1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > bravesoft株式会社
  • bravesoft株式会社

  • 菅澤 英司
  • 東京都港区芝4-13-2田町フロントビル6階


    • 資本金 250百万円
    • 会社規模 31-100人
  • インターネットサービス SIer ソフトウエア

会社概要

【設立年月日】2005年4月4日
【代表者】代表取締役社長 菅澤 英司
【資本金】2億5,000万円
【従業員数】70名
【本社所在地】東京都港区芝4-13-2

【事業内容】
■自社製品
iPhoneアプリを中心に、多種多様な製品を開発しています。
『Appvisor push』 
 実績最大級プッシュ通知ASP。送りたい人に送りたいだけ送れる導入実績豊富なプッシュ通知ASPツール
『Appvisor Event』
 イベント・展示用アプリが簡単に作れるASPサービス

■自社サービスの企画・開発・販売
■iPhoneアプリ開発
■iPadアプリ開発
■Androidアプリ開発
■その他開発
PHPやJava,.NETやC++など、様々な開発実績があります。

【当社について】
「エヴァンゲリオン」や「bokete」から「首相官邸」まで、iPhone向けアプリ開発で国内有数の実績を誇る当社。「エンジニアにとって理想の会社を目指す」という理念を掲げ、「IT界における、同じく技術者重視のSONY、HONDAのような世界企業になる」という壮大な夢に向かっています。

「ローソンARエヴァンゲリオンアプリ」「adidas×GIANTS」「ザイFX!」「『タダあぷ」など、同社が受託もしくは共同開発したタイトルは、App Storeのダウンロードランキングなどにおいて各ジャンルの第1位を獲得。もちろん、自社開発でも「秒刊マンデー」「パズル王国」「過激記事の探偵ファイル」などが1位を獲得しています。

当社はこれまで300本以上のiPhone向けアプリの開発実績があるが、ランキング上位のタイトルばかり。それらの実績が評判となり、各方面から次々とアプリ開発要請が寄せられている状況です。

事業運営スタイルとしても、受託開発、レベニューシェアや共同開発・運営、そして自社開発・運営と多様なモデルを手がける。さらに、中国・北京と成都に現地法人を設立しており、オフショア開発だけでなく広大な中国市場を取り込むことを目指して“地産地消”的な現地化を推進。その事業インフラを活用し、中国進出を図りたい日本企業へのコンサルティングや中国人留学生の紹介といったビジネスまで手がけています。昨年はベトナムへも進出し、アジア圏の成長を加速させ、更なる成長を見込んでおります。

【代表プロフィール】
無試験推薦により法政第二高校、法政大学情報科学部へ進学
大学在学中はコンピュータサイエンスを学びながらアルバイト的に
プログラマの仕事を始め、卒業と同時に友人と起業する。
1年後、エンジニアの理想を追求するべく、単独でブレイブソフトを創立。
経営・企画・営業・プログラミングなど幅広く精通し、成長をリードする。

趣味は、プログラミング、ベンチャー関連、一人旅、読書、グルメ、ランニング

2004年 大学卒業と同時に友人とベンチャー企業を設立。役員に就任。
2005年 有限会社ブレイブソフトを創業。代表取締役社長に就任。
2007年 中国成都に勇敢軟件(成都)有限公司を設立。役員に就任。
2013年 ベトナムホーチミンにBraveSoft Vietnamを設立。役員に就任。
2014年 北京に北京勇軟博盛科技有限公司を設立。役員に就任。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ