1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > スタートアップ 技術開発職(金属精錬)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

スタートアップ 技術開発職(金属精錬)

年収:800万 ~ 1000万

採用企業案件

役員面接

採用企業

株式会社MiRESSO

  • 青森県

    • 会社規模1-30人
  • その他
部署・役職名 スタートアップ 技術開発職(金属精錬)
職種
業種
勤務地
仕事内容 弊社は、国立研究開発法人である量子科学技術研究開発機構(QST)発のスタートアップで、マイクロ波とアルカリ処理を組み合わせによる低温精製技術のスケールアップを進めております。
大きく2つの事業に取り組んでいます。

①ベリリウムの製造販売事業
世界各地で開発が進められている核融合の社会実装のためには、中性子増倍材であるベリリウムが大量に必要になります。
従来はベリリウムの精製に2000度必要であり、世界生産量も年300トンと限定的でしたが、弊社の低温精製技術では
300度の低温で精製することができ、圧倒的な低コストで精製を実現することができます。
弊社は、この技術を用いて核融合炉での需要を見据えて2030年に100トン生産(世界生産量の3分の1)のスケールアップを目指しており、現在、青森県某所にて、1トン規模でのパイロットプラントの設計・整備を進行中です。
ベリリウムの製造工程において、溶解後の析出工程については並行して実証を進めております。

②技術プラットフォーム事業
低温精製技術はベリリウム以外にも適用可能であるため、高温熱処理が必要な素材(レアアースなど)の製造・リサイクルに活かしていく想定です。
各素材ごとに析出工程は異なるため、析出工程を実証していく必要があります。

【業務内容】
・ベリリウム及びベリリウム以外に関して、鉱石からの金属析出処理の技術開発
・溶解、化学精錬、化学処理、析出精錬などの化学・精錬プロセスの研究開発・技術実証
・元素・組成・表面・微細構造の分析評価
・各種材料の熱・機械・化学・物理的特性評価

【活動実績】
・弊社は国研であるQSTの認定スタートアップに採択され、QSTの施設を利用して研究開発を行っています。
・東大IPCが実施する国内最大規模を誇る複数大学共催の起業支援プログラム「1stRound」の第9回支援先に採択
・文部科学省中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR フェーズ3)核融合分野(事業テーマ:核融合原型炉等に向けた核融合技術群の実証)として20億円の助成金に採択
・2024年3月にジェネシア・ベンチャーズ(リード投資家)、JGC MIRAI Innovation Fund(日揮みらい投資事業有限責任組合/無限責任組合員:グローバル・ブレイン株式会社)、三井住友海上キャピタル株式会社の3社から合計2.5億円となる初の外部資金調達を実施
労働条件 ■勤務地
青森県

■休日
年間休日数:120日以上
応募資格

【必須(MUST)】

・青森勤務可能
・フルタイム勤務可能
・理工系(化学・物質、金属、工業領域)の専門や短大卒、大学卒以上、高専可

【歓迎(WANT)】

・金属精錬の経験、研究実績がある方

受動喫煙対策

屋内禁煙

更新日 2024/05/10
求人番号 3521718

採用企業情報

株式会社MiRESSO
  • 株式会社MiRESSO
  • 青森県

    • 会社規模1-30人
  • その他
  • 会社概要

    【設立】2023年5月16日
    【代表者】中道 勝
    【従業員数】10名(業務委託含む)
    【本社所在地】青森県三沢市大字三沢字下久保59番地383号

    【当社について】
    国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(QST)の認定を受けた核融合スタートアップです。

    世界各地で開発が進められている核融合発電の運転には、中性子増倍材であるベリリウム(Be)が大量に必要になります。
    しかし、現状の生産量では圧倒的に不足しており、価格も高価であるため、核融合発電を普及させていく上でベリリウムがボトルネックになることが予想されております。

    当社の中道勝らが発明した革新的な低温精製技術では、従来は精製に高温処理が必要だった鉱物資源を、圧倒的な低コスト、かつ省エネルギーで精製することができます。
    当社はこの技術により、ベリリウムを安定かつ低価で供給することで、核融合の社会実装を目指しています。

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)