1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > リニューアブル・ジャパン株式会社
  • リニューアブル・ジャパン株式会社

  • 眞邉 勝仁
  • 東京都港区虎ノ門1-2-8虎ノ門琴平タワー9階


    • 資本金 4,273百万円
    • 会社規模 101-500人
  • プライベートエクイティ・ファンド プラント・エンジニアリング エネルギー
  • アピールポイント: 上場企業 ベンチャー企業 女性管理職実績あり 2年連続売り上げ10%以上UP 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり

会社概要

【設立年月日】2012年1月25日
【代表者】代表取締役社長 眞邉 勝仁
【資本金】連結42億7,331万円(2021年12月末現在)
【従業員数】連結269名(2021年12月末現在)
【本社所在地】東京都港区虎ノ門1-2-8

【事業内容】
再生可能エネルギー発電所の開発・発電・運営管理
具体的には以下の事業内容です。
・太陽光発電
・風力発電
・水力発電
・O&Mサービス
・再生可能エネルギー発電所の買取
・太陽光発電所の建設

【当社について】
リニューアブル・ジャパンは「持続可能なエネルギーを届け、生き生きと暮らせる未来を実現します」というビジョンを掲げ、太陽光発電、風力発電、水力発電等、再生可能エネルギー発電所の開発、発電、運営・管理(アセットマネジメント / O&M)など様々な再生可能エネルギー事業を展開しています。また、東急不動産・ENEOS・関西電力と資本業務提携を締結し、2021年12月には日本初のグリーンIPOを成功させ、現在は東京証券取引所グロース市場に上場しています。今後は、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、国内外において再生可能エネルギーの開発を積極的に展開していきます。

【3つの強み】
1.技術:ゼネコンと同様の「特定建設業」の免許を所有し、自社で電気工事も施工している他、全国27箇所の拠点を活かして自ら発電所メンテナンスを行っています。
2.金融:グリーンボンドを含むプロジェクトボンドの発行シェアが国内最大でいる他、本邦初のグリーンIPOを行うなど、新しい金融スキームの創出、拡大を進めています。
3.地域:全国各地に27箇所の地域拠点を設け、8つの市区町村と立地協定を締結しており、それらのネットワークを用いて、全国で再生可能エネルギーの開発、運営を展開しています。
(*地域拠点数および立地協定締結済の市区町村数:2022年4月現在)

【代表プロフィール】
東日本大震災で、自ら被災地に太陽光付浄水装置を届けたのをきっかけに、2012年1月リニューアブル・ジャパンを設立。現在は、3メガバンク等も加入する再エネの業界団体(一般社団法人 再生可能エネルギー長期安定電源推進協会:REASP)の会長として政府への提言なども行う。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 東京都中央区京橋2丁目2番1号

      • 資本金1,986百万円
      • 会社規模101-500人
    • 電力・ガス・水道 エネルギー その他

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ