1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 公益社団法人 日本フェンシング協会

公益社団法人 日本フェンシング協会

改革の瞬間を歴史に刻む。スポーツ×ビジネスの先駆例をつくる仕事

日本のフェンシングを、世界最先端のスポーツビジネスに。2008年の北京五輪で日本人初の銀メダルを獲得した太田雄貴氏が31歳にして会長に就任し、推し進める改革。その先には、日本のみならず世界のスポーツビジネスを変える可能性が光ります。

募集期間:2018年10月4日(木)〜 2018年10月31日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

フェンシングを通じた感動体験を提供し、新たな理想像をつくる

フェンシングは、中世ヨーロッパの「騎士道」が華やかな頃から磨かれ、発達してきた剣技です。1896年にアテネで開催された第1回近代五輪以来、今日に至るまで正式種目となっています。現在も若い選手たちが世界を舞台とした大会で活躍し、2020年の東京五輪に向けて研さんを積んでいます。

現在、スポーツ業界にはさまざまな問題が散見されます。各スポーツ協会内における人材の流動性が低いことが理由の一端と見られていますが、その根本は各協会のビジネス面が弱く、十分な資金がないことに起因します。だからこそ、日本フェンシング協会は外部からビジネスパートナーの参画を歓迎し、共に「現状のフェンシングの規模だからこそできる成功例」をつくりたいと考えています。それが他の競技団体にとって目指すべきロールモデルとなることが、会長である私が掲げる最大のミッションです。

従来のスポーツにおける勝利とは、すなわち「五輪の金メダル」であり、各協会の最上位概念でした。しかし、私たちはその概念から変えていきます。「突け、心を。」のキャッチコピーに乗せた私たちの新たなビジョンは「フェンシングの先を、感動の先を生む。」です。フェンシングを取り巻くすべての人々に感動体験を提供し、フェンシングと関わることに誇りを持つ選手を輩出し続けること。それこそが、私たちの最上位概念にあたります。

会長就任後、現役選手も交え、フェンシングにおける「5つの基本精神」を定めました。中でも「Integrity=騎士道に基づく高潔な精神性を有し自分を高める」こと、そして「Fairness=公平・公正に戦い他者を尊重する」ことは、まさに今のスポーツ業界全体を貫く課題です。そして、他の3つにChallenge、Creativity、Teamworkを掲げたのは、まさにこれから変わろうとする日本フェンシング協会の新しい姿を描くためにも必要だったからです。

旧来のスポーツ協会は、輝かしい実績を挙げた元選手が要職に就いてきました。しかし、私たちは新たな時代に向かうべく、今後はポジションに応じて求められる能力が異なるという原理原則を理解したうえで、適切な人材を配置するべきだと考えます。

協会内にビジネスプロフェッショナルの皆様を招き入れ、「Fairness」の精神でフラットに意見を交換したいのです。日本フェンシング協会の「あるべき姿」を、日本におけるフェンシングビジネスの成功を、共に描いていける人材を求めています。

会長/太田 雄貴

今回の募集について

今回は、各領域でビジネスプロフェッショナルとして活動する方を対象にした「副業・兼業」限定の人材募集となります。月に4日相当(応相談)、日本フェンシング協会の本部、または太田雄貴会長が設立した企業において作戦会議などを行う「会長・専務理事直下」の部門における採用です。

主要メンバーには、ヤフー株式会社の常務執行役員でコマースカンパニー長の小澤隆生氏、メディアアーティストの落合陽一氏、ヘッジファンド出身の方など、多彩な顔ぶれがそろっています。あらゆる分野のプロフェッショナルと共に、「新たなスポーツ事務局の在り方とは何か」を定義し、日本フェンシング協会から文部科学省スポーツ庁に提言できるような存在になれたらと思います。

求める人物像

最も大切にすべきは、フェンシングの基本でもある「騎士道」の精神を有すること。揺れ動くスポーツ業界において、それを体現することも私たちの大切なミッションです。

日本フェンシング協会をたとえるのであれば、「大企業の中に育ったベンチャーマインドを持つ集団」といえます。私たちはベンチャーのようにすべてを破壊して変えることはできません。現在の日本のフェンシングを支えてくださっているのは、長年にわたって選手活動や指導にあたられた先輩方です。彼らへの敬意と感謝も胸に留め、スポーツ協会特有の正会員構成や慣習とも折り合いをつけながら、すべての人を巻き込んで変えていける調整能力も求められます。

得られるキャリア価値

まだ見ぬスポーツビジネスの新たな姿をファーストステップからつくり上げる、やりがいある仕事に携われます。日本のフェンシングを強化し、発展させるだけでなく、同時に「収益事業」を増やしていくことが最大のミッションです。

若き会長直下の部門、つまり意思決定者に近いところで、あなたの知見や意見が反映されます。また、選手も協会と近い距離感にあることで課題を共有しやすく、国際フェンシング連盟との関わりから世界との窓口も開けます。2年後に控える東京五輪のみならず、今後10年の日本のフェンシングをつくり上げていく経験は、このタイミングでしか得られないキャリアの特記事項となることでしょう。

日本を世界の最先端に!スポーツビジネスの成功例を生み出す

日本におけるフェンシングの競技人口は、現在約6,000人です。この登録者数を5万人にまで増やすことも日本フェンシング協会の目標のひとつです。その施策として、正式種目のフルーレ、エペ、サーブルだけでない「第4種目」を設ける提案を日本から発信するなど、ビジネス戦略のみならず、フェンシングそのものをリデザインするといった大胆な取り組みも構想中です。

日本フェンシング協会は「日本を超え、アジアを超え、世界に貢献する。」というバリューを掲げていますが、選手数が急成長しているのは中国です。ある上海のクラブは、会員だけで3万人の登録者数を誇るまでになりました。日本にはフェンシングの歴史と実績がありますが、ゆくゆくは世界で活躍する指導者も輩出したいと考えています。そのためにも、アジアでのフェンシングの発展に日本がいかに関われるかは大切なポイントになります。国内トップレベルの選手たちと触れ合い、その活躍を最大化することに携われるのも、今回の仕事における大きな魅力といえるでしょう。

何よりも、フェンシングはもともとがヨーロッパ発祥のスポーツ。それだけに、よりグローバルに広がっていくべきだという思いもあります。競技人口でいうと、発祥の国であるフランスでも6万人ほど。なおかつ、フランスでも3,000人ほどで満員になる会場で試合が行われることが一般的です。もし、日本でフェンシングの試合に1万人を超えるような観客動員を成し遂げられれば、まさに世界でも類を見ない最先端の事例となります。フェンシングの剣の軌跡をビジュアライズして見せるなど、エンターテインメント化にも注力をしていきます。

また、「副業・兼業」限定であることは、現在の職位を保ちながらも、公益社団法人のキーパーソンとして働くことを可能にし、ビジネスパーソンにとっても貴重なキャリアステップといえます。収益事業だけでなく、公共性のある取り組みに関われること、従来のビジネス環境では成しえない意思決定に関われることは、人生においてもかけがえのない瞬間のひとつであると信じています。

フェンシング経験者だけでなく、スポーツに興味がある方、あるいはスポーツビジネスを成功に導く自信がある方との出会いを期待します。2020年を基点としたレガシーになる協会を一緒につくり、自らの名前を歴史に残す気概のある方からの応募を待っています。

募集職種

  • 【副業兼業】経営戦略アナリスト
    • 事業企画・事業統括 経営企画・経営戦略 戦略コンサルタント
    • 東京都

    当協会は日本におけるフェンシング競技を統括する唯一の団体として、フェンシング競技を通して国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とした公益法人です。 2017年8月に新会長に就任した太田雄貴会長のもと、「約6,000人のフェンシング協会登録者を50,000人に増やす」を目標に掲げ、フェンシングの新たな歴史を創っていくためにも、スポーツの枠に収まらず斬新な仕掛けができる人材を「副業兼業」という新しい働き方にて募集することになりました。 太田会長のもと、新たな仕掛けをスピード感を持って企画・実行し、競技者および観戦者へ感動体験を提供し続けることで、フェンシングだけでなくスポーツ業界の歴史を変えていくためのロールモデルを一緒に創り上げていきたく考えております。 【仕事内容】 ・事業方針や収益構造改革の方針立案 ・ロードマップ策定 【その他】 ・週1回以上の勤務を想定しています(時間は問いません)。 ・報償費15,000円/日および交通費等をお支払します。

  • 【副業兼業】PRプロデューサー
    • 広報・PR・広告宣伝 Web広告運用・SEO メディアプランナー
    • 東京都

    当協会は日本におけるフェンシング競技を統括する唯一の団体として、フェンシング競技を通して国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とした公益法人です。 2017年8月に新会長に就任した太田雄貴会長のもと、「約6,000人のフェンシング協会登録者を50,000人に増やす」を目標に掲げ、フェンシングの新たな歴史を創っていくためにも、スポーツの枠に収まらず斬新な仕掛けができる人材を「副業兼業」という新しい働き方にて募集することになりました。 太田会長のもと、新たな仕掛けをスピード感を持って企画・実行し、競技者および観戦者へ感動体験を提供し続けることで、フェンシングだけでなくスポーツ業界の歴史を変えていくためのロールモデルを一緒に創り上げていきたく考えております。 【業務内容】 ・マーケティングコミュニケーションの戦略・企画立案および実行 ・SNS、WEBなどの日々の発信活動の管理、監督 【その他】 ・週1回以上の勤務を想定しています(時間は問いません)。 ・報償費15,000円/日および交通費等をお支払します。

  • 【副業兼業】マーケティング戦略プロデューサー
    • リサーチ・データ分析 Web広告運用・SEO CRM
    • 東京都

    当協会は日本におけるフェンシング競技を統括する唯一の団体として、フェンシング競技を通して国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とした公益法人です。 2017年8月に新会長に就任した太田雄貴会長のもと、「約6,000人のフェンシング協会登録者を50,000人に増やす」を目標に掲げ、フェンシングの新たな歴史を創っていくためにも、スポーツの枠に収まらず斬新な仕掛けができる人材を「副業兼業」という新しい働き方にて募集することになりました。 太田会長のもと、新たな仕掛けをスピード感を持って企画・実行し、競技者および観戦者へ感動体験を提供し続けることで、フェンシングだけでなくスポーツ業界の歴史を変えていくためのロールモデルを一緒に創り上げていきたく考えております。 【仕事内容】 ・協会登録者拡大のためのターゲティングおよびそれに関するリサーチ、分析 ・協会登録者拡大のための戦略、プロモーション立案 【その他】 ・週1回以上の勤務を想定しています(時間は問いません)。 ・報償費15,000円/日および交通費等をお支払します。

  • 【副業兼業】強化本部ストラテジスト
    • 事業企画・事業統括 プロデューサー・ディレクター 戦略コンサルタント
    • 東京都

    当協会は日本におけるフェンシング競技を統括する唯一の団体として、フェンシング競技を通して国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とした公益法人です。 2017年8月に新会長に就任した太田雄貴会長のもと、「約6,000人のフェンシング協会登録者を50,000人に増やす」を目標に掲げ、フェンシングの新たな歴史を創っていくためにも、スポーツの枠に収まらず斬新な仕掛けができる人材を「副業兼業」という新しい働き方にて募集することになりました。 太田会長のもと、新たな仕掛けをスピード感を持って企画・実行し、競技者および観戦者へ感動体験を提供し続けることで、フェンシングだけでなくスポーツ業界の歴史を変えていくためのロールモデルを一緒に創り上げていきたく考えております。 【仕事内容】 ・強化本部における強化戦略および財務戦略の立案とそのコンサルティング ・強化戦略のプランニングまとめ作成 → 具体的には月に1回程度の理事会向け説明資料のアウトプット作成が業務と考えています 【その他】 ・月に2~3日程度の勤務を予定しています(リモートワークも可) ・職員としての雇用ではなく、月ごとの勤務ごとに報償費(30,000円/月)および交通費等をお支払します。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ

「経験業種」「経験職種」の更新をお願いいたします

×

2017年11月15日(水)16時に「業種」「職種」の項目をリニューアルいたしました。
お手数ではございますが、職務経歴書の編集ページより、ご登録の「経験業種」「経験職種」の更新をお願いいたします。

「業種」「職種」は企業・ヘッドハンターと会員の方とをマッチングするうえで重要な項目となりますので、このメッセージは更新が完了するまで表示させていただきます。

職務経歴を更新する