1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 人材育成と組織開発で企業の経営課題を解決する、コンサルタント/ソリューション営業を募集【東名阪】

人材育成と組織開発で企業の経営課題を解決する、コンサルタント/ソリューション営業を募集【東名阪】

公募本特集の求人は、プレミアムステージにアップグレードしていなくてもビズリーチ会員様はどなたでも応募が可能です。

企業経営に深く入り、経営課題の解決・組織開発をサポートするコンサルティング・ソリューション営業を強化し、更なる成長を目指します。
株式会社グロービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材育成の観点から事業展開を行うグロービス。法人向けにサービスを提供するコーポレート・エデュケーション事業は1993年より開始。顧客の経営課題に対するソリューションを提供し、経営パートナーとしての実績を築いています。私たちに共通しているのは「人材こそ、企業の成長ドライバーである」という価値観。「自由と自己責任」を大切にする前向きな組織の中で、社会の創造と変革に挑んでいます。

今回は、その法人向け事業において、「人材・組織変革コンサルタント」と「ソリューション営業」に携わる方を、東京・大阪・名古屋で募集します。人の変革によって顧客の経営課題の解決を行うという刺激的なフィールドでぜひ活躍してください。

企業の経営力強化をサポート

企業の経営力強化をサポート

1992年、グロービスは「ヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会に創造と変革を行う」というビジョンを掲げて創立しました。コーポレート・エデュケーション事業が展開している「法人向け人材育成サービス」では、ビジネススクール運営で培ったノウハウを活かして、人材育成の側面から顧客の経営課題を解決していくためのソリューションを提供しています。具体的には、企業内集合研修などを通じて、国内外で直面する様々な経営課題を自律的に解決できる組織に変革するためのサポート業務を行っています。累計2,000社以上に及ぶ企業への実績を基に、今後さらに多くの顧客に対して、グロービスのサービスをお届していきます。

業務内容

人材・組織変革コンサルタント

組織の変革を成し遂げようとしているリーディングカンパニーに対して、「人・組織」の領域から変革を実現するコンサルティングや、経営層・リーダー層を中心にした研修の設計・実施などを行います。顧客の経営に対して深い洞察を行い、戦略が実際に実行され成果を出すためにはどのような組織課題があるのか、その解決にはどのようなアプローチが求められるのかを経営陣と共に徹底的に考え抜き、その実行フェーズにまで関与していきます。

ソリューション営業

顧客企業の経営や組織、人材の課題を捉えた上で、グロービスが展開する法人向けサービスを提案し、課題解決を推進するパートナーとしてご活躍頂きます。具体的には、ビジネススクール事業やコンサルティング事業で培ったノウハウに基づいて開発された質の高い企業内研修サービスや、グロービス経営大学院への企業派遣などを切り口に、深く顧客に入り込みながらグロービスの魅力を顧客に広く伝えて行く伝道師的な役割です。

写真ギャラリー

  • 入社7年目で人材・組織変革コンサルティング部門のサービス業界チームをマネジメントする内田

    入社7年目で人材・組織変革コンサルティング部門のサービス業界チームをマネジメントする内田

  • ソリューション営業チームに所属しながら、自社のグロービス経営大学院でMBAを目指す池田

    ソリューション営業チームに所属しながら、自社のグロービス経営大学院でMBAを目指す池田

  • 200名収容の大教室では、各界の著名人が登壇するセミナーなどを開催

    200名収容の大教室では、各界の著名人が登壇するセミナーなどを開催

顧客の経営課題の根本を解決することが、私たちのやりがいです

  • グロービス・コーポレート・エデュケーション
    人材・組織変革コンサルティングチーム マネージャー 内田圭亮

    コンサルティングファームとネットベンチャーを経て、現在は企業の人材育成・組織開発のコンサルティング部門のチームリーダーを務める。

  • グロービス・コーポレート・エデュケーション
    ソリューション営業チーム シニア・アソシエイト 池田絵美

    人材総合サービス業を経て、「より企業の人材育成課題に触れたい」との思いから、2013年3月に入社。現在は大阪のソリューション営業チームで、既存顧客の関係構築や新規顧客開拓を行う。

お二人の仕事内容を教えてください

内田: 私のチームは、各業界を牽引するリーディングカンパニーへの人材育成・組織開発のコンサルティングを行っており、現在20社ほどの顧客を担当しています。顧客企業の経営課題に対して、経営層とのディスカッションや、現場の方へのインタビューなどを積み重ねて関係を構築した上で、顧客に最適なソリューションを提供しています。例えば、経営陣や次世代リーダー向けの研修や、自社課題の提案支援、組織文化変革のための議論の場づくりなど、顧客の経営課題に直結した組織や人材育成の課題に対して各種提案を行っています。

池田: 内田のチームが顧客との関係を深める役割の営業であれば、我々の所属するソリューション営業チームは、出会いを広げる役割を担っています。顧客とグロービスとの最初の接点として、まずサービスを体感していただくことを目的に、質の高い研修プログラムやグロービス経営大学院の企業派遣などをご提案しています。既存顧客との関係構築に加え新規顧客の開拓を行うため、お会いする顧客の数は多く、私も現在100社ほど担当しています。

グロービスの強みは何だとお考えですか?

内田: グロービス経営大学院を運営していることは大きな強みのひとつです。大学院の授業で扱ったコンテンツ内容を顧客に展開できますし、顧客と向き合う中で得た経営課題に対する知見から、新たにプログラムを開発して大学院に還流もできます。加えてベンチャーキャピタル部門があるため、ベンチャー企業やスタートアップの動向や知見から提案ができるのも大きな強みですね。

池田: グロービスでは講義型で教える形式をとらず、ディスカッション形式で気付きを引き出すトレーニングを行っています。講義で一方的に学ぶというスタイルとは大きく違っており、双方向のやり取りによって圧倒的に多くの気付きを得ることができることが特徴です。また、グロービスでは、自ら営業やコンサルタントとして活躍しながら、講師をしている者も多いので、顧客が営業やコンサルティングの過程で課題に気付くよう問いかける能力や、潜在的な課題を引き出す能力を持っており、それも強みの一つだと思います。

どのようなところにやりがいを感じていますか?

内田: 私は、企業にとって人材育成や組織開発が最も大切だと考えており、顧客がそれらの課題を解決する力を養うことが、継続的かつ永続的な経営課題の改善につながると信じています。前職では経営コンサルティングを経験しており、システムや戦略の提供だけでは経営課題の根本的な解決にはつながらず、組織や人そのものが変わる必要があると感じていました。自身の信念に沿った道を考えた結果、“人材育成・組織開発”という職務に辿り着き、現在はこの仕事に携われることにやりがいを感じています。また、顧客とは長期的にお付き合いをするため、組織が変化していくのをダイレクトに感じられるのが、励みになっています。

池田: 前職では人材総合サービス業にて人事を経験していましたが、自分の会社であっても、経営者の意思や経営理解を深めて人材育成を行うことは難しいと感じていました。実家である関西へ帰省する際、人事として転職する選択肢もありましたが、人材育成の領域で様々な企業をサポートしたいという強い思いがあったので、グロービスに入社を決めました。現在は多くの企業課題の解決に携われていることに、喜びを感じています。自分の中に課題や解決のヒントといったノウハウがたまってくると、そのナレッジを違う顧客に活かすことができるので、やりがいは大きいです。また、人材育成や組織開発の知見をさらに深めていきたいと考えているのですが、社内にグロービス経営大学院があるので、私は現在働きながら学んでいます。MBAで学んだことを日々の営業活動に活かすことで、企業の経営課題の先にある、顧客の将来を見通す力を身につけられるのが嬉しいです。

今回の募集では、どのような方に応募していただきたいですか?

内田: 人材育成に対する考え方が共有できれば、知識やスキルは多様性があって構わないと思っています。人物像としては、自身で考えて行動できる方。人・組織の側面から変化を促し、経営課題を解決に導くためには、マクロな視点とミクロな視点の両方を持ち合わせることが必要で、それらをつなげて考え、最終的にはソリューションに落とし込む力が求められます。また、自身で考えることに加えて、様々な方から知恵を授かり、最も良い案を顧客に提案することが求められるため、人を巻き込むリーダーシップ力や行動力を持つ方からの応募を期待しています。

池田: 社員の経歴は様々で、人材育成分野と関係のない経歴の方も多くいます。グロービスで活躍できるのは、「機会があれば人は変わることができる」という教育に対する想いを持つ人。今後グロービスは更なる成長を目指していますので、共に新しい方法を模索し、率先してアイデアを提案できる方にご応募いただけたら嬉しいです。

グロービスの社風

内田: グロービスは、前向きで成長意欲やコミュニケーション能力が高く、IQ(知能指数)とEQ(心の知能指数)のバランスが取れた人間的な魅力を持つ人が多いのが特長です。社会に対する人材育成の必要性を理解しているため、全員が意欲的な姿勢で業務にあたっています。

池田: グロービスは、人材育成や組織開発を手掛ける会社ですから、顧客に勝るスピード感で自身も成長し、より顧客に貢献できる存在になりたいという共通認識を社員一人ひとりが持っています。学習意欲や知的好奇心が強く、またお互いをリスペクトし合っているので、情報共有が盛んに行われることはもちろん、何か気になることがあればすぐにアドバイスをしてサポートし合うという風土があります。拠点を超えてもメーリングリストなどでも聞きやすく、互いが気兼ねなく仕事の効率化を行い、価値を高め合う環境が確立しています。

マネジング・ディレクター 井上陽介よりメッセージ

マネジング・ディレクター/井上陽介
マネジング・ディレクター/井上陽介

現在、グロービス経営大学院は日本で最大のビジネススクールとなりましたが、そのノウハウを活かし、コーポレート・エデュケーション事業では約900社の法人顧客に対して様々なソリューションを提供しています。しかし、まだまだ成長段階にあると考えており、我々はコーポレート・ソリューション部門のさらなる組織強化に取り組んでいます。

サービスの特性上、プロダクトアウトの発想では、人材・組織変革コンサルタントやソリューション営業の業務は成り立ちません。従って、顧客の満足を最大化するために、顧客の経営課題や組織・人材の課題に合わせ、最適なサービスを設計する力が必要です。また、顧客としっかり向き合い、サービスの価値を分かりやすく説明する能力も求められます。そのためにも、深い知識や思考力を養うことにやりがいを感じるような、成長意欲が高く、粘り強く考え抜く姿勢を持つ方を採用したいと考えています。

そして、我々が最も大切にしているのは志や想いです。我々の仕事は、人材育成と組織開発を通じて顧客に変革を促し、事業を成功に導く、とても価値のある営みだと考えています。その営みを自身の志や想いと重ね合わせ、世の中や顧客に貢献していきたい方と出会えたら嬉しいです。

応募職種

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    20,000件以上
  • 会員数
    31万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    900人以上

多数企業がビズリーチで採用決定-企業人事と直接知り合える-

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに2,000社※を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ