具のラインアップ拡充などを経て、様々な製品が疾患の予防、診断、治療に役立っています。

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)