1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社Blue Planet-works
  • 株式会社Blue Planet-works

  • 小林 ヤンネ 孝貢
  • 東京都渋谷区神宮前2丁目4-11Daiwa神宮前ビル3F


    • 資本金 7,200百万円
    • 会社規模 非公開
  • その他

会社概要

Blue Planet-worksは日本発のグローバル・サイバーセキュリティ・カンパニーです。
私たちは、お客様がセキュリティを意識することのない、セキュリティで悩むことのない世界の実現を目指しています。

◆ 事業内容:サイバーセキュリティ製品の開発販売
(エンドポイントセキュリティ製品:AppGuardシリーズ、IoTプラットフォーム:TRUSTICA-開発中)

【AppGuardが実現する世界】
働き方改革、DXにより私たちの生活は大きく変わっています。
これからのセキュリティに求められるのは、万が一マルウェアに侵入されても悪さをさせない仕組みです。
AppGuardは、マルウェアを駆除するのではなく、攻撃自体をブロックし、無効化するセキュリティソフト。
独自の特許技術で、世界初の実装に成功しました。
定義ファイル不要で、未知の攻撃でも防御可能。既存のセキュリティ製品との相性を気にする必要もありません。

【AppGuardテクノロジーの特徴】
OSプロテクト型のAppGuardは、サイバー攻撃を成立させないことでユーザーの業務継続性を担保します。
主に二つの制御機能で、マルウェア及びマルウェア生成ファイルの起動と端末の乗っ取りを阻止します。

・システム内の領域を、ユーザースペース・システムスペースの2つの領域に分けてアプリケーションの起動制御することにより疑わしい実行ファイルやスクリプトの起動を阻止します。
・マルウェアの感染経路になりやすいアプリを「ハイリスクアプリケーション」と定義して自動的に保護ポリシーを適用します。またハイリスクアプリケーションを踏み台にした攻撃なども、自動継承の機能により制御します。
これらの機能は、特許所得済の技術によって可能となり、煩わしい管理や人的リソースを必要とする監視を必要としません。

AppGuardはWindows/Linuxに対応しており、大企業向けEnterprise、中規模企業向けSBE、中小企業向けのSoloのシリーズを展開しております。


Blue Planet-worksは東京に本社を置き、日本発で今後グローバルに拠点を展開していく予定です。
米国ではバージニア州に研究開発拠点を設け、ニューヨーク市に販売拠点を設けております。

〇 2017年4月、米国のサイバーセキュリティ企業であるBlue Ridge Networks社より革新的なセキュリティ技術「AppGuard」テクノロジー事業と関連する資産、知財を買収し、日本発のグローバル・サイバーセキュリティ企業として始動しました。
〇 買収に際して、ANAや電通、JTB、吉本興業など数社から合計133億円の資金調達を行っております。
〇 米政府機関でも長年の採用実績があり、アメリカ国土安全保障分野のセキュリティ製品アワード「GSN Homeland Security Award」を連続で受賞しています。

「AppGuard」は、販売開始2年で既に8万ライセンスの販売実績がございます(日本国内、2020年3月末時点)。
2020年6月には10億円の増資を実施し、日米における開発人材の更なる拡充をはかることで、今後リリース予定の製品の開発、及び既存製品の販売・サポートをこれまで以上に加速していく計画です。

【代表者】小林 ヤンネ 孝貢
【資本金】72億円(2020年6月時点)
【本社所在地】東京都渋谷区神宮前2-4-11


【事業内容】
Blue Planet-worksは、あらゆる人やモノがつながるIoT社会をまもります。
サイバー攻撃から防御するセキュリティ技術
「つながり」の安全性と信頼を確立する技術
プライバシー情報を自律的にコントロールできる技術
私たちは、人と人、人と社会の繋がりの中に、そのテクノロジーを活かしていきたいと考えています。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ