1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 平均年収1000万円強のビジネスパーソンが子どもを入れたい大学ランキング

平均年収1000万円強のビジネスパーソンが子どもを入れたい大学ランキング

株式会社ビズリーチ 2011年02月17日

~これからは、グローバル教育がスタンダードに~
平均年収1000万円強のビジネスパーソンが子どもを入れたい大学ランキング
1位ハーバード 2位東大 3位慶應 4位スタンフォード 5位京大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収1000万円以上の求人情報に限定した、日本初の求職者課金型転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、当サイトの会員であるビジネスパーソン739人(平均年収1138万円)に、2011年1月31日から2月6日に、子どもを入れたい大学についてアンケート調査を実施しました。

平均年収1000万円強のビジネスパーソンが子どもを入れたい大学ランキング:1位 ハーバード大学

Q:息子・娘がいるとして、
子どもを入れたい大学は何大学ですか?
順位 企業名
1 ハーバード大学
2 東京大学
3 慶應義塾大学
4 スタンフォード大学
5 京都大学
6 早稲田大学
7 マサチューセッツ工科大学
8 上智大学
9 国際基督教大学
10 オックスフォード大学
11 一橋大学
12 カリフォルニア大学
13 イェール大学
14 ケンブリッジ大学
15 カリフォルニア大学バークレー校
16 東京工業大学
17 コロンビア大学
18 シンガポール国立大学
19 北京大学
20 国際教養大学

※1人あたり3校を回答してもらい、その合計をランキングした

海外の大学がランクイン、グローバル教育がスタンダードに

ビズリーチ代表取締役南壮一郎のコメント

「日本の最高峰の東大を抑え、ハーバード大学が第1位に選ばれました。全体的に海外志向が目立ち、ベスト20位のうち、半数以上の11 校が海外の大学でした。アジアの大学もランクインし、欧米だけでなく、急成長中のアジアにも注目が集まっていることが伺えました。国内の大学でも、上智大学、国際基督教大学、国際教養大学など、日本にいながらにして国際性を身につけられる大学が多くランクインしました。

もはや国内成長が見込めない中、企業は海外に目を向けざるを得なくなっています。また多くの企業は、アジアなど急成長中の国への投資を積極化しています。

そのため、成長分野である海外への人的資源の投資は必然であり、マネジメントの立場で活躍している回答者(平均年収1000万強のビジネスパーソン)は、経済のグローバル化を日々肌で実感しているものと思われます。そのため、自分の子どもには、海外の大学で世界トップレベルの教育を受け、同時に、世界中から集まった一流の人材との交流を通して、将来グローバルに活躍できる人材に育ってほしいという思いが強いようです。今後は、日本でもグローバル教育がスタンダードになっていくのではないでしょうか」

※分析について、ご取材頂けますのでお申し付けください

選んだ理由(主要な意見を抜粋)
  1. 1位 ハーバード大学

    生徒・教員とも世界のトップクラスが集まる環境下で切磋琢磨することで、真にグローバル人材となる。
    授業だけでなく卒業生同志のネットワークが素晴らしく、世界の一流とグローバルな人脈形成ができる。

  2. 2位 東京大学

    やはり日本の大学の頂点であり、東大での人脈は将来財産となる。潤沢な研究費と教育環境がある。
    まずは日本の最高峰で一流の教育環境で勉強してから、大学院は世界でチャレンジすべき。

  3. 3位 慶應義塾大学

    ビジネス界に多大な影響力を持つ経営者を輩出している。卒業生のネットワークがある。ブランド力がある。

  4. 4位 スタンフォード大学

    シリコンバレーと密接な関係があり、産学共同体としての企業と連携が多く、技術、経営、ベンチャーについて学べる。自由な発想を伸ばせるカリキュラムがあり、創造的な卒業生が多いため、ベンチャースピリットを持った人材が集まる。

  5. 5位 京都大学

    最高学府のひとつでもあり、ノーベル賞受賞者を多数輩出している。優秀で精神的にも強い人材が多い。

  6. 6位 早稲田大学

    自由闊達な雰囲気があり、学業、スポーツ、趣味などバランスよく励める。多才な人材を輩出している。

  7. 7位 マサチューセッツ工科大学

    理工学分野で世界最高峰。世界で通用するビジネス感覚を持ったエンジニアを育成している。

  8. 8位 上智大学

    日本にいながら国際的な視野での教育が受けられる。語学教育が優れている。

  9. 9位 国際基督教大学

    非常にユニークなカリキュラムで、日本にいながら国際感覚に触れ、グローバルな教養や異文化を学べる。

  10. 10位 オックスフォード大学

    歴史と伝統がある。個別指導システムがあり、自ら考えること、学問することについて学べる。

調査概要

調査期間 2011年1月31日~2月6日
対象 ビズリーチ会員のビジネスパーソン(平均年収 1138万円): 739名
年齢 20代 2%、30代 18%、40代 44%、50歳以上 36%
男女比 男:女=94%:6%
直近の勤務先の業種 金融・コンサルティング20%、メーカー(電気・電子・機械)19%、
ソフトウェア・インターネット16%、消費財・医療・流通13%、
マスコミ・広告・サービス11%、その他20%

株式会社ビズリーチについて

日本最大級のハイクラス人材の転職サイト「ビズリーチ」(http://www.bizreach.jp/)を運営。日本初の求職者課金型転職サイトでもある。会員、ヘッドハンター、求人情報を年収1000万円以上レベルに限定し、運営事務局が独自の基準で審査を行う。会員数約10万人(直近の年収750万円以上に限定)。登録ヘッドハンター516人。求人情報(年収1000万円以上に限定)6550件。(2012年1月19日現在)2009年4月にグランドオープン。

本件のお問い合わせ先

株式会社ビズリーチ広報担当
田澤
TEL:
03-6450-5166
Email:
Eメール

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ