1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社価値総合研究所
  • 株式会社価値総合研究所

  • 代表取締役社長 桐山 毅
  • 東京都千代田区大手町一丁目9番2号大手町フィナンシャルシティ グランキューブ15階


    • 資本金 75百万円
    • 会社規模 非公開
  • コンサルティング

会社概要

㈱価値総合研究所は、政策金融機関である日本政策投資銀行(DBJ)系の総合シンクタンクです。
1983年に日本長期信用銀行のグループ会社として設立された株式会社長銀経営研究所が前身となります。1993年のコンサルティング機能の分社化によって株式会社長銀総研コンサルティングとなり、その後は株主の異動や株式会社価値総合研究所への社名変更等を経て、2013年に日本政策投資銀行(DBJ)のグループ会社となっています。
社会情勢などの影響を受けて当社もいろいろ形を変えてきましたが、現在では中立的なコンサルティングサービスを提供できる体制を整えることができました。
社名を価値総合研究所としたのは、価値を創造するお手伝いをする会社になりたいという考えに基づいています。ここでいう『価値』とは、個人の生活をより豊かにするための「生活価値創造」、ビジネスの新しい枠組みを構築する「事業価値創造」、資本主義社会の原則である健全なマーケットのための「市場価値創造」、このようなことを通じて企業価値を高める「企業価値創造」、また、社会システムの効率化・活性化をもたらす「社会価値創造」といったあらゆる「価値の創造」をイメージしています。私どものコンサルティングを通じて、クライアントの皆様にこうした価値を感じていただければ、何よりありがたいと思います。

【設立年月日】1993年6月25日
【代表者】代表取締役社長 桐山 毅
【資本金】7,500万円
【従業員数】40名(2019年10月1日現在)
【本社所在地】東京都千代田区大手町

【主な事業内容】

■政策評価等
◎地域経済循環分析
◎応用一般均衡モデル(CGE,SCGE)
◎政策評価・ロジックモデル
◎応用都市経済モデル(CUE)・土地利用交通モデル
◎人口予測
◎国際貿易モデル
◎費用便益分析
◎非市場財の評価手法
◎交通需要予測・交通ネットワークモデル
◎世界食料需給予測モデル

■都市・地域・国土政策
◎国土政策
◎高速道路整備
◎リニア新幹線・幹線鉄道整備
◎空港整備
◎大都市圏政策
◎コンパクトシティ
◎地理情報システム
◎住宅・土地政策

■産業政策
◎ものづくり産業
◎産官学連携
◎ベンチャー企業
◎産業クラスター
◎産業連関表
◎地域経済循環分析

■情報政策・データ政策・科学技術政策
◎Society5.0
◎データマネジメント
◎GIS
◎MOT

■エネルギー・環境
◎水素/燃料電池
◎都市型バイオマス(下水道/廃棄物)
◎新エネルギー他
◎持続可能な都市政策
◎地球温暖化防止実行計画

■まちづくり・地域活性化
◎エリアマネジメント
◎中心市街地・商店街活性化
◎地域ブランド、シティセールス
◎地域防災・業務継続
◎都市農山村交流、地方への移住・定住
◎観光・ツーリズム
◎まちづくり資金
◎地域共同体・新たな公・NPO・市民参加

■不動産活用
◎公営企業改革/民営化
◎不動産証券化
◎遊休不動産利活用
◎PRE

■マーケティング戦略/市場調査/産業調査
◎マーケティング戦略策定支援
◎市場調査
◎産業調査
◎住宅市場調査

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ