1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 開発エンジニア(衛星搭載用光通信機器)【社会基盤/NST宇宙システム】

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

開発エンジニア(衛星搭載用光通信機器)【社会基盤/NST宇宙システム】

年収:900万 ~ 1100万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 開発エンジニア(衛星搭載用光通信機器)【社会基盤/NST宇宙システム】
職種
業種
勤務地
仕事内容 【事業・組織構成の概要】
当社は、人工衛星およびロケット搭載用機器の開発実績を有しており、国内外の宇宙ソリューションに貢献してきました。長年の衛星機器開発で培った技術を活かし今後も事業拡大を図る計画です。
【職務内容】
衛星搭載用の光通信機器に関して、
 ・客先要求に対するソリューション提案を行い、仕様調整を確定する。
 ・社内の関係部門、関係会社と連携して、開発・設計、製造・試験支援を行う。
上記に伴う、顧客への説明をおこなう。

上記の業務において、関係部門と連携し、QCDの管理をする。 将来的にはプロジェクトマネジメントも担当する。”
【ポジションのアピールポイント・想定キャリアパス】
・ご自身の得意分野を活かしながら、さまざまなプロジェクトを経験することにより技術領域を広げて活躍することが可能です。
・社内の研究部門との交流により、最先端技術の知見を得て技術力を向上することが可能な環境です。
・機器開発の経験を通じて、将来的には機器開発のマネジメント業務に従事することを期待しています。
【ポジション募集の背景】
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は光衛星間通信システム向けに、レーザ光を用いて宇宙空間で大容量データ伝送を実現する衛星用の光通信装置を開発を進めています。当社は、本プロジェクトにおいて静止衛星用と地球観測衛星用の2種類の光通信装置を開発しました。
 地球の低軌道を周回する観測衛星のデータ量の増加に伴い、観測衛星から静止軌道の光データ中継衛星を介して地上局に送る仕組みにおいて、高速伝送が可能な光通信システムの需要が高まっています。また、量子暗号通信、および低軌道衛星コンステレーションなどにおいても光通信の需要が高まっています。
 これらの市場拡大における次世代の光通信機器の開発に向けて、専門知識を有する次世代エンジニアを迎えてチーム力を強化していく必要があります。
労働条件 社員区分  正社員
職位    主任 ~ エキスパート(課長相当)を想定
その他処遇 当社規定による
応募資格

【必須(MUST)】

エキスパートの場合
 ・光通信デバイス、光通信機器の開発経験(7年以上)
 ・顧客/社内関連部門/ベンダー等の利害関係者との調整・交渉経験(7年以上)
主任の場合
 ・光通信デバイス、光通信機器の開発経験(3年以上)
 ・社内関連部門/ベンダー等の利害関係者との調整・交渉経験(3年以上)

【歓迎(WANT)】

・開発チームのマネージメント経験のある方
・チーム内でのリーダーシップとチームワーク力

【求める人物像(ソフトスキル)】
・新しいことにチャレンジする気概と行動力のある方
・社内外の関係者と良好な関係を構築できる、コミュニケーション力のある方
・ロジカルシンキングによる問題解決力のある方
更新日 2021/09/28
求人番号 1894605

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ