1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 【公募】株式会社日立製作所

【公募】株式会社日立製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【公募】株式会社日立製作所

社会インフラを支える日立がITで描く未来予想図とは

人口爆発、高齢化社会、環境汚染、資源の枯渇……私たちを取り巻く社会は21世紀となった今なお、数々の課題を抱えています。こうした社会インフラが内包する課題を、日立はITを活用することでイノベーティブに解決するチャレンジを続けています。
※記事の内容は2016年3月10日時点の情報です。

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2016年3月10日(木)~ 2016年4月6日(水)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

競争から協創へ。日立の社会イノベーションは、世界の価値観まで変えていく

情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 サービスイノベーション統括本部 サービスビジネス本部 本部長/首藤卓馬
情報・通信システム社
ITプラットフォーム事業本部
サービスイノベーション統括本部
サービスビジネス本部 本部長/首藤卓馬

日立製作所は、3年ほど前から「社会イノベーション事業」を推進するという方針を掲げています。世の中にある企業や組織単位で提供できる価値を区切るのではなく、ITによって世の中全体を包括して価値をつなぎあわせる、バリューチェーンを強くしていくという考え方です。都市計画や社会インフラなど、人々の生活に関わる全てをITでつなぎあわせ、無駄なく効率的なエコシステムを創造すること。これが、日立のめざす次なるビジョンです。

これまでのITは作業プロセスの自動化という役割を担うことが多かったかもしれませんが、これからはハードとソフトをつなぐ橋渡し役となり、ビジネスを推進していくことがより強く求められます。今までは活用できなかったデータを細かく分析することで、新しいビジネスの種を見つけ、芽吹かせることができるかもしれないのです。

また日立には100年以上の年月をかけて、日本、そして世界の社会インフラを支え続けてきた実績があります。重電、プラント、建設機械、通信など、さまざまな形で社会インフラを構築、安定稼働させ続けてきた知見やノウハウにITをかけあわせることで重大な社会課題を解決し、社会や人々の暮らしをより良く変えていけるチャンスがあるはずです。

世界人口は増え続ける一方、水や石油、食糧などの資源は有限です。未開拓な分野が多く残されていた20世紀と同じ感覚でいたら、いずれ社会経済は立ちゆかなくなるでしょう。資本主義の限界、競争し続けることへの限界が訪れているのです。そこで大切なのは、社会全体が協調性を持ち、無駄が生じないシェアリングエコシステムを構築すること。「競争」から「協創」への転換です。ITという技術を通じて、社会をより良く変えていく。日立にはこの「協創」を実現させる力があります。

今回の募集について

社会に大きな変化をもたらすイノベーターをめざす日立ですが、実際に働く従業員の個性や考え方は実に多種多様です。デジタルネイティブ世代と、何十年とエンジニアリングを経験してきた従業員が共存し、それぞれの強みを発揮しています。あなたも、日立の一員として、世の中に確かな足跡を残す人材をめざしてみませんか。

求める人物像

多くの従業員に共通しているのは、現状に満足することなく、常に新しさを追求する姿勢です。ITという枠にこだわらず、さまざまな領域の技術者と協力し、対話を重ねながら「社会にイノベーションを巻き起こしていこう!」と協調しながら推進する姿勢が必要とされます。また、日立では業務のなかでも日常的にミッションやビジョンについて議論する機会があります。職位を越え、従業員とコミュニケーションをとる「段飛び懇談会」などはその一例。そうした場でも積極的に自分の意見を発信し、チャレンジを続けられる方を求めています。

得られるキャリア価値

これからのIT事業を担う人材には「モノをつくる力」だけでなく、それをどうビジネスにつなげていくかという発想が必要となります。日立は電気、水道、ガス、交通、ヘルスケア、セキュリティとあらゆる社会インフラに関する知見と技術を有しており、これらをITと結びつけることで真に必要とされる価値を生み出す人材へと成長することが可能です。消費活動の一部に携わるのではなく、社会全体を支え、より良く変えていけるという巨大なスケール感は、日立だからこそ味わえるものです。

社会インフラの要となるITで、社会をよりよいものに

情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 サービスイノベーション統括本部 統合プラットフォームソリューション本部 本部長/荒井弘治

情報・通信システム社
ITプラットフォーム事業本部
サービスイノベーション統括本部
統合プラットフォームソリューション本部
本部長/荒井弘治

情報・通信システム社ITプラットフォーム事業本部は、製品や領域ごとに分かれていたIT部門を統合し、ストレージやサーバ、ミドルウェアなどを丸ごと包括した事業部です。日立グループ全体が持つ製品群とITを掛けあわせることによって、「日立ブランド」として高品質かつ低コストで多種多様なソリューションを提供できる体制を構築。社会に対する、これまでにない価値の提供をめざしています。

例えば鉄道事業一つとっても、車両や鉄道を納品するだけでなく、車両が安全に運行できる管理システムの導入が不可欠です。鉄道を利用する人々が駅構内の売店をどれだけ利用しているのかといった購買情報を収集・分析することも可能ですし、車両の混雑具合や休日の移動距離を見て都市計画のグランドデザインに生かすといった考え方も生まれるでしょう。

そうしたビジネスアナリティクスやコンサルテーションの面でも、外部パートナーに頼るのではなく、日立グループとして一気通貫で行える体制が確立されています。全ての情報が密につながり、それを明確なデータとして引き出せるITには、今後より大きな期待が寄せられることになります。そういった意味では、ITプラットフォーム事業本部は、まさに社会インフラの要として機能する存在だといえるでしょう。

また、北米に拠点を置く現地法人と密に連携をしながらグローバルな視点で次なるITプラットフォームのあり方を検討し、製品やサービス開発につなげています。「日立の技術をもっとグローバルに広げていきたい」。そんな思いでチームメンバーが一丸となり、日々議論を重ねています。

想像がつかないほどのスピードでめまぐるしく変化するこのITビジネスの分野で新しい価値を生み出すために大切にしているのは、多様な価値観、多様な経験。エンジニアが多いことから、「お客様が期待されている効果が出ているのか」「安定したシステムを提供できているのか」など、技術的な観点から成果や実績に徹底的にこだわる風土が根付いていますが、私たちが持ち合わせていない分野での実績・経験に裏付けられる意見は大変参考になります。また、職位や立場に関わらず、自分の考えを伝えることができる組織のフラットさは、これから入社する方にとって溶け込みやすく、力を発揮しやすい風土だと思います。

「社会を自分の手でより良く変えていきたい」。そんな思いを共にできる方は、ぜひご応募ください。

募集職種

企業概要

株式会社日立製作所

ミッション・ビジョン
日立創業者である小平浪平の「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という信念を企業理念として掲げ、100年を超える日立創業の歴史を凝縮した「和・誠・開拓者精神」というバリューを貫いています。日立はグループ全体を通じて、社会が直面する課題にイノベーションで応え、安心・安全でサステナブルな活気あふれる世界をめざしています。
設立 1920年2月1日
(創業1910年)
資本金 458,790百万円
(2015年9月末現在)
売上高 9,761,970百万円
(連結売上高)
従業員数 333,150名
(2015年3月末日現在/連結従業員数)

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    55,000件以上
  • 会員数
    62万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,300人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに4,600社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ