1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【特別企画】NEDOが将来のメガベンチャーを育成すべく、研究開発型ベンチャー企業の起業家候補を募集

【特別企画】NEDOが将来のメガベンチャーを育成すべく、研究開発型ベンチャー企業の起業家候補を募集

公募本特集の求人は、プレミアムステージにアップグレードしていなくてもビズリーチ会員様はどなたでも応募が可能です。

目指すは日本経済の活性化。NEDOは起業家候補にビジネスプラン作成の助言、一人あたり650万円/年程度の人件費、一チームあたり1,500万円以内/年の活動費を最大2年間支援します。
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

本特集の求人の募集は終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年度よりスタートした『NEDOプラットフォーム事業』は、日本でまだ成功例の少ない研究開発型ベンチャー企業の育成支援を行います。今回は、本事業を活用して起業を目指す起業家候補を募集します。将来的にメガベンチャーを目指す技術と熱意をもった方からのご応募をお待ちしています。

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の概要

NEDOの位置づけの図

1970年代に世界を襲った2度のオイルショック。エネルギーの多様化が求められる中、新たなエネルギー開発の先導役として1980年にNEDOが誕生しました。のちに産業技術に関する研究開発業務が追加され、今、NEDOは、エネルギー・地球環境問題の解決と、産業技術の国際競争力強化のミッションを持ち、日本最大の技術開発推進機関として、様々な場面で活躍しています。特に近年、次世代の日本を代表するような企業や技術を育成すべく、育成支援事業に力を注いでいます。

『NEDOプラットフォーム事業』とは

日本の課題

現在および未来に向けて、日本では少子高齢化が進み、今後、国内需要の縮小や労働人口の減少による経済の停滞が起こる可能性があります。このような状況を打破し、日本経済全体の成長と活性化を図るためには、新しいビジネスモデルや技術を有し、ビジネスリスクをとって新事業に挑戦するベンチャー企業の創出・成長が不可欠です。

しかしながら、わが国においては、新しいビジネスモデルや技術を創造・開発できる起業家が少ないのが実態です。加えて、ベンチャーキャピタル、大企業、インキュベーター等から構築されるベンチャーエコシステムが未発達であることから、優れた技術シーズが存在しても、それらを起業に結びつけ、成功まで導くに至らないケースが数多くあります。

『NEDOプラットフォーム事業』が目指すこと

この状況を受けNEDOでは、今年度より「研究開発型ベンチャー支援事業」を開始しました。日本のベンチャーエコシステムで不足している"躊躇している起業家のタマゴの背中を押すような支援"を実践し、ベンチャー企業の開業率向上を目指すとともに、将来のメガベンチャーを生み出すことに挑戦します。

具体的には、技術シーズをもとに起業を志す方(スタートアップイノベーター、個人又は2~3名のチームを想定、応募資格はNEDOホームページをご覧下さい)に対し、事業化を支援する専属の専門人材(カタライザー)を配してビジネスプラン作成のための助言を行うほか、一人あたり650万円/年程度を上限とした人件費、一チームあたり1,500万円以内/年の活動費(試作品製作、市場調査等)を最大2年間支援します。

また、既にベンチャー企業を立ち上げている方に対しても、その技術の実用化、事業化に向けてビジネスプランに磨きをかけるための相談・助言提供サービスを別途開始する予定です。最終的には、新事業の買い手・投資元となる大企業・金融機関・ベンチャーキャピタル等に対してビジネスプランのプレゼンテーションを行い、マッチングを図るための発表会(デモ・デイ)の機会を提供します。

優れた技術シーズをお持ちの方、起業・事業拡大という刺激的な取り組みをNEDOと始めてみませんか?

NEDOイノベーション推進部長 久木田からのメッセージ

NEDOイノベーション推進部長 久木田
NEDOイノベーション推進部長 久木田

日本経済の活性化を図るためにはベンチャー企業の創出・育成が不可欠ですが、日本では未だその環境が十分整っているとは言えません。そこでNEDOでは、特にビジネスリスクの高い研究開発型ベンチャー企業の立ち上げを総合的に後押しする「NEDOプラットフォーム」を立ち上げました。

「NEDOプラットフォーム」は、起業家候補の皆さんがベンチャー立ち上げに集中できるよう、資金面での支援を実施いたします。また市場ニーズや競合分析などビジネスにおいて求められるポイントを押さえて事業を成功に導くため、起業経験や投資実績を有する専門家によるビジネスプラン作成の強力なサポートを行い、一緒になってビジネスへの道筋をつけます。加えて、潜在的な投資家・ユーザ企業等とのマッチングを実施するなど、シームレスな支援をいたします。

私は、ベンチャー企業を成功させるためには起業家候補の皆さんの「熱意」はもちろんのこと、「覚悟」が不可欠であると考えます。誰も実現したことのないような新しい事業にも果敢に挑戦する意欲をお持ちの方は、ぜひご応募ください。我々とともに、次のメガベンチャー創出を目指しましょう。

経済産業省産業技術環境局技術振興課長 牧野からのメッセージ

経済産業省産業技術環境局技術振興課長 牧野
経済産業省産業技術環境局技術振興課長 牧野

アベノミクス効果により、我が国の経済は上向いています。しかし、我々の前には少子高齢化をはじめとする未曾有の課題が立ちはだかっています。これらを乗り越え、日本をさらに力強く成長させていくためには、個人個人が従来の延長線上にはない新たな発想をもって立ち向かっていくことが必要です。

ベンチャー企業は、経済社会の中で、新たな着想や新たな概念から新たな価値を創造する、すなわちイノベーションを生み出すことが期待される存在です。我が国が世界に誇る技術力をビジネスに結びつけ、「技術で勝ってビジネスでも勝つ」日本に変えていくためには、多種多様なイノベーションが次々と生み出されなければなりません。

このたび研究開発型ベンチャーを起業し、世の中にイノベーションを起こそうとする挑戦者を、技術シーズとビジネスの「橋渡し」機関であるNEDOが強力に支援する「NEDOプラットフォーム事業」を立ち上げました。

私たちは、世界で活躍するメガベンチャーを生み出したいと考えています。技術シーズを活用して起業に挑戦しようとする方は、ぜひこの事業に応募してください。ぴかぴか光るイノベーションの種を見つけられることを楽しみにしています。

応募職種

  • 研究開発型ベンチャー企業 起業家(スタートアップイノベーター)

    (本案件は別途NEDOへの正式応募が必要となります。)

    詳細を見る

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    22,000件以上
  • 会員数
    32万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    900人以上

多数企業がビズリーチで採用決定-企業人事と直接知り合える-

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに2,200社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ