1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > HR-Tech SaaS事業 プロダクトマネージャー(テクノロジー職)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

HR-Tech SaaS事業 プロダクトマネージャー(テクノロジー職)

年収:800万 ~ 1100万

採用企業案件

採用企業

株式会社グロービス

  • 東京都

    • 会社規模非公開
  • コンサルティング
  • ベンチャーキャピタル
  • 教育
部署・役職名 HR-Tech SaaS事業 プロダクトマネージャー(テクノロジー職)
職種
業種
勤務地
仕事内容 ◆関わるサービス
GLOPLA LMS:新規サービスであるマルチテナント型LMS (Learning Management System) および付帯プロダクトやサービスの企画、スクラム開発と運用(BizdevとDevOps)

・学習管理システムの開発および運用
・管理画面の設計、実装、および運用
・機能開発の優先順位の検討とスケジュール管理
・導入顧客環境の他システムへの接続運用

◆業務内容
GLOBIS Digital Platform部門にて開発するプロダクトのプロダクトマネジメントを担当していただきます。 グロービスにおけるプロダクトマネージャーの役割は、「ユーザー価値を届けるためにいつ何を作るか」に責任を持ち、あらゆるステークホルダーと協働し、開発チームの力を最大限引き出しながら、プロダクトのアウトカムを最大化することです。

具体的には以下を想定しています。

・プロダクトのビジョンやロードマップの策定
・プロダクトのメトリクス設計、データ分析、改善案の提案
・一次情報の収集と分析(ユーザーインタビュー、市場調査など)
・事業計画の策定や利用規約等の法務調整
・開発案件の整理と優先順位づけ
・スクラム開発におけるプロダクトオーナーの役割
・社内外の多様なステークホルダーとの協働
・プロジェクトの計画と推進

担当いただくプロダクトや領域は、事業状況や候補者の意向と強みに合わせて決めていきます。

【開発環境】
言語/フレームワーク:Ruby, Rails, React, TypeScript, GraphQL
テスト: RSpec
インフラ:AWS, GCP, Docker
CI:CircleCI
コミュニケーション:Slack、Zoom、Gather town
ドキュメント:Notion、G suite

◆配属先部門紹介
GLOBIS Digital Platform(GDP)は、2016年に出来た組織ですが、200名以上のメンバーで、そのうち半数以上がエンジニアやデザイナー、データサイエンティスト等のテクノロジー人材です。

・GLOBIS 学び放題(受講者向けプロダクト、法人向けプロダクト)約70名
・GLOBIS Unlimited(受講者向けプロダクト、法人向けプロダクト)約15名
・GLOPLA LMS(大企業向けSaaSプロダクト)約20名
・ナノ単科 / nano-MBAプログラム(AIと動画を使った学習プログラム)約25名
・GLMS(グロービスの研修を支える学習管理システム)約10名
労働条件 【給与】 年収:700~1100万円 月給:583,333円~916,666円
基本給:424,242円~666,666円/月 固定残業手当(45時間分):152,021円~238,889円/月
固定深夜割増手当(10時間分): 7,070円~11,111円/月 超過分は追加で支給

リモートワーク:
良きコミュニティ・企業文化・関係性の実現に向け、テクノロジー職は東京拠点への月1回の出社を原則とし、週2日以上の所属拠点への出社を推奨とします。
※上記は社会情勢を見ながら、変更の可能性があります。

試用期間:
3ヶ月




応募資格

【必須(MUST)】

◆能力面
・論理的思考力(情報整理、要約力、仮説構築能力など)
・コミュニケーション能力(知識がない人にもわかりやすく伝えることができる、非エンジニアの他、顧客や取引先との信頼関係を築ける)
・関係者を主体的に力強く巻き込み形にしていく強い推進力
・システムアーキテクチャの基本的な知識(RDB、APIなど)

◆実務経験
・プロダクトマネジメント、要求定義及びそれに準ずる経験
・プロダクトやサービスの企画設計
・オペレーション設計
・非エンジニア、ステークホルダーとの調整
・プロジェクトマネジメント
・スクラムによるアジャイル開発

◆マインドセット
・物事に能動的に取り組む
・リスク許容度が高い
・不確実耐性がある
・フィードバックを受け入れ学習意欲が高い
・人材育成に対する強い興味関心がある

◆その他
・社会人就業経験3年以上
・言語要件:日本語能力がネイティブレベルの方、または、日本語能力試験(JLPT)1級相当以上
・グロービスの事業およびグロービス・ウェイの理念に共鳴できる方

【歓迎(WANT)】

・サービスのKPIを圧倒的に伸ばした経験
・プロダクトライフサイクルの導入期から成長期にかけてのプロダクトマネジメント経験
・スクラム開発におけるプロダクトオーナー、またはそれに類する役割の知識と経験
・UXデザイン、情報設計などを行い、ユーザー視点に立ったプロダクトの設計・開発をした経験
・データ分析(SQL, BigQueryなど)の知識と経験
・法人向けシステム導入のプロジェクトマネジメント経験
・チームマネジメントやメンバー育成の経験
・企業内人事や人材育成業界での業務経験のある方
・企業内で新規サービスや新規事業開発の立ち上げをした経験

選考フロー:
基本的な選考フローは下記となりますが、ご状況によっては、同日に実施するなどご相談を承ります。
書類選考→1次面接(人事担当)→2次面接(部門マネジャー・チームリーダー)→最終面接(部門役員)
※選考内容によっては、部門役員面接後に人事役員面接を実施する場合があります。
※履歴書・職務経歴書は日本語で作成されたものをご提出ください。
※原則、三次面接もしくは最終面接前日までにエッセイ(志望動機書)をご提出いただきます。
※エッセイのテーマは「グロービスで何をしたいのか」(A4 1枚程度)でご記載ください。
※日本語ネイティブ以外の方:日本語能力試験(JLPT)もしくはグロービスが指定した日本語能力試験の合格認定書を所有されていない場合、選考途中で、グロービスにて手配いたしますJLPTオンラインハーフ模試を受験頂きます。

アピールポイント 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 教育・研修制度充実 資格支援制度充実 女性管理職実績あり シェアトップクラス 2年連続売り上げ10%以上UP 産休・育休取得実績あり 創立30年以上 年間休日120日以上 地域活性化事業 新規事業 海外事業 完全土日休み フレックスタイム 月平均残業時間20時間以内
リモートワーク

「可」と表示されている場合でも、「在宅に限る」「一定期間のみ」など、条件は求人によって異なります
受動喫煙対策

屋内禁煙

更新日 2024/05/30
求人番号 3454379

採用企業情報

株式会社グロービス
  • 株式会社グロービス
  • 東京都

    • 会社規模非公開
  • コンサルティング
  • ベンチャーキャピタル
  • 教育
  • 会社概要

    【設立】1992年8月1日
    【代表者】代表取締役 堀 義人
    【従業員数】806名 (2023年3月31日時点)
    【本社所在地】東京都千代田区二番町5-1
    【その他事業所】大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・上海(中国)・シンガポール・タイ・アメリカ、ベルギー

    【事業内容】
    ■グロービス経営大学院
    ■エグゼクティブ・スクール
    ■マネジメント・スクール
    ■企業内組織開発・人材育成
    ■動画配信サービス
    ■EdTech事業開発
    ■出版
    ■オンライン情報配信サイト運営
    ■アクセラレーションプログラム

    【当社について】
    『日本再生に携わりたい』『世界を牽引する企業群の組織課題に真っ向から対峙したい』
    『次世代によりよい社会を残したい』
    そのような想いを抱いたプロフェッショナル人材達が集まってくるグロービス。
    当初は渋谷の貸し教室から始まった小さなビジネススクールですが、今や人材育成にとどまらず、
    出版、起業家育成、日本を代表するリーダー達の集うG1サミットを主催するなど、
    「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創りだし、社会の創造と変革に挑み続けています。
    2016年にはデジタル部門「グロービス・デジタル・プラットフォーム(GDP)」を新設し、
    Ed-Techをはじめとしたプロダクト開発に注力。
    テクノベート時代のグローバルNo. 1MBAを目指し、テクノロジー×グローバル領域に事業を展開しています。

    【代表プロフィール】
    グロービス経営大学院 学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー。
    京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、
    1992年株式会社グロービス設立。
    1996年グロービス・キャピタル、
    1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。
    2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。現在、経済同友会幹事、
    日本プライベート・エクイティ協会理事等を務める。
    2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設。
    2011年3月大震災後に、復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、理事長を務める。

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)