1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】Piccolo株式会社

【公募】Piccolo株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【公募】Piccolo株式会社

子どもたちが初めて触れるスマートデバイス。
「21世紀の最高の文房具」をつくる

「Piccolo」は、子どもたちの創造性を伸ばして、未来のイノベーターへと導くような「21世紀の最高の文房具」をつくろうとしています。数年後に世界中の子どもたちが当たり前に使っているようなデバイスとサービスを、一緒に形にしませんか?

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2015年10月8日(木)~ 2015年11月4日(水)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

Piccoloは、「21世紀の最高の文房具」をつくります

1~2歳の子どもがスマートフォンやタブレットを触り、いつの間にかタッチ操作を覚えて動画サイトを見るようになる。そして、やがては家の中でゲーム機に夢中になる――。はたして、子どもたちが初めて触れるデバイスが、大人と同じスマートフォンやタブレット、ゲーム機で本当に良いのでしょうか?

そんな、子どもたちが初めて触れるスマートデバイスとして、私たちが導き出した答えは、子どもたちの創造性を刺激して未来のイノベーターへと導くような「21世紀の最高の文房具」。世界中の子どもたちにとっての新しい体験を提供するため、まったくのゼロから、ハードウエア、ソフトウエア、アプリケーション、クラウドの企画・開発を行っています。

現在シリコンバレーでは、若い人が生み出す新しいアイデアや発想が注目され、またそれが大きな成功につながりやすくなりつつあります。だからこそ、より多くの子どもたちが新しいアイデアを生み出すスキルを身につけられるようなモノをつくりたいと考えました。

外で好きなものや興味のあるものを見つけて記録に残したり、おうちに帰ってそれらについて調べたり、まとめたり、友だちに教えてあげたり。そうして得た知識や体験などをもとに何かを創作したり。これまで鉛筆やノート、虫眼鏡などの文房具を使って行っていたこうした遊びや学びを21世紀的に拡張し、デジタルとネットを最大限に活用したスマートデバイスと周辺機器、アプリケーションを開発します。外で使うときは携帯しやすく写真や映像も撮影できる形、おうちで使うときは大きな画面に映し出してさまざまな作業がしやすい形。それはとても直感的に操作でき、子どもたちは誰でもクリエーターになれるのです。「なぜ?」と思ったことを深掘りできるツールや、自分でつくったクリエーティブな作品を世界中の子どもたちと共有できる機能、自分が学んだことを他の人に教えられるアプリケーションなども開発します。

また、最初からグローバル規模での展開を想定しており、これまで自分の情報を発信したり世界の情報を受け取ったりできなかった子どもたちにも、この新しい「文房具」を使って世界を広げてほしいと思っています。リリースから数年以内には、世界中の子どもたちが当たり前に使うデバイスになることを目指します。

スマートフォンのアプリケーション内で完結するものでも、ゲーム機でもない。リアルの世界で家族と一緒に遊びながら、創造性や発想力、さまざまな知識などが養われるデバイスを通じて、私たちは未来をつくります。ぜひ一緒に、イノベーションを起こしませんか。

社員を含めた、Piccoloにかかわるすべての家族を幸せにしたい

Piccoloは、「ユーザーにとって最高の体験ができるモノが完成するまで世に出さない」というこだわりをもって、モノづくりに取り組んでいる会社です。妥協しないモノづくりができるのは、Piccoloの良いところだと思っています。そのために最高の仲間たちと十分な体制を作りたいと考えています。

また、Piccoloは子どもとその家族、周りのコミュニティーが幸せになれるようなモノづくりを目指しており、社員の家族も例外ではありません。社員の育児を支援するため、ベビーシッターを無料で自宅に派遣する「ベビーシッター制度」の導入を検討するなど、働きやすい環境づくりにも前向きに取り組んでいます。子どもや家族が安心して暮らせることは、社員が思い切り活躍するためにも必要なことです。制度や仕組みはまだまだつくっている最中なので、ぜひ一緒に働きやすい会社や風土にしていきましょう。

Piccoloのメンバーを一部ご紹介します

  • 取締役/Co-Founder/CCO 宮田人司

    取締役/Co-Founder/CCO 宮田人司
    いつの時代も、世界中の子どもたちが未来を創り出してきました。私たちは、その未来をより楽しく豊かなものにしていくために、子どもたちの生活に寄り添い、創造力を刺激し、クリエーティブな側面を育む製品づくりを目指しています。

    学生時代よりミュージシャンとして活動し、1989年に起業。93年よりインターネット事業およびデザインなどを開始。日本初のネットゲームを開発したほか、映像作品の監督やプロデューサーとしても活躍。また金沢大学客員教授も務める。

    受賞歴:広告音楽競技會「最優秀編曲賞」、AMDアワード「最優秀技術賞」、AMDアワード「ミレニアム特別賞」、アニメーション神戸「作品賞」

  • Co-Founder/Producer 牧田恵里

    Co-Founder/Producer 牧田恵里
    たくさんのテクノロジーに囲まれている今だからこそ、子どもたちが触れていくべきものは何なのかをあらためて考え、形にすべきです。また、それを提供してあげられるのは、私たち大人です。テクノロジーを通じて、子どもたちが素晴らしい体験をできるようなサービスを一緒につくりましょう。

    大学在学中、日本のフラッシュカードメーカーを親会社として版権事業を行う、東南アジア企業との合弁会社を設立し、代表取締役社長を務める。その後、サンフランシスコにてソーシャルゲーム事業のプロダクトマネージャーとしてゲームの企画、開発、運用を行う。日本へ帰国後、2013年7月よりMOVIDA JAPAN株式会社に参画。2014年7月にPiccolo株式会社の立ち上げに参画し、現在に至る。

  • Co-Founder/企画統括責任者 平野友康

    Co-Founder/企画統括責任者 平野友康
    この仕事は、「親子の時間をデザインする」ということだと思います。僕らのプロダクトを手に取った子どもたちは、たくさんの時間をPiccoloと過ごすことになります。世界の美しさや不思議さを知り、友と出会い語りあう。テクノロジーはそのためにあると僕らは信じています。やりがいのあるプロジェクトです。一緒に未来をつくりましょう。

    1998年より、VJソフト「motion dive」を皮切りに多数のソフトウエアをリリース。またラジオパーソナリティーや書籍執筆などでも活躍。

    受賞歴:グッドデザイン賞「金賞」「中小企業庁長官特別賞」、文化庁メディア芸術祭「優秀賞」、AMDアワード「Best Programmer賞」、マルチメディアグランプリ・新しい才能の部「優秀賞」など多数

今回の募集について

Piccoloがチャレンジする領域は多岐にわたります。先端技術の調査から実際に組み込むための技術の構築、子どもたちにとって最高のUX(ユーザーエクスペリエンス)を生み出すためのデザイン、ソフトウエアの開発、そして大規模なクラウド運営まで、さまざまなジャンルに挑んでいます。そのため、テクノロジーやデザインの世界から高いスキルを持ったメンバーが集ってきています。また、グローバルな事業化のためのマーケティングや営業のチームも必要ですし、私たちのデバイスを使った体験ができるリアルな場の企画・運営なども展開するため、あらゆるジャンルの人材を求めています。

文化・風土

Piccoloは、2014年に設立されたばかりのスタートアップです。さまざまな業界で実績を挙げた人が国内外から参加しており、東京、福岡、金沢、ハワイ、台北といったロケーションで業務にあたっています。場所は離れていても、大きなひとつのチームとして、今までにない画期的なモノをつくり出し、子どもたちに最高の体験を提供しようと日夜努力しています。

人事採用責任者からのメッセージ

人事採用責任者/藤村聡

人事採用責任者/藤村聡

私は20年間、メーカーのソフトウエア開発部門に勤め、初めての転職でPiccoloに加わりました。今までの経験を生かしながら、新しいことに挑戦したいと思っていたときに、社長の孫泰蔵と話す機会を得られたことが入社のきっかけです。

今回、ぜひ加わっていただきたいのは、常識にとらわれず、また思い込みや決め付けをせずにモノづくりをしたい方、そしてプロダクトに情熱を注げる方です。ハードウエア、ソフトウエア、アプリケーション、クラウドをゼロからつくり、今までにないプロダクトをグローバルに展開していく事業なので、とにかくやりがいが大きく面白い環境だと思います。

大手企業なら数百人の事業部で開発するようなプロジェクトですが、私たちはそれを数十人のチームで実現させようとしています。ですから、一人で何役も経験できますし、さまざまな業務にチャレンジできます。やりたかったことや、実現させたかったことを形にできる会社だと思っていますので、ここで共に最高の製品をつくり、最高の会社をつくっていきましょう。

募集職種

勤務地問わず ※リモート勤務可

企業概要

Piccolo株式会社

事業内容
子ども向け電子機器の製造・販売
ミッション・ビジョン
子どもたちのイノベーターとしての素養を磨くこと
良いアイデアは一瞬で世界中に広まり、誰でも技術開発ができる時代がやってきます。だからこれからの時代にもっとも必要とされるのは、世界を良い方向へ変えるためのイノベーションを起こすことができる人だとわたしたちは考えています。
設立 2014年7月31日
資本金 1億3,000万円
社員数 10名
平均年齢 32.6歳

応募について

本求人は、ビズリーチ上での成約実績が豊富な志水雄一郎氏(ビズリーチスコア:5点満点中4.21および2014ビズリーチ「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」受賞の優良ヘッドハンター)率いる、インターネット/IoTビジネスに特化した転職支援エージェント「NET jinzai bank」が担当いたします。
ご応募・ご質問は、全てNET jinzai bankにて対応いたします。ご応募・ご質問をお待ちしております。

NET jinzai bankコメント

Piccolo社は、孫泰蔵氏をはじめとして、国内外の有名女性起業家や有名クリエイターといった著名な人物が続々と参画し、グローバルに仕掛ける注目の知育IoTベンチャーです。

全世界に向けた「子どもたちのための究極の未来の文房具」の創造という非常に良質なテーマ設定、スタートアップ企業としてはかなり大きな資本金水準、世界最大規模の台湾メーカーグループが開発・製造を全面バックアップするなど、成功するための方程式が存在するプロジェクトです。

お子様をお持ちの方、特に母親としての視点でビジネスに取り組める方には最適な環境かもしれません。

NET jinzai bankは、ステルス期間中からPiccolo社の人材採用を全面的に支援してまいりました。

「ユニコーンクラブ」(時価総額10億ドルを超える企業)入りが有望視され、日本を代表するプロジェクトとなる可能性も高いPiccolo社でのキャリアに、NET jinzai bankがナビゲートしてまいります。

皆様からの積極的なご相談・ご応募をお待ちしております。

ネットジンザイバンク志水雄一郎氏

  • 4.21
  • 志水 雄一郎
  • ネットジンザイバンク(株式会社セントメディア)
    • 東京都
    • 慶應義塾大学 環境情報学部
  • IT・インターネットメーカーエンターテインメント

このアイコンは、年間を通して最も優れた成績を残したヘッドハンター1名に贈られる、最も名誉ある賞ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー受賞者であることを表します。

  • オープンエントリー
  • 応募書類をヘッドハンターが確認
  • ヘッドハンターが求人を紹介

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    49,000件以上
  • 会員数
    54万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,300人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに3,900社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ