1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > Twitterでは、アカウントエグゼクティブとアカウントマネージャーを募集中(広告営業職)

Twitterでは、アカウントエグゼクティブとアカウントマネージャーを募集中(広告営業職)

公募本特集の求人は、プレミアムステージにアップグレードしていなくてもビズリーチ会員様はどなたでも応募が可能です。

自らのアイディアと行動力で、企業に革新をもたらすアカウントエグゼクティブとアカウントマネージャー募集
Twitter Japan株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界のすべての人を、その人が大切だと思うことに瞬時につなげる」をミッションに。
Twitterという壮大な情報プラットフォームの可能性をひろげ、社会を変えていく仲間を募集します。

Twitterは世界の「今」とつながります。

Twitterは世界の「今」とつながります。

Twitterには「ツイート」と呼ばれる140文字以下のリアルタイムの情報が、世界各地の人々から集まります。政治経済からエンターテイメント、スポーツなど、自分の興味で他の人たちとつながることができるソーシャルブロードキャスティングです。また、情報収集だけではなく、開かれた場での会話と最新情報の拡散が得意なTwitterは、個人の利用だけではなく、地方自治体などのライフラインツールとしても、企業のマーケティングにも利用されています。

写真ギャラリー

  • セールスディレクター味澤(左)、アカウントマネージャー岡本(右) 対談の様子

    セールスディレクター味澤(左)、アカウントマネージャー岡本(右) 対談の様子

  • 「Twitter」で「世の中を面白くする」仲間を求めています

    「Twitter」で「世の中を面白くする」仲間を求めています

  • Twitter社員の癒しと交流の場となるフリースペース

    Twitter社員の癒しと交流の場となるフリースペース

対談

  • セールスディレクター
    味澤 将宏 Masahiro Ajisawa
    2012年4月、Twitter Japanにセールスディレクターとして入社し、広告ビジネスを統括。Twitter Japanに入社以前は、マイクロソフトのPC及びモバイルディスプレイ広告ビジネスを統括し、マイクロソフト自社オンラインメディア(MSN、Windows Live、Xbox Live, Skype等)での広告事業及び、パートナー媒体社とのアドネットワーク事業のセールス、サービス・オペレーション及び広告プロダクト開発を担当。2000年から2008年まではオグルヴィ・アンド・メイザージャパン㈱にてビジネス・ディレクター、グループ・アカウント・ディレクターとして国内外企業のブランディング、マーケティング・コミュニケーションに関わる。

  • アカウントマネージャー
    岡本 純一 Junichi Okamoto
    2012年8月、Twitter Japanにセールスのアカウントマネージャーとして入社。Twitter Japanに入社以前は、株式会社アサツーディ・ケイに所属。2008年から2010年までは大手自動車メーカーの営業担当として、マス媒体からデジタルメディア業務を経験し、さらにディーラーの店頭施策など、販促周り等も担当。2010年からは株式会社medibaに出向し、モバイル向けアドネットワーク事業のサービスローンチからセールス・パートナー媒体社との提携交渉やオペレーション・プロダクトマネジメントを担当するとともに、海外アライアンスディレクターとしてパートナーとの提携交渉から国内での代理販売等を担当。

「アカウントエグゼクティブ」と「アカウントマネージャー」は具体的にどのような仕事をされているのでしょうか?

味澤: アカウントエグゼクティブの仕事は、Twitterに広告出稿をしていただける新規のクライアント様を開拓すること。アカウントマネージャーはクライアント様に広告戦略を提案し、Twitterの広告商品をオプティマイズしながら運用することで広告効果を最大化させることが使命です。アカウントエグゼクティブの仕事には2種類あり、ひとつは業界・業種別のバーティカルセールス、もうひとつは広告代理店様向けのセールスです。

岡本: 一方、アカウントマネージャーの仕事は、企業課題を解決するための提案営業と言えます。ここ最近Twitterをコミュニケーション戦略の一つとして活用する企業が増えてきましたが、まだまだ使い方に悩まれている企業が多く、コミュニケーションプラットフォームとして活かしきれていないケースが多く見られます。そこでアカウントマネージャーはTwitterができることや今までにない新しい使い方など、企業課題に合わせたプランニングを行い、解決のためのご提案をしていく必要があるのです。

味澤: そうですね。Twitterの広告はいわゆるネイティブアド、つまりツイート自体が広告となるため、単に広告枠を売るのではなくTwitter自体をコミュニケーションプラットフォームとして活用していただくことが重要です。ですから、クライアント様のマーケティング課題を抽出した上で解決策をご提案しています。 たとえば、マスメディアとの連動企画でクライアント様と一緒に取り組んだプロジェクトがありました。オリンピック開催時期に行った、日本コカ・コーラ様のテレビCMとTwitterを連動したキャンペーンで、オリンピックに向けて邁進するスポーツ選手への応援メッセージを“#僕にはできる。”というハッシュタグをつけてツイートしてもらう企画です。始めてみると、オリンピックの応援だけでなく、ユーザー自身のチャレンジ(受験する、彼女を作るなど)をツイートし始め、ユーザー一人ひとりが自身を鼓舞しながら、目標に向かって成し遂げていこうというムーブメントが起こりました。

なるほど、Twitterというプラットフォームは新たな仕掛けを創ることができるのですね。
Twitterならではの商品サービス、他メディアとの違いは、どのような点でしょうか?

岡本: Twitterは興味関心をベースとするプラットフォームなので、面識の無い人同士でも同じ話題で盛り上がることができる力を持っています。たとえるなら、知らない人でもハイタッチをしながら喜びを分かち合う、ワールドカップ日本代表戦直後の渋谷のスクランブル交差点のようなもの。これはTwitterにしかできないことだと思っています。

味澤: たしかに。それから、テレビや紙面よりも情報が早いため、ブランドとの距離が近いのも特徴ですね。これはユーザーが直接つながり、リアルタイムに起きていることを発信しているためです。 Twitterの強みであり他メディアと違う点は、一つはリアルタイムのLive。二つ目は、 オープンで開かれたコミュニケーションプラットフォームという意味のPublic。そして三つ目は、知らない人同士でも会話が生まれる、Conversationalです。

その強みを活かした成功事例を他にも教えていただけますか?

岡本: ユーザーを巻き込んだキャンペーンを実施したことで、ツイッター内でのクライアント様のブランド好感度が上がったという事例があります。ブランドを応援するツイートが増え、よりファンとのリレーションを強いものにできました。Twitterは、広告に接触したユーザーだけでなく、そのユーザーのフォロワーにも影響を与え、“バズ”を生むことができます。この仕組みを活用し、さまざまなキャンペーンを展開しているのです。 たとえば、富士重工業様が実施した”FORESTER LIVE”という、FORESTERが五大陸を渡って10万キロ走破を目指すキャンペーン事例があります。ちょうど中間点の5万キロを達成したタイミングで、何かソーシャル上で盛り上がりを演出したいとのことで、”FORESTER 1台プレゼント”というキャンペーンを実施しました。具体的には、”#力を合わせクルマ当てろ”というハッシュタグが一定量ツイートされることで、FORESTERを1台プレゼントするという企画です。こちらでTwitterの広告商品をご利用いただいたところ、目標としていた25,000ツイートを2週間のキャンペーン期間でしっかりと達成し、大きな盛り上がりをみせることができました。Twitterの特長の一つである”拡散力”を活用したTwitterならではのキャンペーンを実施したことで、ソーシャル上で盛り上がりを醸成したいというお客様の本質的な課題の解決につながりました。こういった形でお客様と向き合い、理解し、それに対して斬新な発想力で課題解決力が求められる場面が多くあります。

クライアント様とパートナーシップをもってやり遂げるのは、営業ならではの面白さであると思いますが、御社ならではの醍醐味ややりがいは何でしょうか? また、活躍できるのはどのような人でしょうか?

味澤: まだまだ当社は立ち上げの段階ですので、「自分たちでサービスを創っていける」ことが醍醐味ですね。これから参画する人に求めることはセルフスターターであること。つまり自分で気づいて自分で始めることができる人です。岡本は良い例で、自分の仕事以外でも自分から動いてプロジェクトを立ち上げています。たとえば、Twitterはグローバルプラットフォームですが、日本から海外に広告配信をしようとする企業は少ないのが現状です。しかし、岡本はそういった需要を掘り起すプロジェクトを立ち上げ、海外展開しようとしているクライアント様を巻き込み、成果をあげています。自分の仕事の枠にとらわれずに、提案して実行できる人にとっては面白い環境だと思います。

手を挙げた人にはチャンスが溢れている環境なのですね!

味澤: はい、今はみんながアイディアを出して新しいことをスピーディーに始めていくフェーズです。まだまだプロセスから創っている途中ですので、この状況をエキサイティングだと思える方が向いています。プロセスが整っていて決められた範囲だけを担当し、そこで評価されることが好きな方には向いていないと思います。

岡本: そうですね。アカウントマネージャーに関しては、Twitterを活用して課題を解決するための提案を行うため、ある程度インターネット広告について理解のある方が良いですね。アドネットワークなどは近しい商品圏だと思います。人物像としては、情報に敏感な人や想像力豊かな人。Twitterの新しい使い方について自由に発想でき、面白いと思うアイディアが思い浮かぶような人を求めています。しっかりと顧客に向き合って、抽出した課題に対して自分の持っている力で解決する。足りない部分は周りを巻き込んで解決する。それができる人が現場で活躍できると思います。

部門責任者よりメッセージ

セールスディレクター 味澤 将宏 Masahiro Ajisawa
セールスディレクター
味澤 将宏 Masahiro Ajisawa

セールスディレクター味澤から 140字のメッセージ

CEOのDickはRevenue is Oxygenと言っています。
Twitterが社会的に意義のあるインフラであり続けるために、ビジネス面で一緒に支えていける人を求めています。広告ビジネスを日本で立ち上げていく、そのチャレンジを一緒に楽しみましょう。

応募職種

  • Account Executive, DSO (Tokyo)

    広告主のマーケティングゴールに到達するためにTwitterの広告商品をどのように活用できるかを広告主、及び代理店と協力しながらビジネスを構築していきます

    詳細を見る

  • Account Manager, DSO (Tokyo)

    アカウントエグゼクティブと協力し、クライアント様へ最適な提案、運用、アカウント管理を行います

    詳細を見る

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    17,000件以上
  • 会員数
    30万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    800人以上

多数企業がビズリーチで採用決定-企業人事と直接知り合える-

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに1,800社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ