1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 年収格差が拡大!平均年収1000万円強のビジネスパーソン1300名に年収調査

年収格差が拡大!平均年収1000万円強のビジネスパーソン1300名に年収調査

株式会社ビズリーチ 2011年07月14日

年収格差が拡大!平均年収1000万円強のビジネスパーソン1300名に年収調査
同年齢(同期)との年収差は「500万円以上」(回答者の約3割)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級注1)の年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、当サイトの会員であるビジネスパーソン1387人(平均年収1141万円)に、年収について、2011年6月20日から6月24日にかけて、アンケート調査を実施しました。

  1. 注1) 会員数において

ビジネスパーソンの間で年収格差が拡大

Q:同期(同年齢)のなかで年収の幅はいくらぐらい差がありますか?

Q:同期(同年齢)のなかで年収の幅はいくらぐらい差がありますか?

「年収増加組」と「年収減収組」の二極化が進む

  • Q:09年と比較して10年の年収増減は?

    Q: 09年と比較して10年の年収増減は?

  • Q:10年と比較して11年の年収増減の見込みは?

    Q: 10年と比較して11年の年収増減の見込みは? /

2010年と2011年の2年連続で、年収増加者と年収減少者が2-4割と分かれており、年収の開きが大きくなっていることが窺えます。

年収アップのためには「英語+中国語」が鍵!

Q:年収アップのためのお勧めのスキルは何ですか?(複数回答可)

Q:年収アップのためのお勧めのスキルは何ですか?(複数回答可)

ビズリーチ代表取締役南壮一郎のコメント

「本調査では、ビジネスパーソンの間で年収格差が拡大していることが明らかになりました。平均年収1000万円以上のビジネスパーソンにアンケートを実施したところ、回答者の約3割が『同年代との年収の差は500万円以上』と回答しており、年収の二極化が進んでいます。

また、回答者のうち、2010年の年収が2009年よりも増加した人は30%だったのに対し、減少した人は39%で、今年の年収増減の見込みについても、増加が24%に対して減少は37%で、年収の二極化の傾向は今年も続くものと思われます。

年収アップのためのスキルとして、回答者の7割が英語を挙げており、市場のグローバル化が加速する中、優秀なビジネスパーソンにとって英語は『できるとよい』ではなく、もはや『必須』になっています。

注目すべきは、3割が中国語と回答しており、英語はもちろんのこと、中国へ進出する企業が急増する中、中国語が重要になってきていることが窺えます」

※ 分析について、代表の南より詳しくご取材頂くことも可能です。
※ 回答者本人への確認が必要ですが、回答者へのご取材をアレンジすることも可能です。

調査概要

調査期間 2011年6月20日~6月24日
対象 ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収1141万円):1387名
年齢 20代 2%、30代 20%、40代 38%、50歳以上 40%
男女比 男:女=93%:7%
役職 役員クラス以上 14%、部長クラス 34%、課長クラス 27%、係長クラス 12%、
それ以外 13%
直近の勤務先の業種 金メーカー(電気・電子・機械)22%、金融・コンサルティング20%
ソフトウェア・インターネット15%、消費財・医療・流通12%、
マスコミ・広告・サービス8%、その他23%

株式会社ビズリーチについて

日本最大級のハイクラス人材の転職サイト「ビズリーチ」(http://www.bizreach.jp/)を運営。日本初の求職者課金型転職サイトでもある。会員、ヘッドハンター、求人情報を年収1000万円以上レベルに限定し、運営事務局が独自の基準で審査を行う。会員数約10万人(直近の年収750万円以上に限定)。登録ヘッドハンター516人。求人情報(年収1000万円以上に限定)6550件。(2012年1月19日現在)2009年4月にグランドオープン。

本件のお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ広報担当
田澤
TEL:
03-6450-5166
Email:
Eメール

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ