1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 株式会社BluAge
  • 株式会社BluAge

  • 佐々木 拓輝
  • 東京都千代田区麹町6-2-6PMO麹町11階


    • 資本金 695百万円
    • 会社規模 31-100人
  • インターネットサービス デベロッパー 不動産仲介
  • アピールポイント: 創立5年以内 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 年間休日120日以上 産休・育休取得実績あり ストックオプション制度あり 教育・研修制度充実 資格支援制度充実 20代管理職実績あり 2年連続売り上げ10%以上UP

会社概要

なにをやっているのか?

◆サービス説明 〜CANARY(カナリー)について〜
スマホで簡単に賃貸・売買物件の部屋探しができるアプリです。

BluAge設立半年後の2018年10月にβ版がリリースし、2019年6月に正式リリース。

計画を大きく上回る速度で伸張しており、正式リリースからわずか1年半で累計ダウンロード数は100万件突破、新規DLは月間10万件ペースと着々とユーザー数が増えています。

AppStoreのダウンロード数ランキング上位、ユーザー評価上位(☆4.7)を獲得。
CX(カスタマーエクスペリエンス)を非常に意識した、UI/UXとなっているため部屋探しがしやすいアプリです。
また、『早く、安く、ムダのない部屋探し』をコンセプトとしており、
問い合わせ後の複数会社からの営業電話や部屋探しサイトやアプリでよく起こりうる「おとり物件」などの掲載もなく、
効率的なお部屋探しが実現できます。

▼ミッション
・コンシューマーにとって最も良い部屋探し体験(UX)を提供する。
・不動産仲介/物件管理の実務、SaaS提供を通じ、アナログな業界のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を実施。
・一気通貫したオンラインプロセスと、これまで分断されていた情報のデジタル化によって効率性と透明性をもたらす。

私たちBluAgeは、レガシー産業である不動産業界に革新的な視点を持ち込み、テクノロジーを駆使して業界のDX化を牽引します。

▼なぜBluAgeのような不動産テック企業が必要なのか
不動産業界は現在、大きな課題を抱えています。生産性の低さやITリテラシー不足は顕著で、これから人手不足が進むと、危機的状況に追い込まれる企業も少なくないと言われています。

【労働生産性の低さ】
不動産業界では、電話やFAXが主なコミュニケーションツールとして使用されています。
契約の際には顧客に対して、対面での重要事項の説明や書類の郵送などに相当な手間が発生しています。

【非効率な部屋探し】
現在の不動産業界は、インターネット上で顧客に開示されている情報と、実際の情報で相違のあるケースがあり、消費者にとっての利便性が損なわれています。実際の物件の空き状況は、インターネット上ではリアルタイムに反映されておらず不動産会社に問い合わせをしなければなりません。

この他にも、不動産業界には多くの課題が存在しています。
今後人口の減少が加速していくだけでなく、政府による働き方改革もますます推奨されていく中で、不動産業界のDX化を推進し、労働生産性を成長させられるかどうかで業界の未来が変わります。

不動産業界における一気通貫したDXを推進し、「デジタルなインフラとして産業の発展に貢献する」という弊社ミッションを加速度的に実現させていくことを目指します。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 東京都新宿区西新宿1丁目24番1号エステック情報ビル10階

      • 会社規模31-100人
    • コンサルティング 監査・税理士法人 その他 その他 アウトソーシング・コールセンター

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ