1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】キリン株式会社

【公募】キリン株式会社

【公募】キリン株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティング改革で、キリンは新たなステージへ

キリングループは2014年1月、キリンビール、メルシャン、キリンビバレッジ3社の国内綜合飲料事業を統括するキリン株式会社にデジタルマーケティング室を設立しました。デジタルを活用した新しいお客様体験を生み出す新生キリンへの変革をもたらすデジタルマーケッターを募集します。

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2015年1月15日(木)~ 2015年2月12日(木)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

デジタルマーケティングで変革する。キリンのチャレンジが始まる

日本国内の飲料業界は、マーケティング手法として伝統的なマス広告を中心に活動しており、他業界や海外と比較すると、デジタルマーケティング領域は大きな遅れをとっています。以前と違い、消費者はさまざまなデバイス、メディアから情報を取得し、商品を選択しています。企業もビッグデータ、BIツールを駆使して意思決定を行うようになり、Webマーケティングのみならずデジタルマーケティングは、一気にマーケティング領域の主役に躍り出ました。

キリングループは2014年1月にデジタルマーケティング室を新設し、この領域への取り組みを強化していきます。
これまでの商品ブランド単位での活動に加え、キリンブランド全体を俯瞰した活動を並行的に進めることで、お客様とのつながり強化を目指します。デジタルマーケティング室は、キリングループの事業会社各社が持つさまざまなビッグデータを駆使し、大きな裁量を持ってグループ全体の価値創造に取り組むことが可能になりました。

デジタルマーケティング室の第1弾企画となったのが「一番搾リング」です。これは、360度全方位撮影可能なカメラを期間限定店舗に設置し、お客様が多くの仲間で「乾杯の輪」を撮影、その写真(右上のイメージ)をSNSで拡散するというもの。これにより、お客様へ新しい楽しみ方をご提案し、キリンをアピールすることができました。

デジタルマーケティングで重視するのは、お客様にいかにキリンのファンになっていただけるか、キリンの商品を選択していただけるか、です。その指標として、LTV(ライフタイムバリュー)とNPS(ネットプロモータースコア)をKPIとして重視しています。「一番搾リング」はほんの一例ですが、柔軟な思考でさまざまな手法を駆使し、顧客にアピールしていかなければなりません。

キリングループはいま、大きく変わろうとしており、新しい手法を積極的に取り入れていく意識が非常に高まっています。私たちが探しているのは、「デジタルマーケティングでキリンを変える」というくらいの、高い意欲と専門性をもつ仲間です。一緒に新しいことに挑戦し、キリンブランドの価値を高めていきましょう。

今回の募集について

キリングループの国内綜合飲料事業におけるデジタルマーケティング推進のため、2014年1月、上記事業を統轄するキリン株式会社にデジタルマーケティング室を設立しました。同室に国内綜合飲料事業のデジタルマーケティング機能を集約することで、進化の速いデジタルマーケティング領域における、お客様への新たな価値提供に挑戦していきます。今回は、その推進力となるチームのマネージャー候補とメンバーを募集します。

求める人物像

当社は、デジタルマーケッターに必要な要素は3つあると考えています。
それは、「多様なメディアの活用」「コミュニケーション・プランニングと運用」「アドテクノロジー」。
複数の領域へのチャレンジを実現できる旺盛な好奇心を期待しております。

また、大きな裁量でさまざまなパートナー、ステークホルダーと協働します。現場感をもち、チーム・キリンで新しい「キリン」を創造することに興味がある方を求めています。キリングループは商品開発、製造、営業と多くの人材がバトンをつなぎ、ひとつの商品をお客様にお届けしており、デジタルマーケティング室は、その後方支援を全力で行います。もっとも必要になる能力は、このチーム意識と商品への愛着といえるでしょう。

  • 「一番搾リング」では、360度全方位を撮れるカメラで、乾杯の輪をドラマチックに演出
  • 本社2階のコミュニケーションスペース「ココニワ」には、世界の飲料も展示
  • 「ココニワ」に展示されたキリンヒストリー。飲料を中心に食生活史とキリンの歴史を紹介

現場担当者からのメッセージ

CSV本部 デジタルマーケティング室 デジタルマーケティング担当 主査/上代 晃久

CSV本部 デジタルマーケティング室 デジタルマーケティング担当 主査/上代 晃久

私はこの10月に外資系ソフトウェア企業から転職してきました。デジタルマーケティングのフィールドとしてキリンを選んだのは、毎日目の前にある商品をマーケティングする魅力にひかれたからです。いまや誰もが手にデジタルデバイスを持つ時代で、今後はスマホだけでなく、ありとあらゆるものがデバイス化される世の中がやってきます。そうした多種多様なデバイスを介してお客様の心に語りかけるキリンのデジタルマーケティングは、非常にやりがいのある仕事だと思いました。

デジタルマーケティングは新しいマーケティング手法であるにもかかわらず、新しいチャレンジをせずに、費用対効果ばかりを追い求めたオペレーションが多いと感じています。効率を追求することも大切ですが、デジタルマーケティングにはまだまだ未開拓のフィールドが広がっているのですから、まずそこに挑戦していくべきです。その点当社は、いまある常識を疑い、新しい考え方を生み出せるオリジナリティーを重要視していますので、最先端のデジタルマーケティングにチャレンジできると思います。

実際、入社して数ケ月働いてみて、価値のあるアイデアなら周囲の社員が自発的にサポートしてくれるので、誰もがチャレンジしやすい企業風土があると感じています。1人のアイデアでも、その周囲にいる縦・横の組織のつながりが助けとなり突破口がどんどん開いていくため、大組織でありながら意思決定スピードは速いと思います。だから、周囲と連携して仕事を進めることに慣れている方にとっては、今までにない斬新なマーケティング手法を積極的に提案していけるでしょう。

そして、キリンの持つビッグデータで新しいチャレンジを仕掛けるのは、マーケッターにとって大きな魅力だと思います。お客様が本当に望んでいることは何なのかを巨大なデータから読み取り、キリンへのエンゲージメントを高めるため、毎日のコミュニケーションを進化させていくのが、私たちの役目です。

時代の最先端を行くデジタルマーケティング室こそ、変革期にあるキリンに革新をもたらせると信じています。新たなキリンの創生に挑戦してみたいという方のご応募をお待ちしています。

募集職種

企業概要

キリン株式会社

事業内容
"あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていく。"という理念のもと、キリンビール社、メルシャン社、キリンビバレッジ社、キリン社が酒類事業、飲料事業の垣根を越えて一体となって、日本の綜合飲料事業を展開しています。お客様や社会の声に耳を傾け、さまざまなライフスタイルや価値観に合う商品・サービスを提供することを通じて、新しい価値を共に創っていきます。また、安全・安心を追求し、おいしさにこだわることで、お客様から信頼されるものづくりを目指します。
ミッション
あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていく。
ビジョン
日本をいちばん元気にする、飲料のリーディングカンパニーになる。
設立 2013年1月1日
資本金 5億円
社員数 870人
(2013年12月31日時点)

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    30,000件以上
  • 会員数
    40万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,100人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに2,800社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ