1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 転職成功談
  3.  > 30人超のヘッドハンターと面談を重ね、「本当にやりたいこと」に気づく

30人超のヘッドハンターと面談を重ね、「本当にやりたいこと」に気づく

石井氏(仮名/男性/30代)

DATA

前職 コンサルティングファーム マネージャー / 年収1900万円
活動期間 約6ヶ月
ヘッドハンター面接数 30人
応募求人数 1社
面談社数 1社
内定数 1社

現職

投資会社 ヴァイスプレジデント 年収1500万円

経営コンサルティングファームで活躍していた石井氏は、特に転職の意向がなかったにもかかわらず、過去に登録した転職サイトからスカウトメールを受けたことを機に、ヘッドハンター30名と面談。コミュニケーションを重ねる中で、キャリアパスを見つめ直すことになる。転職を通じて、「本当にやりたい仕事」を手に入れた経緯についてお話を伺った。

転職理由

スカウトメールを機に、転職市場の情報収集を始めることに

石井氏は、大学卒業後グローバルに展開する大手電器メーカーに就職し、ビジネス戦略を策定するポジションで活躍していた。しかし、製造業の世界勢力が変化する中で、完成品メーカーの限界を感じるようになる。そして、日本の部品・材料分野に可能性を見出し、経営の上流に関与できる戦略コンサルティングファームで、同分野における企業の成長に貢献することを決意する。20代後半にしてマネージャーへの昇進を叶えた石井氏は、将来的には同社でより大きな影響力を持って日本の部品・材料産業の発展に寄与していこうとしていた。

そんなとき、石井氏に一通のメールが届く。「昔登録していた転職サイトから『ヘッドハンター各社の求人を紹介するサービスを開始する』というメールがあり、その後届いたスカウトメールを通じてビズリーチを知りました。ビズリーチは『年収1000万円以上の優良求人』を掲げており、そのコンセプトに興味を持ちました。正直、転職意向はまったくありませんでしたが、30代前半にしては十分すぎるほど高額の収入を得ていたので、将来的にパートナーになってさらに年収が上がってしまうと、キャリアの志向性が変わったときに年収のハードルが上がってしまい、転職することが難しくなるだろうと思いました。そこで、これを機に転職市場について情報収集をしてみようと登録したのです」

ビズリーチで出会った求人、ヘッドハンター

30人のヘッドハンターとのコミュニケーションから、本当にやりたいことは何かを再認識

石井氏は、スカウトメールを送ったヘッドハンターすべてと面談することにした。その数、ざっと30名。そもそも転職意向のなかった石井氏だが、何人ものヘッドハンターと面談を重ねるうちに、現職は自分が本当にやりたいことではないのかも知れないと気付く。「紹介された求人自体は、転職を決断するほど興味を惹かれるものはありませんでした。ただ、たくさんのヘッドハンターと会って、自分自身の目標や志向について何度も話しているうちに、コンサルティングファームの仕事は、自分のやりたいこととは違うのかもしれないと感じるようになったのです」。石井氏の心が動いた頃、偶然にもヘッドハンターの多くが勧める投資会社の求人があった。最初はぴんとこなかったそうだが、自分の目標を実現する上で何が必要なのかを突き詰めていく中で考えをあらためる。

「私は学生時代から、世界に通じる日本企業を育てたいという目標を持っていました。コンサルティングファームは、業界を牽引するトップクラスの会社経営者と共に事業成長を目指していくという意味ではよいのですが、ベンダーの立場では経営への関与に限界があります。さらに、コンサルティングフィーも高額なので、高い技術力を持っていても小さな会社とはお取引ができません。その投資会社は、『成長性ある技術を持った企業に投資する』と明言しており、それは私の目標にも合致します。投資家という立場で経営により深く関与できると考えれば、受けてみるべきなのではないかと思いました」

転職成功の鍵

転職によって手に入れた、やりたいことを実現させる場所

投資経験はないものの、これから投資案件の増加が見込まれる中で、石井氏のプロジェクトマネジメント経験や業界知識は高く評価され、30代前半という年齢にしてヴァイスプレジデントのポジションでオファーが出る。入社して半年になるが、今、仕事が楽しくて仕方ないと言う。

「期待していた以上の裁量があり、充実した毎日を送っています。年収は下がりましたが、このやりがいはお金には替えられません。当初はあまり本気で転職を意識していませんでしたが、動いてみて本当に良かったと思います。自分のことというのは、分かっているようで分かっていないものです。ヘッドハンターとコミュニケーションを重ねることで、私は自分のやりたいことを再認識し、それを実現できる会社と出会えました」。

ヘッドハンターはただ求人を紹介するだけではなく、キャリアについて気付きを与え、新たな可能性を切り拓く立場でもある。さらに石井氏の場合は、たくさんのヘッドハンターと面談することで、多くの意見をもとに客観的な判断をすることができた。その結果、納得感を持って転職活動に踏み出し、理想の仕事環境を手に入れることができたと言えるだろう。

ビズリーチより

ビズリーチのご利用には会員登録(無料)が必要です

ビズリーチに無料登録して、5500社以上の厳選企業や1600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトを受けましょう。

新規会員登録(無料)
ログインはこちら

経営・事業企画転職成功談一覧へ

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ