1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > クラウドエンジニア_中央省庁・自治体向けデジタル開発推進

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

クラウドエンジニア_中央省庁・自治体向けデジタル開発推進

年収:800万 ~ 1000万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 クラウドエンジニア_中央省庁・自治体向けデジタル開発推進
職種
業種
勤務地
仕事内容 【職務内容】
クラウドエンジニアとして、パブリッククラウドを中心に先端技術を用いた企画や導入技術検討など、「技術」を基に社会基盤ソリューション事業本部のデジタル対応力強化をリードしていきます。
具体的には、下記のような「デジタルPoCの推進」「デジタル技術コンシェルジュ」などを実施することで、本部全体のデジタル対応能力強化を進めています。
直接のプロジェクト組織とは独立し、本部全体へ最新技術の検討や導入支援を行っていくことがミッションとなります。入社後はご経験に応じて配属検討し、OJTで徐々に業務にキャッチアップいただきます。

【デジタルPoCの推進】
クラウド・AI・マイクロサービスなど、デジタル技術を活用した開発を実践します。最新技術を活用することで本部のデジタル系プロジェクトの対応力強化を目指します。フロントエンドからバックエンドまで様々な技術やアーキテクチャを試行することで本人のスキル向上にもつなげていきます。

【デジタル技術コンシェルジュ】
① 社会基盤ソリューション事業本部の技術戦略の検討と推進
・社内技術組織との連携、グローバルを含む最新技術の調査などを通じた技術戦略の検討
・社内外の最新ソリューションの本部内展開と普及の促進
・各組織からのデジタル開発相談への対応
② 技術をベースとした本部内デジタル人財育成の推進
・デジタル系の技術資格取得の推進
・技術者コミュニティの推進(本部内の技術者連携コミュニティ)

【職務の魅力】
最新技術を学び実プロジェクトへ展開する取り組みを主導できるポジションです。社内の技術専門チームや他アーキテクトと協業することにより技術力・知見を高めることができます。
公共の開発案件は加速度的に変わりつつあり、このポジションではその変化の中心でご活躍いただけます。自分の力を伸ばしつつ、社会のデジタル化に対する貢献を実感できるポジションです。
労働条件 勤務時間:9:30~18:00

※職種によりフレックスタイム制、裁量労働制の導入があります。 ※詳細は面接にてご確認ください。
待遇・福利厚生:昇給年1回、賞与年2回、交通費全額支給、各種社会保険完備、諸手当(住宅、扶養、他)、財形貯蓄制度、社員持株会制度、共済/各種貸付制度、その他福利厚生施設
休日休暇:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始・夏季休暇、年次有給休暇20日(採用月により異なる)、特別休暇(慶弔ほか)、育児休暇・介護休暇制度など
応募資格

【必須(MUST)】

・クラウドエンジニアとして上流工程を2年程度経験している方
※経験年数は目安で、設計~構築に関わる一連のご経験をお持ちであれば可能です。

リモートワーク

「可」と表示されている場合でも、「在宅に限る」「一定期間のみ」など、条件は求人によって異なります
受動喫煙対策

喫煙室設置

更新日 2024/05/23
求人番号 3434232

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)