1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 2014年に注目する企業の1位はトヨタ自動車

2014年に注目する企業の1位はトヨタ自動車

株式会社ビズリーチ 2014年1月14日

平均年収1000万円強のビジネスパーソンが2014年に注目する企業
1位 トヨタ自動車、2位 ソフトバンク、3位 楽天
トヨタ自動車が1位に復活し、インターネット関連企業と日系老舗企業がランクイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理職・グローバル人材に特化した会員制の転職サイト「ビズリーチ」などインターネット事業を企画・運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、当サイトの会員であるビジネスパーソン1639人(平均年収1060万円)に、2014年に注目したい企業についてアンケート調査を実施しました。トヨタ自動車が業績のV時回復を表すように昨年の6位から1位となり、2位はソフトバンク、3位は楽天という結果になりました。

平均年収1000万円強のビジネスパーソンが選ぶ「2014年 注目企業ランキング」

Q:2014年に注目している企業を3社まで挙げてください。
順位 社名 2013年順位
1 トヨタ自動車 6位(↑)
2 ソフトバンク 1位(↓)
3 楽天 10位(↑)
4 グーグル 9位(↑)
5 アマゾン 7位(↑)
6 ソニー 3位(↓)
7 アップル 2位(↓)
8 ファーストリテイリング/ユニクロ 8位(→)
9 パナソニック 4位(↓)
10 武田薬品 圏外(↑)
11 シャープ 5位(↓)
11 日本マイクロソフト 14位(↑)
13 日産自動車 圏外(↑)
14 日立製作所 17位(↑)
15 本田技研工業 13位(↓)
16 東芝 圏外(↑)
16 ヤフー 圏外(↑)
16 LINE 圏外(↑)
20 東京電力 20位(→)
20 三菱商事 16位(↓)

※株式会社などは省略

2014年注目企業として選ばれた理由(代表的な意見を抜粋)

1位:トヨタ自動車
  • 円安に伴う企業体力の回復、中国を含めた海外での販売強化など、今後も発展すると思われるため。
  • ハイブリッド車を軸にした戦略をより強固にしつつ、未来に向けた次世代カーの開発にも抜かりがない。
2位:ソフトバンク
  • 次から次へと新しく且つ大胆な発想で新しいビジネスチャンスを開拓し続けているから。
  • 日本一アグレッシブな戦略展開をする企業。スプリントの買収を終え、ますます活気付いている。
3位:楽天
  • 楽天イーグルスの優勝が、グループ全体の知名度を上げ、マーケティングが一気に進む可能性がある。
  • 薬のネット販売解禁を契機に、次の商戦拡大戦略を打ってくるのではないかと思われるため。
4位:グーグル
  • 単なる技術の会社を脱して、もはや、カルチャーを作る存在になっており、2014年もその動向が期待出来るため。
  • 多方面にビジネス領域を拡大しているように見え、最終的な世界戦略とビジネスモデルに大変興味を持つ。
5位:アマゾン
  • 更なる流通革命が今後起こると思うし、その中心にいる会社であると感じるから。
  • インターネット通販を定着させ、一般人の生活スタイルや文化まで影響を与える存在となっている企業であるため。

株式会社ビズリーチ ビズリーチ事業部 事業部長 多田洋祐 コメント

株式会社ビズリーチ ビズリーチ事業部 事業部長 多田洋祐

「トヨタ自動車が昨年の6位から上昇し1位に輝きました。その背景には、2013年3月期通期の営業利益が前期比3.2倍となり、米国市場の本格復調だけでなく、伸びしろの大きい新興国での販売強化の成果が出始めたことにあります。この結果は、全世界でトヨタ自動車の復調が見えたことからの期待の表れではないでしょうか。3位の楽天は昨年10位から3位に上昇しています。これは昨年1月から9月の売上高が前年同期比32%増収で業績が伸びているだけでなく、楽天イーグルスの日本シリーズ優勝などホットな話題が続いたことも関連していると思われます。また、インターネット関連の企業が多くランクインしている中、武田薬品が圏外から10位となりました。ランクインする多くの企業が好調な伸びやV字回復を見せる中、業績面では減益が続いている日本の老舗医薬品メーカーが、世界6位の英医薬品メーカーの社長を海外から迎い入れると発表しました。この外部招聘による経営革新に対する期待から、武田薬品はビジネスパーソンの注目を集めたのではないでしょうか」

※本リリースに含まれる調査結果にご掲載頂く場合は必ず「ビズリーチ調べ」と明記してください。

【調査概要】

実施期間 2013年12月9日~12月15日
対象 ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収1060万円): 1639名
平均年齢 46歳
男女比 男:女=91%:9%
直近の勤務先の業種 メーカー(電気・電子・機械・消費財)32%、金融・コンサルティング12%、ソフトウェア・インターネット13%、消費財・医療・流通9%、
マスコミ・広告・サービス11%、その他23%

株式会社ビズリーチについて

インターネットサービスを企画・運営。日本最大級の会員制転職サイト「ビズリーチ」を2009年4月にグランドオープン(http://www.bizreach.jp/)。会員数20万人、企業1400社、ヘッドハンター1000人が登録。2012年10月に、「ビスリーチ」のアジア版「RegionUP」(リージョンアップ/https://www.regionup.com/)を、2013年5月にはIT・Webエンジニアのコラボレーションツール「codebreak;」(コードブレイク/http://www.codebreak.com/)をグランドオープン。

本件のお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ
広報担当 田澤玲子、寛司(ひろし)絢子、伊藤綾
TEL:
03-6450-5166
Email:
Eメール

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ