1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > Advanced Scientist-Electronics Auto TIM

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

Advanced Scientist-Electronics Auto TIM

年収:800万 ~ 1000万

採用企業案件

特集求人

本求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも閲覧、応募が可能です。
Momentive Performance Materials Japan LLC

Momentive Performance Materials Japan LLC

  • 東京都

    • 会社規模101-500人
  • 化学・石油
  • 半導体
部署・役職名 Advanced Scientist-Electronics Auto TIM
職種
業種
勤務地
仕事内容 【会社概要】
米国ニューヨーク州に本社を置き、お客様のニーズに応えるカスタマイズ・ソリューションで自動車やエレクトロニクス、パーソナルケア、コンシューマーグッズ、航空宇宙、建設など、さまざまな産業にイノベーションをもたらすシリコーン製品のグローバルリーディングカンパニーです。


【仕事内容】
一般消費者、半導体、自動車、および産業用電子機器用途向けの放熱材料(TIM)などの高性能材料について、市場からの多様化するニーズに対応する新しいシリコーン系組成物の開発業務を行なっていただきます。

<新製品/組成開発>
・製品やその中間体を開発するとともに、市場動向と顧客からの特性および品質要求(CTQ)に基づいて既存の製品ラインナップを最適化
・上司と合意する詳細な実験プログラムを立案し、実行
・グローバル電子材料チームの一員として、技術、マーケティング、営業部隊と協働し、現在および将来のビジネスに対して革新的で価格競争力のある解決策を提案
・マーケティング、営業部隊と協力して、顧客の声(VOC)を収集し、製品開発に適用
・顧客向けサンプルを準備・提供し、顧客のフィードバックを得て、顧客CTQに合うよう製品を高度化
・国内外の顧客の問い合わせに対するテクニカルサポート対応
・入手可能な原材料と配合サンプルを分析・評価し、また、入手可能な実験データを収集して適切に評価・解釈することで技術および製品開発を深化
・プロジェクト進捗状況を口頭および文書により上司に遅滞なく報告
・ナリッジデータベースを構築し、実験データを保護するために、遅滞なく、正確に記載され、確認者のサインが入った実験ノートを作成・管理、また、テクニカルレポートを作成
・関連技術分野や競争企業の知的財産を理解するために科学論文や特許を研究
・新規特許の出願や、展示会、シンポジウム、会議等において研究結果を発表するための機会を探求
・エレクトロニクスビジネスの技術的進歩とマーケットニーズを評価・分析し、ビジネスの成長機会に繋げるためのアクションを提案

<安全活動/継続的改善>
・社内の環境・労働安全衛生活動への積極的な参加と社内手順の順守
・職場環境の懸念・ヒヤリハットを認知・報告・提案・対策を実施、安全な職場づくりの為の継続的な改善に貢献
労働条件 【勤務地】
群馬県
応募資格

【必須(MUST)】

・博士号取得後、化学製造環境にて6年以上の研究開発および、理学士号/修士号取得後の同様の10年以上の経験
・電子材料および配合製品開発の知識と経験、ポリマー科学の背景、有機/無機化学、熱伝導性フィラーとその化学、ポリマーとフィラーの相互作用、および/またはシリコーン化学に関する知識

・博士号取得後、化学企業にて6年以上の研究開発の経験、あるいは学士号/修士号取得後、同様の10年以上の経験
・高いレベルの創造性、技術的好奇心、チーム志向、コラボレーションへの意欲を持った自発性をもっていること

<学位>
・化学、化学工学、または関連する科学分野の修士号または博士号

<言語能力>
・日本語による口頭および書面での優れたコミュニケーション能力
・英語による優れたコミュニケーション能力があれば尚可

【歓迎(WANT)】

・電子材料および配合製品開発の知識と経験、ポリマー科学の背景、有機/無機化学、熱伝導性フィラーとその化学、ポリマーとフィラーの相互作用、および/またはシリコーン化学に関する知識
・グローバルな環境における顧客対応の経験
・Six Sigma/DFSS、DOE、プロジェクトマネージメントや類似手法の理解と経験
・粘度やレオロジーの測定、その他の実際の分析経験
・MSofficeやMinitabなどのコンピュータプログラムまたは関連する統計ソフトウェアの使用に関する基本的な理解と経験

アピールポイント 自社サービス・製品あり 外資系企業 女性管理職実績あり シェアトップクラス 創立30年以上 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり 教育・研修制度充実 資格支援制度充実 Uターン・Iターン歓迎 マネジメント業務なし 管理職・マネージャー 完全土日休み フレックスタイム 月平均残業時間20時間以内
更新日 2021/10/20
求人番号 1860644

採用企業情報

Momentive Performance Materials Japan LLC
  • Momentive Performance Materials Japan LLC
  • 東京都

    • 会社規模101-500人
  • 化学・石油
  • 半導体
  • 会社概要

    【設立年月日】2006年11月10日
    【従業員数】 約500名 (2021年8月現在)
    【本社所在地】東京都港区赤坂
    【その他事業所】
    ・国内営業拠点(本社、大阪支店、名古屋支店)
    ・太田事業所(群馬県太田市、シリコーン技術・生産部門)
    ・ジャパン・イノベーション・センター(神奈川県川崎市)

    【事業内容】シリコーン製品の研究開発、製造、販売、国際貿易、関連サービス
    【当社について】
    米国ニューヨーク州に本社を置くモメンティブは、お客様のニーズに応えるカスタマイズ・ソリューションで自動車やエレクトロニクス、パーソナルケア、コンシューマーグッズ、航空宇宙、建設など、さまざまな産業にイノベーションをもたらすシリコーン製品のグローバルリーディングカンパニーです。

    モメンティブの主要事業領域
    - シリコーン

    沿革
    1940年 ゼネラル・エレクトリック社(GE)のE.G. ロコー博士がメチルクロロシランの直説合成法を発見
    1941年 東京芝浦電気㈱(現:㈱東芝)がシリコーンの研究に着手
    1951年 メチルクロロシラン合成プラントを東京芝浦電気㈱鶴見工場内に建設
    1953年 GE社より特許実施権を取得、「東芝シリコーン」の商標で販売を開始
    1971年 東芝とGE社の合弁会社として東芝シリコーン株式会社を設立(出資比率:東芝 51%:GE 49%)
    1973年 太田工場稼動開始
    1994年 親会社間の持株比率変更(GE 51%:東芝 49%)
    1999年 社名をジーイー東芝シリコーン株式会社へ変更
    2006年 GEから米アポロ・マネジメントL. P.社への事業譲渡が完了し、グローバル・ブランド、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズとしてスタート
    2007年 日本での社名をモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社へ変更
    2019年 KCC他(韓国)によるモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの買収が完了
    2021年 KCCのシリコーンビジネスをモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズに統合

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ