1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社フィリップス・ジャパン
  • 株式会社フィリップス・ジャパン

  • 代表取締役社長 堤 浩幸
  • 東京都港区港南2-13-37 フィリップスビル


    • 資本金 3,000百万円
    • 会社規模 501-5000人
  • 専門商社
  • アピールポイント: 外資系企業

会社概要

【代表者】代表取締役社長 堤 浩幸
【資本金】30億円
【従業員数】約1,000名(2017年1月1日現在)
【本社所在地】東京都港区港南2-13-37 フィリップスビル
【その他事業所】
札幌、旭川、青森、仙台、盛岡、新潟、宇都宮、つくば、さいたま(川越事業所)、前橋、千葉、品川本社、多摩、松本、横浜、静岡、名古屋、京都、金沢、大阪、神戸、広島、岡山、山口、松山、高松、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島

【事業内容】
フィリップスは、ヘルスケア、パーソナルヘルス、コネクテッドケアおよびヘルスインフォマティクス分野のリーダーとして、125年にわたって人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、健やかで満ち足りた暮らし(Health and Well-being)を提供するヘルステック企業です。

日本においては、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始して以降、循環器疾患や急性期疾患の診断治療、省エネ照明のソリューションや家電製品においてリーダーシップを発揮し、日本において60年以上活動しています。
フィリップス・ジャパンはNo.1ヘルステックカンパニーへのさらなる飛躍をめざして、ソリューションビジネス強化のために、4月に法人統合を行います。ヘルスコンティニウムのすべてにおいてより高いバリューを提供するため、法人の壁を取り払い「One Philips」の体制を推し進めていきます。

健康経営宣言にて、「2025年までに年間30億人の人々の生活を向上させる」という目標の下、その礎となる社員一人ひとりが心身ともに健康な生活を送れるよう、様々な施策通して、従業員の健康増進に努めることを宣言しています。福利厚生制度においても、真のNo.1ヘルステックカンパニーをめざし、4月以降相応しい制度の導入を予定しています。4月以降相応しい制度の導入を予定しています。
・自社健康保険組合設立
・健康診断の充実(人間ドック対象を35歳以上に)
・外部福利厚生サービスレベル向上
・GLTD(団体長期障害所得補償保険)の導入

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ