1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 日之出水道機器株式会社
  • 日之出水道機器株式会社

  • 取締役社長 浦上 紀之
  • 福岡市博多区堅粕5-8-18ヒノデビルディング


    • 資本金 270百万円
    • 会社規模 501-5000人
  • 機械 素材

会社概要

【設立年月】1919年6月
【代表者】取締役社長 浦上 紀之
【本社所在地】福岡市博多区堅粕

【事業内容】鋳鉄やポリマーコンクリート等の材料技術を活用した公共構造物や産業機械等の研究開発および製造・販売

<企業概要>
当社は1919年に創業し、上下水道用マンホールふた等のライフライン関連において、鋳鉄製品の製造販売からスタートし、全国に事業を展開してきました。現在、技術と蓄積されたノウハウを活かして、老朽化が進む都市の構造物や施設の長寿命化、そして安全性を向上させるトータルソリューションを提供できる企業として、「世界が頼るイノベーションカンパニー」をめざして挑戦を続けている企業です。

<企業詳細>
創業時より「鋳物」という材料の可能性に着目し、90年以上にわたって研究開発に取り組み、様々な技術革新を生み出している研究開発型のメーカーです。主力製品であるグラウンドマンホールに於いては、業界のトップクラスメーカーとしてディファクトスタンダード(業界標準)を確立してきました。現在では目的に応じて様々な材料特性をコントロールする技術や、最適な形状を実現する鋳造技術など、最先端の技術イノベーションを生み出し、これらの技術は、社会インフラから建築・土木、産業機械といった多様な分野において、新しいものづくりの可能性を広げる新しいソリューションとして期待されています。また、高度成長期に積極的な投資が行われた社会インフラの多くが老朽化を迎えるなか、上下水道や通信、電力、ガスといったライフライン関連のマンホールふたの研究開発のなかで培ってきた専門知識と技術を活かして、マンホールや管路等の既存施設の長寿命化や効率的な維持管理のための総合的なソリューションも提供しています。これらのノウハウは、今後さらに老朽化が進む民間の工場施設や港湾施設などにも応用展開が可能となるものです。

<当社の特徴・魅力>
◎トータルソリューションで、安全で快適な「まちづくり」を推進する
上下水道や道路などの都市インフラや、企業の工場施設などの多くが老朽化の時代を迎えています。当社では、ライフサイクルコストの最小化の観点を踏まえながら、これら既存施設の計画的更新や長寿命化、および自然災害に対する防災や災害対策を通じて、安全で快適な「まちづくり」を推進するトータルソリューションに貢献していきます。

◎技術イノベーションで、新しい時代の「ものづくり」を革新する。
鋳物は古来より様々な産業分野で幅広く活用されてきたポピュラーな材料ですが、それだけに奥が深く、まだ多くの可能性を残しており、その技術革新によってはグローバルに進展するオープンイノベーションの流れのなかで、高い市場価値を生み出すことができる材料です。当社ではFCDと呼ばれる球状黒鉛鋳鉄を中心に、従来の鋳物では対応できなかった新しい産業分野、新しい製品開発への展開を視野に、材質の基本的な性能や機能の飛躍的な向上をめざした基礎研究を進めていきます。

<当社の今後>
同社は来る2019年6月の創業100周年に向け、モノづくりを革新するイノベーション力と、新しい市場を創出するマーケティング力、そして、メーカーとしての企画・開発・生産・販売・物流といった幅広い専門分野の中で鍛えられた人材・知財力を大きな競争力として、国内のみならず、世界を視野に入れた新しいビジネスに挑戦していきます。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F

      • 資本金490百万円
      • 会社規模501-5000人
    • インターネットサービス

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ