1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本アイ・ビー・エム株式会社

お客様の全社戦略を実現する「ビジネスコンサルタント」

Watsonなど、他社に先んじたテクノロジーを用い、個々の業務改善にとどまらず、経営視点での最適化を実現。今はまだない技術をイメージした提案機会もあります。日本の多様な現場の強みを引き出し、よみがえらせるビジネスコンサルティングです。

本ページの求人の募集は終了しました。

募集期間:
2018年5月10日(木)〜 2018年6月6日(水)

本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

アイディアを具現化して提供し、お客様の事業に貢献する

IBMのもつ50以上のテクノロジーを駆使して、改革の「デザイン」を推し進める

理事 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 IoT&ビジネストランスフォーメーション 寺門 正人
理事
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
IoT&ビジネストランスフォーメーション
寺門 正人

従来のビジネスコンサルティングは、単純にお客様の競合環境や業務ニーズのみを捉えて改善を図るものでした。ですがIBMで現在進めているのは、今後現れるであろう技術も含め、将来実現すると予想される世界観のもと提案をし、場合によってはお客様とアライアンスを組んで足りない部分を補いつつ、サービス提供していくというもの。そうした、ビジネスを見渡し全体像を描く「デザイン力」と、従来の「業務改善力」がバランスよく求められています。

つまり、これまでのようにお客様にヒアリングし、対話をして、課題を見つけ、提案するだけではなく、新しいテクノロジーの可能性を示唆しながら、現場からも経営者からもいまだ業務課題として認識されていない事案について、お客様の気づきをリードできるようになっているわけです。

テクノロジーといえば、IBMではやはりWatsonへの期待が大きいですが、実はわれわれは、それも含めて50以上もの有用なテクノロジーによる変革を提案しています。「グランド・デザイン・アプローチ」と呼んでいますが、センシング、可視化、数値解析、音声認識、音響解析、テキスト解析、最適化シミュレーション、ディープラーニング、それらを支えるインフラやハードウエアといったテクノロジーの一つ一つの活用に長けた研究者がいますので、お客様の業態や業務領域、現状、目指す姿などによってわれわれコンサルタントが相性を考えて帯同し、実際にお客様と話をしていきながら今後の展開をともに考えていくようなスタイルです。

それによる効果も、精度やスピードの向上、範囲の拡張、予知・予測の実現などさまざまあります。また、従来はその効果が、改革を実施した調達や工場など部門内にとどまっていたのに対し、現在ではシナジーが他部門へと波及していくような提案がほとんどです。全体のつながりを見渡して、経営者視点でテクノロジーを提供するというアプローチなのです。

今回の募集について

今回募集するビジネスコンサルティングでは、個々の業務プロセスを磨き上げる業務改善力と、経営全体を見渡して全体最適を考えられるデザイン力の両方でお客様の事業に貢献していきます。現在在籍しているメンバーのバックボーンは、IBMの製造現場経験者や、研究所出身で特定のテクノロジーの専門家、製造業の生産管理や調達業務および金融・サービス業の各種業務プロセス経験者、ビジネスコンサルタント、ITアーキテクト、データサイエンティストなど広範です。自身の技術とキャラクターに誇りをもつ専門家が互いの違いを尊重しながら個々の強みを生かす「野武士集団」といった環境で、より経営視点でお客様の現場改善、改革を推し進めていく仕事です。

求める人物像

お客様の産業における現場の事情に通じ、製造業であれば熟練工の経験・スキルなど、本質的な価値をわかったうえでコンサルティングを行えることが大切です。業務プロセスの詳細に会話が及ぶこともしばしばなので、自分の経験・知識からお客様の領域にイメージを広げて提案できる、深さと広さが必要でしょう。そして、IBMのもつ広範なテクノロジーによってその効率化、汎用化を推し進めるうえでは、業務のつながりやシナジーにまで思いをはせて、全体をパワーアップさせるために必要なテクノロジーやそれに必要な社内外の人材・資源をコーディネートできるような、主体性をもったコンサルティングを行っていける人材が求められます。

得られるキャリア価値

各種コンサルタント・研究者といった人材や、テクノロジーに裏打ちされたサービスメニューなどのバリエーション豊かなIBMでは、さまざまな化学反応を起こせる面白さがあります。第4次産業革命といわれる今、さまざまな企業が技術革新へのモチベーションを高め、投資モードとなっています。そこで、IBMとしてテクノロジーを生かした改革の青写真を推進していく経験を得ることができます。また、経済産業省と協力し、製造立国として再活性化を見据えた活動のほか、人工知能(AI)を活用した次世代超高速開発では世界に先駆けている部分もあり、通常とは逆に日本発ソリューションとして注目されています。このような国レベルに及ぶスケールはIBMならではでしょう。

「匠(たくみ)」の力を数値化、データ化することで誰もがアクセスしやすく

理事 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 IoT&ビジネストランスフォーメーション 寺門 正人

グローバル・ビジネス・サービス事業本部では、さまざまな業種のお客様に対して業務改革支援を行っています。その際、現場では現行業務の棚卸しから関わっていきますが、業種ごとの特性や商習慣になじみ、理解したうえで最適なソリューションを描くことが大切です。

たとえば製造業では、熟練工のノウハウや暗黙知といったものに価値がありますが、熟練工の五感の情報をセンサリングして、ディープラーニングで認識させることで、匠の技術の継承、汎用(はんよう)化が実現できます。また、こうした技術は長年書きためられてきた製造日報やヒヤリハット報告書などに記録されていますので、テキストとしてデータ化し、ビッグデータとして利用価値を高めることなども、Watsonの得意とするところです。

こうした、日本企業ならではの良さがテクノロジーによってデータ化、数値化されることで、たとえば海外現地法人などでも同じレベルで誰もが優れたアウトプットを生み出すことが可能となります。実際、グローバルでも日本の改革事例が注目され、期待が高まっています。

それ以外の産業でも、たとえば金融業では保険金支払審査にAIを用いてスピードアップや業務効率化を実現。HR領域でも、人材の経歴や志向と配置条件をAIに読み込ませてマッチングさせ、効率的に最適配置のための提案を行います。このように、定型的な作業をデータ化してAIに置き換えることによる改善は、日本の労働力人口減少による人手不足対策や働き方改革など、社会課題の解決につながるソリューションとして、サービス業などにも展開が図られています。

募集職種

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    141000件以上
  • 会員数
    1700000人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    3500人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに11200を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ