1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 株式会社シーアールイー
  • 株式会社シーアールイー

  • 代表取締役社長 亀山 忠秀
  • 東京都港区虎ノ門2-10-1虎ノ門ツインビルディング東棟19階


    • 資本金 5,217百万円
    • 会社規模 101-500人
  • アセットマネジメント 不動産ファンド デベロッパー 建設・建築・土木 その他 不動産仲介 不動産管理
  • アピールポイント: 自社サービス・製品あり 日系グローバル企業 女性管理職実績あり 上場企業 2年連続売り上げ10%以上UP 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり 社内ベンチャー制度あり 教育・研修制度充実 資格支援制度充実 20代管理職実績あり シェアトップクラス

会社概要

CREグループは、国内でも数少ない物流不動産分野に特化した企業集団です。

【会社紹介】
物流不動産の開発、マスターリース、資産活用、プロパティマネジメント、リーシング、アセットマネジメントまで、一連のサービスを幅広く提供させていただくことにより、企業経営に重要な物流の最適化・効率化、不動産所有者様の資産価値向上を目指してまいりました。おかげさまで、これらの経験・実績を高く評価いただき、物流不動産をはじめとする事業系不動産の管理受託も年々増加しております。今後さらにその拡大に向け、事業ビジョン「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォームとしてNO.1企業グループ」を掲げ、物流不動産の利便性を向上させるサービスもご提供し、その利用価値を高めてまいります。

インターネットでの買い物が当たり前となった現代において、Webで注文した商品は、日本各地の「倉庫」「物流センター」等の配送拠点から、各配送業者の手で自宅に届けられます。また、店舗の在庫(コンビニ・スーパー・複合商業施設等)も拠点に一時保管し、各店舗へ配送されます。このような「倉庫・物流施設」は「物流不動産」と総称され、主に物流業界に関わる企業がテナントととして利用し、店舗の在庫の一次保管拠点として、近年のEC市場の拡大により物流・配送拠点として必要不可欠な存在となっています。

しかしながら、この大きなEC市場の拡大は単に市場の拡大という恩恵をもたらしただけではなく、物流・配送業界にとって大きな課題を与えています。庫内作業員・長距離トラックドライバー・ラストワンマイルの配送員といった人材の不足、それらに対応するための自動化・ロボット化、より高付加価値サービスの具現化や業務効率化のためのビッグデータの解析・AIへの対応といった課題が山積みしています。CREのドメインである物流不動産を利用する物流業界が元気にならなければ、CREグループ自体の成長も加速しません。

そこで、CREは物流不動産に限らず、サプライチェーンに関わるすべての機能や資産を事業領域として展開し、「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォームとしてNo.1企業グループ」になることを2018年より事業ビジョンとして掲げ動き出しています。

【事業紹介】
物流不動産に特化をした総合不動産企業として、不動産オーナー/テナント企業(EC・物流業・製造業他)の多様なフェーズで発生するニーズに応えるべく、幅広い事業展開を行っています。昨今物流不動産業界の成長に伴い、数多くの不動産デベロッパーが参入している中、小型倉庫から大型倉庫までを扱い、物流不動産におけるすべてのサービスを展開できる当社独自のワンストップソリューション体制は、他社にない強みと自負しております。

<マスターリース/資産活用事業>
・マスターリース物件(中小型倉庫)の物件管理・賃貸管理・オーナー対応
・不動産オーナーに対する遊休地の有効活用、相続・節税対策等の提案
・マスターリース物件(中小型倉庫)における修営繕工事管理/設備工事管理
・マスターリース物件(中小型倉庫)の設計監理・工事監理

<プロパティマネジメント事業>
・自社開発の大型物流施設「LogiSquare(ロジスクエア)」のプロパティマネジメント
・他社大型物流施設・リテール施設のプロパティマネジメント
・上記プロパティマネジメントに紐づくコンストラクションマネジメント

<リーシング事業>
・自社開発の大型物流施設「LogiSquare(ロジスクエア)」のリーシング
・マスターリース物件(中小型倉庫)のリーシング
・他社物流施設への仲介営業

<開発事業>
・自社開発の大型物流施設「LogiSquare(ロジスクエア)」の開発企画/開発マネジメント

<アセットマネジメント事業>
・不動産ファンド(J-REIT/私募ファンド)への投資機会提案及び不動産ファイナンス・証券化サポート
※子会社2社が担当(CREリートアドバイザーズ株式会社/ストラテジック・パートナーズ株式会社)

<海外事業>
・ベトナム・インドネシアを中心とした海外物流施設投資、及び、開発/収支管理

<物流インフラプラットフォーム事業>
・CREグループが展開する物流サービス(人手不足解消/自動倉庫による自動化・省人化/EC物流の自動化・作業効率向上/物流DX/物流コンサル)と組み合わせ、効率的な形で「物流に関わるあらゆる業務」をカスタマイズできるソリューション事業の企画・提供

【会社概要】
設立年月 :2009年12月
上場市場 :東京証券取引所 プライム市場(証券コード:3458)
代表者  :代表取締役社長 亀山 忠秀
資本金  :52億1,769万円(2022年7月31日現在)
売上高  :627億3,451万円(2022年7月期)
本社所在地:東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟19F
事業所  :西東京営業所、神奈川営業所、大阪営業所、福岡営業所、シンガポール、タイ
事業内容 :物流施設を中心とした事業用不動産の総合サービス
     (不動産賃貸、管理、仲介、開発、有効活用、建設、アセットマネジメント)

【子会社】
CREリートアドバイザーズ株式会社
ストラテジック・パートナーズ株式会社
株式会社CREアライアンス
株式会社はぴロジ
株式会社APT
CRE Asia Pte. Ltd.
CRE (Thailand) Co., Ltd.

【関連会社】
株式会社エンバイオ・ホールディングス
日本パーソナルストレージ株式会社
株式会社土地再生投資
株式会社A-TRUCK
Sembcorp Infra Services Hai Phong Co., Ltd(ベトナム)
PT.Bukit Inti Lestari(インドネシア)

【ライセンス】
宅地建物取引業/国土交通大臣免許(3)第8124号
一級建築士事務所/東京都知事登録 第56618号
建設業/国土交通大臣 許可(特-3)第23993号
第二種金融商品取引業/関東財務局長(金商)第2614号
不動産特定共同事業/金融庁長官・国土交通大臣第97号

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 千葉県船橋市宮本4丁目17-3

      • 資本金450百万円
      • 会社規模101-500人
    • 建設・建築・土木 その他
    • 東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3秋葉原ファーストスクエア9階

      • 会社規模31-100人
    • その他 コンサルティング 教育