1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  >  研究員(データサイエンス分野)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

研究員(データサイエンス分野)

年収:800万 ~ 1100万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 研究員(データサイエンス分野)
職種
業種
勤務地
仕事内容 【募集背景】 
本格的なデジタル社会の到来により、世の中は急速かつ大きな変化に直面しています。データサイエンス分野の発展や利用可能なビッグデータの拡大を受け、世の中の動きを従来以上につぶさに分析できるようになりました。さらに、EBPM(証拠に基づく政策立案)の重要性が叫ばれる中、調査分析や政策提言においても一層のエビデンスを求める潮流が広がりつつあります。求められる情報発信は量・質ともに高まっており、これらのニーズに応えるため、データサイエンスを活用した高度な分析手法を使って、経済社会等の様々な課題に対してより付加価値の高い情報発信ができる体制を構築するため、今回の募集に至ります。

【業務の魅力】
①我が国トップクラスのリサーチチームにて、データサイエンスを活用した分析及びレポート執筆の経験を積めるだけでなく、専門家としてマスコミや政府等へ自分の意見を発信できます。
②リサーチ本部の各専門家だけでなく、データサイエンティストが多く在籍する社内の専門部署とも連携できるなど、調査分析を進める上で十分なバックアップ体制を備えています。
③在宅勤務を組み合わせた業務遂行が可能です。

【業務詳細】
①データサイエンスを活用したテーマレポート等(調査季報・コラム・外部原稿を含む)の執筆
②各種レポートに関する社内外からの問い合わせ対応やセミナー・講演依頼、メディア出演
③リサーチ本部内および他本部等との共同研究
④作業効率化のプログラム作成

【採用部門概要】
リサーチ本部は、マクロ経済、金融資本市場等に関する調査分析を行い、レポートやセミナー、メディア出演などを通じて広く情報発信を行う部門です。さらに、専門家として官公庁の各種審議会等に委員参画し、政策提言活動を行っています。ニューヨーク、ロンドンの海外拠点も含め約70名の組織です。

【採用部門のミッション】
グループ及び国内外の官公庁、民間団体/企業などを主なターゲットに調査、研究を行い社会課題・予測に関するAI等高度分析手法の応用や情報発信を行うことがミッションです。
応募資格

【必須(MUST)】

最終学歴大卒以上で、下記いずれかの要件を満たす方
①Pythonを用いたデータ分析経験(numpy/pandas/matplotlib)
②計量経済学や機械学習、自然言語処理などのモデル構築経験
③統計検定2級あるいは同等以上の統計学の知識

【歓迎(WANT)】

・プロジェクトを主体的に進めることができること
・チーム内外のメンバーと円滑にコミュニケーションを取れること
・経済及び金融の基礎知識を有していること
・RやMATLABのプログラミング経験
・Pytorch/Keras/Tensorflowなどの深層学習フレームワークの実装経験
・因果推論およびベイズ統計モデリングの実装経験
・英語の論文やドキュメント等の情報源を活用する英語能力(TOEIC800点以上)
・証券アナリスト資格を有していること

リモートワーク

「可」と表示されている場合でも、「在宅に限る」「一定期間のみ」など、条件は求人によって異なります
受動喫煙対策

その他

「就業場所が屋外である」、「就業場所によって対策内容が異なる」、「対策内容は採用時までに通知する」 などの場合がその他となります。面接時に詳しい内容をご確認ください
更新日 2024/05/21
求人番号 3551199

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)