1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 【研究開発】2028年ローンチを目指す宇宙輸送機の推進系開発エンジニア

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)

【研究開発】2028年ローンチを目指す宇宙輸送機の推進系開発エンジニア

年収:800万 ~ 1100万

採用企業案件

採用企業

将来宇宙輸送システム株式会社

  • 東京都

    • 資本金860百万円
    • 会社規模1-30人
  • その他
部署・役職名 【研究開発】2028年ローンチを目指す宇宙輸送機の推進系開発エンジニア
職種
業種
勤務地
仕事内容 ■募集背景
2030年代に有人宇宙輸送機の開発・運用を目指しておりこの目標に向けた先端研究開発・飛行実証になります。2028年のローンチをターゲットに開発している垂直離着陸型宇宙往還機(VTVL)の開発の加速に向け、推進系を設計していただく新たなメンバーを募集します。
※VTVL:Vertical Takeoff, Vertical Landing

■業務内容
VTVLの推進系やロケットエンジンの設計開発を行っていただきます。
2028年のローンチに向けて、各システムの開発チームと連携しながら推進系の基本設計、詳細設計、維持設計を行います。
ロケットエンジンのサイクル検討や、インジェクタや燃焼器などのコンポーネントおよび燃料配管系統の設計を行っていただきます。

【具体的な業務内容】
・2040年SSTOの推進系の概念設計、構成コンポーネントの設計要件定義
・推進系の概念設計、および構成コンポーネントの設計要件定義
・推進系の開発・検証計画立案、および設計評価
・共同研究大学との調整
労働条件 【雇用形態】
正社員(無期雇用)、有期契約社員、委託など幅広く対応

【勤務地】
日本橋オフィス または リモート

【勤労条件】
フレックスタイム制度
休日:完全週休2日制(土・日)、国民の休日、その他休日(夏季、年末年始)
休暇:年次有給休暇その他法廷事項

【待遇】
経歴等に応じて個別に決定
応募資格

【必須(MUST)】

・伝熱学、熱力学、流体力学、材料力学の工学部の学部卒相当の基礎知識
・液体ロケットの推進系に関する業務経験
・宇宙分野に関する業務経験

【歓迎(WANT)】

・気液二層/相変化を伴う極低温熱・流体解析の業務経験
・プログラミングスキル(Python,MATLAB)
・英語論文の読み書きが可能程度の英語力

■求める人物像
・自らに課題を発見し、課題解決に積極的に取り組むことができる方
・新しい知識をすぐに取り込める積極的な姿勢のある方
・協調性を有し社内外のチームで成果を上げることができる方
アピールポイント 創立5年以内 日系グローバル企業 ベンチャー企業 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり
受動喫煙対策

その他

「就業場所が屋外である」、「就業場所によって対策内容が異なる」、「対策内容は採用時までに通知する」 などの場合がその他となります。面接時に詳しい内容をご確認ください
更新日 2024/06/11
求人番号 3149518

採用企業情報

将来宇宙輸送システム株式会社
  • 将来宇宙輸送システム株式会社
  • 東京都

    • 資本金860百万円
    • 会社規模1-30人
  • その他
  • 会社概要

    【設立年月日】2022年5月2日
    【代表者】畑田 康二郎
    【資本金】8億6,000万円(資本準備金を含む)
    【本社所在地】東京都中央区日本橋1丁目4-1
    【その他事業所】東京

    【事業内容】革新的な宇宙輸送システムの事業化に向けた企画検討
    【当社について】
    本法人は、高頻度かつ大量の宇宙往還を可能とする旅客輸送システムの実現を目指す組織として設立されました。
    一般社団法人宇宙旅客輸送推進協議会(SLA)における検討を踏まえ、将来あるべきマーケットからバックキャストで考え、全ての課題を自社だけで解決するのではなく「オールジャパン」で取り組むことを目指します。

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料)が必要です

新規会員登録(無料)