1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社電脳交通
  • 株式会社電脳交通

  • 近藤 洋祐
  • 徳島県徳島市幸町3丁目101リーガルアクシスビル4F


    • 資本金 100百万円
    • 会社規模 非公開
  • その他
  • アピールポイント: 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 年間休日120日以上

会社概要

【設立年月日】2015年12月17日
【代表者】近藤 洋祐
【資本金】4億5,409万6,560円
【本社所在地】徳島県徳島市幸町3丁目101

【事業内容】
タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス

【代表プロフィール】
近藤洋祐(代表取締役社長 CEO兼Founder)
徳島市生まれ。
メジャーリーガーを目指しアメリカ留学から帰国後、吉野川タクシーに入社。
2012年に代表取締役に就任し、債務超過寸前の状態からV字回復を実現。
2015年電脳交通を創業し代表取締役に就任。徳島大学客員教授。

【経営方針】
■ミッション
次世代の「タクシー」を創造し、タクシーと街の新たな関係を構築する。

■ビジョン
タクシー業界のDXを技術/実装力/実行力で推進する。

■バリュー
Think & Act - 考えて、動こう -
Commit & Grit - 責任を持ってやり切ろう -
Give & Glad - 与えて、喜びあおう -

電脳交通は、地域ごとの移動ニーズに寄り添い、衰退する地域交通の課題を解決する会社です。
クラウドシステムの開発・提供をはじめ、地域交通ソリューションをゼロから構築する「クラウド型配車システム&配車センターサービス」を展開しています。
地域交通の担い手たちの成功・成長をサポートし、業界に必要なDXを技術/実装力/実行力で推進します。

・クラウド型配車システム&配車センターとは
低コストで常に最新のシステムを使い続けられるクラウド型の配車システムと、配車業務負荷を軽減し、コストダウンが可能なクラウド型配車センターです。

【STORY】
株式会社電脳交通は、代表の近藤がアメリカ留学から帰国後、家業である徳島の小さなタクシー会社を継ぎ、廃業寸前からV字回復させたことがきっかけで創業しました。
ITを積極的に取り入れ、家業の経営再建を実現したのち
「このサービスを全国の中小タクシー会社へ提供できれば、同じ課題を抱える地域の交通機関の衰退に歯止めをかけられるかもしれない。」
と考え、のちにCTOとなる坂東と共にクラウド型配車システムを開発、そして2015年12月に設立しました。
最初は徳島、四国の中小タクシー事業者へのサービスを提供から始め、その後、西日本に拡大し、現在は25都道府県に事業を展開しています。
衰退する地域交通を救う電脳交通の挑戦はいまやタクシー業界内だけでなく、社会課題の解決・新しい交通サービスの可能性を感じて頂いた社会全体の潮流になろうとしています。

【なぜやるのか】
地域交通の衰退は現在待ったなしの状況にあります。
2018年の1年間で約150のタクシー事業者が廃業し、タクシー事業者の従業員の平均年齢は60歳を超えました。
地域では、人の移動の足が無くなるかもしれない危機的な状況にあります。
各地域を支える交通事業者はIT化が進まず、配車アプリなど最新サービスとの連携もできていません。
そして、2020年の新型コロナ流行はこの業界の状況に一石を投じました。
廃業や経営統合が進む一方、これまで変化に取り組むことが出来ていなかった人たちも、生き残りをかけてDX(デジタルトランスフォーメーション)を本格的に検討しています。


電脳交通は、地域交通の現状に対し全国の地域交通事業者と同じ目線に立ち、寄り添いながら共に課題を解決する新しい移動サービスを創造し、地域交通全体のアップデートに取り組んでいます。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ