1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】楽天株式会社

【公募】楽天株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【公募】楽天株式会社

会社の新たな成長を担う、次世代コア事業の人材を募集

今年、楽天は新たなビジョンとして「グローバル イノベーション カンパニー」として成長を目指すことを掲げました。そこで、グループ内で躍進が期待されるアドソリューションズ事業と新サービス開発カンパニーでは、グループのビジョン実現に携わる新たな人材を募集します。

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2016年11月24日(木)~ 2016年12月21日(水)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

激変しつつあるデジタル広告分野で、楽天がさらなる成長を目指すために必要な新人材を募集

アドソリューションズ事業 ディレクター 林正樹
アドソリューションズ事業 ディレクター
林正樹

アドソリューションズ事業は、「楽天市場」をはじめとした楽天グループが運営しているさまざまなメディアから抽出されるビッグデータを活用した、広告プロダクトあるいは新規事業の開発を担っています。広告クライアントの種別としては、楽天市場に出店されている店舗の皆様、「楽天トラベル」でいえばホテルや旅館の皆様が挙げられます。そして、今後さらに注力していきたいと考えているのが、当社が持っている膨大なデータを活用したさまざまなソリューション提供を通じた、大手家電メーカー様や自動車メーカー様といったブランド広告主様に対するビジネス展開です。

楽天グループ全体が展開している広告ビジネスにおいてコアとなるのが、楽天グループが有している1億を超えるIDとそこにひもづけられたさまざまな属性データです。これらのデータは、他の大手インターネット企業が持っているデータと比較すると、2つの大きな特徴があります。1つは、これらのデータがeコマースにひもづいていることで、その対象がどの地域に住んでいるかなどのデータが非常に正確であること。もう1つは、個々のデータが常に具体的な消費に結びついていることです。1億を超える膨大な量、正確さ、そして消費に結びついている具体性、この3つを組み合わせて、広告主様が求める新たなニーズにこたえるソリューションを提供することが、私たちのミッションです。

これまで、楽天グループのコアビジネスは「楽天市場」でした。しかし今後は、IDにひもづくビッグデータをコアに据えたうえで、EC、金融、新規事業、そして広告といった方向にかじを切っていこうとしています。

こうしたなかで、デジタル広告分野は今、大きな転換期を迎えており、そのビジネス環境は劇的に変化しつつあります。この潮流のなかで、楽天グループが持っているIDのデータをはじめとしたさまざまな資産を活用し、私たちは世界トップクラスの広告ビジネスを作ろうとしています。もちろんそこでは、新旧の巨大なプレーヤーたちとの激しい競争が待ち受けていますが、それに対して本気でチャレンジしていきます。これは楽天グループとしての意志であり、私たちアドソリューションズ事業のビジョンでもあるのです。

今回の募集について

アドソリューションズ事業 ディレクター アド事業部 ジェネラルマネージャー/林正樹

楽天では従来のコア事業であるeコマースに加え、近年、成長著しいFinTech(オンライン金融)事業とともに、事業の屋台骨となることが期待されているのがアドソリューションズ事業です。同様に、新サービス開発カンパニーについても、楽天グループの次の柱となるようなサービス開発が求められています。そこで今回は、この2つの事業に携わる、新たな人材を募集します。

求める人物像

アドソリューションズ事業では、世界のマーケティングを変えるというミッションを共有できる、熱意とチャレンジ精神のある人材を求めています。加えて、生活者の視点があることも重要です。それらがあれば、広告ビジネスの経験や特定の技術資格などの条件は問いません。
新サービス開発カンパニーでは、プロジェクトリーダーとなる「シニア」とそれを支える「メンバー」、2つの軸で人材を求めています。「シニア」については、コンサルティングの経験やMBA取得者など、経営全般に対する知見や興味のある方を歓迎します。「メンバー」については、何らかの専門性を持ちながらも、多種多様なタスクに対し自発的に動ける人材を求めています。

得られるキャリア価値

アドソリューションズ事業では、デジタル広告分野における時代の大きな節目である今、楽天が持つ1億IDのビッグデータを武器に、新しい何かを作っていく経験ができます。それは何にも代えがたい貴重なキャリアであり、歴史的な体験になるはずです。
新サービス開発カンパニーでの経験は、起業活動そのものです。それはベテランの「シニア」クラスでも、「メンバー」クラスの若きビジネスパーソンでも、起業家マインドを持っている人にとっては、またとない経験を積むことのできる、ビジネスチャンスといえるでしょう。

希代の起業家のもとで、世界を変える新規事業開発に携わる

新サービス開発カンパニー 事業企画部 ジェネラルマネージャー 兼ドローンプロジェクト推進課 シニアマネージャー 向井秀明

新サービス開発カンパニー
事業企画部 ジェネラルマネージャー
兼ドローンプロジェクト推進課
シニアマネージャー
向井秀明

新サービス開発カンパニーは、その名前の通り、楽天グループがこれまでやっていない新しい事業やサービス、あるいは楽天が行うことで事業としてのバリューが生まれ、社会的にもプラスになるようなものを、ゼロから作っていこう、というのがミッションです。以前は新サービス開発室という形だったものが、この7月から新サービス開発カンパニーとなりました。

これまでの取り組みは多岐にわたりますが、例えばスマートフォンにカードリーダーを挿すだけで、クレジットカードの決済ができるようになる「楽天スマートペイ」(現在「楽ペイ」に名称変更)は、現在、国内ナンバー1のシェアとなっています。これは、新サービス開発室から立ち上げたサービスです。また最近注目されているものでは、出品手数料無料のフリマアプリである「ラクマ」や、eコマースにおける配送も視野に入れたドローンによる配送サービスである「そら楽」などがあります。

新サービス開発という仕事の最大の魅力は、まったくゼロの状態から、人々の暮らしを便利にしたり、世の中を変えたりするイノベーションを事業として形にし、それを世の中に送り出して成長させられることです。これはまさに、起業活動そのものといえるでしょう。それを、楽天グループが持っている多彩な資産を使ってできるというのは、大変にやりがいのある仕事だと自負しています。

さらにもう1つ、新サービスの立ち上げは、必ず社長直下に位置する常務直属の組織で、社長に直接報告しながら進めます。日本を代表する起業家である当社会長兼社長の三木谷から、直接フィードバックをもらいながら、新事業立ち上げという起業経験を積めるというのは、他の業務にはない大変大きな魅力ではないでしょうか。

募集職種

企業概要

楽天株式会社

設立 1997年2月7日
資本金 203,587百万円
(2015年12月31日現在)
従業員数 単体 5,138名、
連結 12,981名
(2015年12月31日現在)
※ 使用人兼務取締役、派遣社員およびアルバイトを除く就業人員ベース

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    141000件以上
  • 会員数
    1660000人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    3400人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに11000を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ