1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 日本初の官民協働グローバル人材育成事業「トビタテ!留学JAPAN」のコアメンバー募集

日本初の官民協働グローバル人材育成事業「トビタテ!留学JAPAN」のコアメンバー募集

公募本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

~全ての意欲ある若者に留学の機会を! 新たなALL JAPANでの取り組み~
官民協働で2020年までに海外留学する学生を倍増させ、グローバル人材へと育て上げる国家プロジェクト
日本の未来を担う学生のために、新しい力が必要です
独立行政法人 日本学生支援機構

本特集の求人の募集は終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンにおいてグローバル人材の重要性が高まっていく一方で、日本人の海外留学者数は減少の一途をたどり、2004年~2010年までの6年間で30%減少しています。そこで文部科学省は2013年、官民協働でグローバル人材を育成する日本初のプロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」を発足しました。2020年までに海外に留学する学生の倍増、および新たな留学文化づくりに着手しています。そのコアプロジェクトは、民間企業から200億円の寄附を募り、学生自らの思い・計画での実践的な留学の実現を支援するものです。日本代表生と呼ばれるエヴァンジェリスト(留学の機運づくりの伝道師)10,000人の輩出を目標に始動し、初年度は約300名の一期生を59カ国に派遣しました。大義に共感・賛同する企業は100社を超え、開始1年で100億円の寄附の目途が立っています。学生の選考、留学前後の研修、インターンシップ、広報支援、効果測定等の企画・実行の各場面では民間からノウハウの提供や人的支援をいただき、まさに産官学一体となってプロジェクトが促進されています。

官民協働でグローバル人材を育成。意欲と能力あるすべての若者の実践的な留学を支援しています

「トビタテ!留学JAPAN」は、意欲と能力あるすべての若者に機会を与えることを念頭に、日本に留学文化をつくり、2020年までに高校・大学生の海外留学を計18万人/年に倍増させることを目指しています。このビジョンに共感していただいた民間企業には、奨学金等の経済的支援や学生の選考などに加わっていただいており、まさに官民一体となって日本の将来を担う人材を育成していく国家プロジェクトであるといえます。

このビジョンの実現に必要なのは、留学自体の魅力を増やすこと。ただ語学を学びに行くだけではなく、現地でのインターンシップ体験など実践を通して学べる留学機会の支援に力を入れています。「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では、「新興国コース」や「自然科学系、複合・融合系人材コース」「地域人材コース」「多様性人材コース」等、戦略的に国家および産業界が求める、より実践的な学びを実現できるコースを準備しています。さらに、帰国後も学生と企業の連携プロジェクトを企画するなど、息の長いフォローを行い、地球規模で物事を考えられるグローバル人材を育成していきます。

事業初年度の今期(平成26年度)は、1,700人の応募があり、選考の結果323人が第一期生に選ばれました。一方で、巨大プロジェクトを20数名という少人数で立ち上げた経緯もあり、第二期である来年度以降強化する必要がある点も明確になりました。特に人材育成の観点で、留学前・中・後のマイルストーンをしっかり設計する必要があると感じており、留学中の学生の相談に乗るメンター制度の改善や事前・事後の研修企画は優先度の高い強化ポイントです。

来年度、さらに次年度へと良いサイクルをつくり、社会的意義の大きなこのプロジェクトを成功へと推し進めていくためには、高い志とともに段取り力や調整力、課題発見力といったビジネスプロフェッショナルのスキルと経験が必要です。日本の将来を担う若者のために、あなたの力を貸してください。

プロジェクトに参画したメンバーの声

日本の将来を担う人材を育てる――。自分のすべてを賭けてもいい仕事だと思いました

日本学生支援機構 グローバル人材育成部 グローバル人材育成企画課/荒畦悟
日本学生支援機構 グローバル人材育成部 グローバル人材育成企画課/荒畦悟

私のキャリアを簡単に振り返ると、まず大学時代、学生団体アイセックで海外インターンシップ事業の運営を経験。卒業後は、人材事業会社、専門商社、外資系IT企業の3社で約13年間、一貫して採用に携わり学生たちと触れ合ってきました。

「トビタテ!留学JAPAN」の求人をビズリーチ上で見つけたのは、ちょうど1年前。求人を見た瞬間、「これまでの経験はこのためにあったのかもしれない」と思うほど自分のキャリアと重なり合うものを感じて即応募しました。

そう思えた理由に、前職の外資系IT企業での実体験があります。留学したことがなく海外経験に乏しかった私は、英語さえ話せればもっと会社へ貢献できるのに……という悔しい思いや、国境を超えた人材の流動化を実感したのです。日本法人の募集に海外から応募が殺到するのに対し、日本人の応募が少ないという事実を、外資系企業の採用担当として目の当たりにし、大きな危機感を覚えました。この先、近隣諸国は日本を飛び越え、日本は取り残されてしまうかもしれない。そんな思いが「トビタテ!留学JAPAN」の理念と重なりました。

「トビタテ!留学JAPAN」への参画は、官民協働の国家プロジェクトが持つ大義や影響力を考えると、100年に一度といえるほどの大チャンスでした。加えて、自分のなかにあった日本の将来への危機感と、「日本の将来を担う人材の育成」という志のある仕事というのが決め手となり、私はいまここにいます。民間企業と比べると、意思決定フローの違いはありますが、それ以外は大差ありません。少数精鋭で一人ひとりが広範囲をカバーしながら主体的に仕事に取り組む職場環境はベンチャー企業と似ているかもしれませんね。

さまざまな実績を積まれてきた皆さんのなかには、やりがいを基準に仕事を選びたい方は多いと思います。海外に遅れを取っている日本のグローバル化に危機感を持たれている方もいるでしょう。官民協働で取り組む国家プロジェクトは、そうした「やりがい転職」にふさわしいキャリアです。日本の将来のために高い志をもって、一緒に働きませんか。

業務内容

研修企画(プロジェクトマネジメント職)

留学効果を最大化するための、留学の事前・事後に実施する研修の企画・運営、および留学中の学生をフォローするメンタリング制度などの教育プラットフォームの企画・構築・運営。

業務内容

  • 研修およびメンター制度の企画
  • 運営の設計、委託先、会場、講演者等の手配
  • 受講者および大学等への諸連絡
  • 教育プラットフォームの企画、運営全般

求める人物像

  • 留学経験者
  • 研修設計経験者(人事経験者など)
  • プロジェクトマネジメント経験があり、仮説を立てて関連部署と連携し調整できる方
  • 研修・イベント企画から当日の実施までの運営ができる方

留学生ネットワーク(プロジェクトマネジメント職)

支援が決まった学生に対する、学生間交流や支援企業との接点構築等、ステークホルダーにとって価値となるイベントや情報システムの企画・運営。

業務内容

  • 留学報告会などのイベントの企画・運営
  • 交流用情報システムの企画・運営
  • 留学生と支援企業の接点となる施策の企画

求める人物像

  • イベントの実施を含めた、コミュニティ開発・運営に関わったことがある方
  • プロジェクトマネジメント経験があり、仮説を立てて関連部署と連携し、調整できる方
  • コミュニティ企画ができ、ステークホルダーを巻き込める方

地域人材コース(プロジェクトマネジメント職)

地域の活性化に貢献するリーダー候補育成を目的とした地域人材コースの設計と実施運営。

業務内容

  • コース設計(募集要項の策定等)
  • 地域の募集・選定
  • 選定地域への実施フォロー(プログラム実施支援・奨学金支給等)

求める人物像

  • 地域の企業・大学・自治体に接し、本制度に対する興味を喚起し、巻き込んで行ける方
  • 地域の活性化に強い思いをお持ちの方
  • プロジェクトマネジメント経験があり、仮説を立てて関連部署と連携し、調整できる方
  • インターンシップに関する知見のある方

学生募集・選考(プロジェクトマネジメント職)

日本代表プログラムの応募者を増加させるための施策の企画・運営と、応募者選考の設計、選考審査の企画・運営。

業務内容

  • 学生・教職員向け説明会の企画・運営
  • 学生選考の仕組みづくりと評価項目の設計
  • 書面審査・面接審査の企画・運営

求める人物像

  • 採用業務経験のある方(説明会設計、実施、選考)
  • 若者の留学促進に対する思いのある方

高校生コース

高校生を対象とした高校生コースの実施運営。

業務内容

  • 学生募集・選考の運用
  • 事前研修・報告会の運用
  • 奨学金の支給、学生からの問い合わせ対応
  • 帰国者ネットワークの運用

求める人物像

  • Word、Excel、PowerPointなどが使え、事務的なサポート業務が得意な方
  • マルチタスク業務が可能な方

ファンドレイジングおよび支援企業サポート

寄附依頼企業および支援企業のフォロー・企画提案。

業務内容

  • 寄附依頼企業・支援企業へのフォロー
  • 支援企業に対するニーズヒアリングおよび新規企画提案

求める人物像

  • 法人営業の経験がある方
  • 提案営業の経験があれば尚可

広報

留学生倍増を目的に、留学機運醸成に向けた施策の企画・運営。

業務内容

  • 制作物(HP・パンフレット等)のディレクション
  • 広告代理店との折衝
  • 取材対応およびウェブサイト・SNS更新

求める人物像

  • 留学生倍増という目標に意欲をもって取り組める方

全職種で共通して求める人物像

  • 社会人経験3年以上(必須)
  • 次に掲げる事項のうち、5つに当てはまること

1,国家的なプロジェクトへの取り組みに対し、大志を抱き、情熱を持っている

2,若いときに海外で経験を積むことに対し、強い意義を感じている

3,新規プロジェクトにおいて機動力をもって自ら汗を流し、柔軟に動き、対応する力を持っている

4,企画立案力(書類作成含む)があり、実行まで1人で遂行できる力を持っている

5,未知の領域においても、積極的に問題を解決しようという姿勢があり、責任をもって業務を遂行できる

6,多くの関係者とスムーズにコミュニケーションを取れるインターパーソナルスキルを有する(外部のパートナーを有効活用する巻き込み力も含む)

7,海外経験

挑めるフィールド

日本初の官民協働グローバル人材育成事業ですから、その大義や影響力を見れば、貴重なフィールドといえます。すでに教育や人材育成の分野で活躍されている方だけでなく、異なる分野からのキャリア・チェンジを考えている方にも、チャレンジングでやりがいのある環境になるでしょう。また、ここでの経験をさらに次のキャリアに生かしたいと考える方にとっては、その選択肢は一企業にとどまらず、国家規模の社会的意義のある挑戦につながるようなフィールドまで広がると思います。

得られるキャリア価値

文部科学省の大臣と接点を持ち、幹部とは毎週会議を重ねます。国を動かす方々と意見交換できるというのは、得難い経験です。文部科学省内をはじめ、全国の大学の学長クラス、100社を超える支援企業の要職にある方々、研修の講演や広報物に登場していただく協力者など、国家プロジェクトの大義の元でつながる一流人材のネットワークは、将来のキャリアに生きる強力な武器になるでしょう。また、プロジェクトチームは、文部科学省と日本学生支援機構職員、企業からの出向者・転職者、大学の職員により構成されており、多様でダイナミックな異文化体験ができること、最高の学びの場となることをお約束します。

このポジションの魅力・価値

年間目標1,000人の若者を海外に送り出すために、全国の多くの教育関係者や何千何万という若者と接することになります。自分が関わった若者が海外経験を積み、帰国後も成長を続け、日本を背負って立つような存在になっていく。その過程を自ら企画に携わり、自ら手を施し、そして見届ける。時間がたてばたつほど、働く価値を感じていただける仕事です。未来ある若者と接することは刺激的で、この仕事ならではの醍醐味だと思います。

  • 写真ギャラリー01
    下村大臣と懇親する日本代表プログラム一期生たち
  • 写真ギャラリー02
    未来ある若者を1人でも多く海外へ送り出し、グローバル人材へと成長させましょう
  • 写真ギャラリー03
    1人でも多くの若者に、日本では得られない経験をしてもらうのが仕事です

代表からのメッセージ

「広い視野」と「高い視座」を持たせるために、1人でも多くの若者を海外へ羽ばたかせましょう

文部科学省 官民協働 海外留学創出プロジェクト プロジェクトリーダー/船橋力
文部科学省 官民協働
海外留学創出プロジェクト
プロジェクトディレクター
日本学生支援機構 グローバル人材育成部 部長/船橋力

海外留学に出る日本人は2004年から2010年までの6年間で約30%も減っています。世界がグローバル化していくなかで、この現状を打破するためには、社会全体が当事者意識をもって取り組む必要があります。そこで、意欲あるすべての若者に海外留学の機会を提供し、新たな留学文化を創出することを目的に、官民協働によるALL JAPANでのグローバル人材育成の取り組み「トビタテ!留学JAPAN」プロジェクトが誕生しました。

本プロジェクトは、2020年までに海外留学する学生を倍増させることをターゲットとし、まずはコア人材となる10,000人の日本代表学生を輩出するために民間企業から200億円の寄附を集めることを目指しています。

グローバル人材へ成長するには、「広い視野」と「高い視座」が必要だと考えます。このプロジェクトではまず、AWAY体験を多く積むことによって自らのアイデンティティを知ること、そのために留学中はとことん多様な体験・異文化体験を通し“視野”を広げることに徹するよう指導しています。そして帰国後は、“視座”を高め、社会への貢献意識を持ち、自ら日本と世界の課題を考え、行動できるようなリーダーシップを育てていきたいと考えています。留学だけで終わるのではなく、長期的なスパンで成長を見つめるプログラム設計をしています。

私自身、父の仕事の関係で幼少期と高校時代を南米で過ごすなど、早くから異文化に触れ、多様な価値観を見てきました。数々の楽しい経験や修羅場体験のおかげで、自らがタフになっただけでなく、日本や日本人である自分自身を知り、客観視できるようになり、自身の道標やアイデンティティを確立していく上で非常に大きな意味があったと感じています。

今後、ますますグローバル化が加速する世界のなかでは、より多くの若者が世界に触れる人生を送るでしょう。そんな彼らのために、このプロジェクトを通して一人でも多く海外へと羽ばたかせたい。少しでも早く海外に触れる機会を創出したい。そうして彼らが10年後、20年後に日本を牽引していくリーダーとなることを、心から願っています。

官民一丸となった社会的意義の大きなこのチャレンジに、私たちと一緒に取り組んでくださる方をお待ちしています。

応募職種

  • 研修企画(プロジェクトマネジメント職)

    留学効果を最大化するための、留学の事前・事後に実施する研修の企画・運営、および留学中の学生をフォローするメンタリング制度などの教育プラットフォームの企画・構築・運営。

    詳細を見る

  • 留学生ネットワーク(プロジェクトマネジメント職)

    支援が決まった学生に対する、学生間交流や支援企業との接点構築等、ステークホルダーにとって価値となるイベントや情報システムの企画・運営。

    詳細を見る

  • 地域人材コース(プロジェクトマネジメント職)

    地域の活性化に貢献するリーダー候補育成を目的とした地域人材コースの設計と実施運営。

    詳細を見る

  • 学生 募集・選考(プロジェクトマネジメント職)

    日本代表プログラムの応募者を増加させるための施策の企画・運営と、応募者選考の設計、選考審査の企画・運営。

    詳細を見る

  • 高校生コース

    高校生を対象とした高校生コースの実施運営。

    詳細を見る

  • ファンドレイジングおよび支援企業サポート

    寄附依頼企業および支援企業のフォロー・企画提案。

    詳細を見る

  • 広報

    留学生倍増を目的に、留学機運醸成に向けた施策の企画・運営。

    詳細を見る

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    29,000件以上
  • 会員数
    39万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,100人以上

多数企業がビズリーチで採用決定-企業人事と直接知り合える-

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに2,700社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ