1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 平均年齢47歳のビジネスパーソンに緊急アンケート、6割が「半沢直樹」の続編を期待

平均年齢47歳のビジネスパーソンに緊急アンケート、6割が「半沢直樹」の続編を期待

株式会社ビズリーチ 2013年09月25日

平均年齢47歳のビジネスパーソンに緊急アンケート
6割が「半沢直樹」の続編を期待
7割が「半沢直樹」を視聴(前回調査より8ポイント増加)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員制の転職サイト「ビズリーチ」などインターネット事業を企画・運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、ビズリーチ会員988人に、TVドラマ「半沢直樹」に関する緊急アンケートを9月に実施しました(回答者は平均年収1077万円、平均年齢47歳のビジネスパーソン)。本ドラマは9月22日に最終回を迎えましたが、6割以上が「『半沢直樹』の続編を見たい」と回答しました。理由として「日曜夜の鬱憤を晴らすことができる(50代・男性)」「同じバブル入行組として、どこまで昇進していくのか見たい(40代・男性)」などの意見があり、主人公と自身を重ね合わせてストレス解消をしてきた人が多かったことが伺えます。

また、半沢直樹を視聴したことがある人は7割という結果になりました。8月に実施した前回調査と比べて8ポイント増加しており、最終回に向けてビジネスパーソンの視聴者が増えていることが分かりました。

前回調査(※)より8ポイント増!7割が「半沢直樹」を視聴したことがあると回答

Q:TVドラマ「半沢直樹」を見たことはありますか。
見たことがある 70%
見たことはない 30%
※前回調査(2013年8月26日〜8月30日実施、ビズリーチ会員のビジネスパーソン563名が回答)では、
「『半沢直樹』を見たことがある:62%」でしたが、前回調査と比較し「見たことがある」が8ポイント増加しました。

6割以上が「続編を見たい」と回答

Q:TVドラマ「半沢直樹」の続編があるとしたら続きを見たいですか。
続編を見たい 61%
続編を見たくない 39%

ビジネスパーソンが半沢直樹でストレス発散。主人公の更なる昇進に期待する声も多数

Q:続編を観たい理由をお教えください。

  • 日曜夜の鬱憤を晴らすことができ、月曜が明るく迎えられる(50代・男性、サービス業、部長クラス)
  • まだまだ半沢直樹の魅力を自分の糧や支えの一つにしたい。役者さんたちの名演技も素晴らしい(40代・男性、⾦融業、係長クラス)
  • リアリティもあり共感できるので、更に金融業界をあばいてほしい。(50代・男性、金融業、係長クラス)
  • 同じバブル入行組としてどこまで昇進し、己が正しいと信じる仕事がどれくらいスケールアップしていくのかを見てみたい(40代・男性、卸・小売業、役員クラス)
  • 次はグローバルな展開における半沢の戦いを見てみたい(40代・男性、サービス業、係長クラス)
  • これから日本を引っ張る若い社会人に半沢直樹の根性を身につけ、自ら信念をもって行動できる社会人を育てて欲しい。(50代・男性、卸・小売業、役員クラス)
  • これまでは主婦や若者狙いのドラマが多く、サラリーマンが共感できるドラマが少ないため(50代・男性、製造業、課長クラス)
  • 「ロスジェネの逆襲」は小説としても面白いので、その映像化は期待出来る。(50代・男性、製造業、部長クラス)

上司にしたい登場人物は、半沢直樹、中野渡(頭取)、内藤(部長)が人気

上司にしたい登場人物について聞いたところ、半沢・中野渡(頭取)・内藤(第2営業部 部長)がランクインし、部下を信頼する上司としての言動が支持されました。

Q:TVドラマ「半沢直樹」の登場人物があなたの上司になったと仮定した場合、上司にしたい人は誰ですか。(※複数回答可)
1位 半沢 直樹(主人公) 56%
2位 中野渡 謙(頭取) 41%
3位 内藤 寛(第2営業部 部長) 37%
4位 湯浅 威(伊勢島ホテル社長) 24%
5位 渡真利 忍(半沢の同期) 15%

部下にしたい登場人物は、半沢直樹と同僚の渡真利、近藤がランクイン

Q:TVドラマ「半沢直樹」の登場人物があなたの部下になったと仮定した場合、 部下にしたい人は誰ですか。(※複数回答可)
1位 半沢 直樹(主人公) 57%
2位 渡真利 忍(半沢の同期) 50%
3位 近藤 直弼(半沢の同期) 28%
4位 湯浅 威(伊勢島ホテル社長) 18%
5位 内藤 寛(第2営業部 部長) 13%

半沢直樹の強さに共感する人58%

Q:視聴率30%を超えのTVドラマ「半沢直樹」の主人公の上司や権力者に屈さない強さに共感しますか?
共感する 58%
共感しない 42%

「上司に屈さない強さ」(63%)、「『倍返し』でやり返す痛快さ」(49%)が人気

Q:ドラマが人気の理由は何だと思いますか。(※複数回答可)
主人公が上司に屈さない強さ 63%
上司や権力者に対して「倍返し」でやり返す痛快さ 49%
時代劇に似たストーリー展開のわかりやすさ 41%
ストーリー展開のスピード感 38%
出演者のキャラクター 37%
同じビジネスパーソンとして感情移入できる 32%
「やられたら、やり返す、倍返しだ!」をはじめとする決めゼリフ 20%
その他 6%

株式会社ビズリーチ代表取締役の南壮一郎コメント

株式会社ビズリーチ代表取締役の南壮一郎

「『半沢直樹』が9月22日で最終回を迎え、最終回の視聴率が関東で42.2%(最高視聴率46.7%)と報道されました。ビズリーチでは、平均年齢47歳のビジネスパーソンにアンケートを実施したところ、前回調査よりも約10ポイント増の7割が『半沢直樹を見たことがある』と回答し、ビジネスパーソンの視聴者が最終回に向けて増えていったことが伺えます。また、続編を期待する声が6割あり、『同じバブル入行組としてどこまで昇進するか見たい』『日曜夜の鬱憤を晴らすことができる』といった声が多く、ドラマのストーリーはもちろんのこと放映時間などを含めて、多くのビジネスパーソンに支持されたドラマでした。原作には続きがあるだけに、多くのビジネスパーソンが続編を期待しているのではないでしょうか。」

以下のご取材も可能です。お気軽にお申し付けください

  • ※回答された会員の方に電話取材をしていただくことが可能です。
  • ※代表へ本件についてインタビューしていただくことも可能です。
  • ※前回調査の詳細についてもお送りいたします。

調査概要

実施期間 2013年9月17日〜9月22日
対象 ビズリーチ会員のビジネスパーソン:988名
年齢 20代 3%、30代 17%、40代 36%、50代 36%、60歳以上 8%
男女比 男:女=94%:6%

株式会社ビズリーチについて

インターネットサービスを企画・運営。日本最大級の会員制転職サイト「ビズリーチ」を2009年4月にグランドオープン(http://www.bizreach.jp/)。2012年10月に、「ビスリーチ」のアジア版「RegionUP」(リージョンアップ/https://www.regionup.com/)を、2013年5月にはIT・Webエンジニアのコラボレーションツール「codebreak;」(コードブレイク/http://www.codebreak.com/)をグランドオープン。

本件のお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ広報担当
田澤玲子
寛司(ひろし)絢子
TEL:
03-6450-5166
Email:
Eメール

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ