1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > VC投資先の急成長スタートアップ企業13社が、CXO/経営幹部/事業リーダー候補を募集します

VC投資先の急成長スタートアップ企業13社が、CXO/経営幹部/事業リーダー候補を募集します

VC投資先の急成長スタートアップ企業13社が、CXO/経営幹部/事業リーダー候補を募集します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットジンザイバンク × グロービス・キャピタル・パートナーズ合同企画

優良な急成長スタートアップ企業への投資実績を数多く持つ、日本有数のベンチャーキャピタル「株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ」(以下GCP)。GCPはインターネットビジネスの『見立て屋』として業界内で圧倒的な存在感を示しています。今回は、その投資先の中でも積極的にCXOや経営幹部、事業リーダー候補を募集して急成長を続ける優良ベンチャー企業13社の合同募集を実施します。日本に新しいサービスや産業を生み出そうとしている将来性の高い企業の核となるポジションですので、是非ご応募ください。

なお本応募は、ビズリーチ上での成約実績も豊富な志水雄一郎氏(ビズリーチスコア:5点満点中5点の優良ヘッドハンター)率いる、インターネットビジネスに特化した転職支援エージェント『ネットジンザイバンク』が応募者と各社をつなぐ役割を担当します。当企画に参画される13社すべての現在の求人(非公開求人含む)のなかから最適なマッチングを図ります。

本特集の求人は、プレミアムステージにアップグレードしていなくても
ビズリーチの会員様はどなたでも応募が可能です。

【投資元】株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ Chief Operating Officer 今野穣氏インタビュー

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ Chief Operating Officer今野穣氏インタビュー

将来性の高い急成長スタートアップに投資をしている、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ Chief Operating Officer 今野穣氏に、ベンチャーキャピタル(以下VC)の役割と今回の募集に至った背景についてお話を伺いました。

VCが担う役割を教えてください。

VCが企業に果たす役割は大きく分けて3つあります。1つは「リスクマネーの供給」。投資家からお預かりしたキャッシュを急成長の可能性がある企業へ提供し、日本国内における新しい産業・経済圏の創出を目指しています。2つ目の役割は「経営支援、その中でも最近最も重要と考えているのが、『採用支援』」です。ベンチャー企業は大企業に比べるとどうしても優秀な人材の獲得に難航しがちですが、我々VCの保有する人脈やネットワークを活用し、少しでも採用活動を行いやすい状況を作っています。そして3つ目は「IPO支援」。IPOを何度も経験している経営者はほとんどいませんから、ノウハウのある我々が支援することで、上場に向けての負担を軽減します。また、IPO直前には「3R」、具体的には「HR」・「IR」・「PR」対策の重要度が高まるため、その対策支援も行っています。

他のVCと比べた場合の貴社の強みは何だと思いますか。

強みは、直近3年間で8社におよぶ上場企業の輩出を実現したパフォーマンスの高さだと自負しています。現在は、その成功事例が案件を加速度的に呼び込んでいます。もうひとつは、投資先との距離が近いことです。常に投資先の近くにいることで、具体的な成功体験・失敗体験を蓄積していくことが、我々の潜在的な強みになっています。また、経営はとかく事業作りに意識が集中しがちですが、我々はもう一歩踏み込んで、組織作りも同等に重視しながら支援し続けています。

どのような観点で、投資先企業を見極めていらっしゃいますか。

我々が重視しているのは「人」です。マーケットや競合など企業を取り巻く環境はつねに変化し続けているため、適切なタイミングを逃さず迅速に事業を変え、組織を動かす力がチームにあるかどうかが大切です。経営者には、大局観を持ちつつ的確で迅速な決断力が求められますね。加えて、採用力や巻き込み力があるかどうかも重要な見極めポイントです。必ずしもお金で人材を獲得できるわけではないので、事業や人の魅力を見て判断しています。

スタートアップのベンチャー企業で活躍できるのは、どのような人材でしょうか。

先代の成功ベンチャーにおいて責任や裁量を持っていた方は活躍する可能性が高い傾向にあります。成功体験により勝ち方を理解しているため、その時々で下すべき判断の精度が極めて高いと思います。加えてニーズが高いのは、IT業界以外で活躍した経歴を持つスペシャリストですね。例えば雑誌や流通など、IT以外の分野と結び付くキーマンの獲得は、現在のIT業界における採用トレンドと言えるでしょう。精神面で言えば、考えるより先に動くタイプが向いています。基本的には未経験の出来事ばかりですし、様々なことが起こりうるのがベンチャー企業です。特にCXOや経営幹部ともなれば、リスクを楽しめる方が向いていると思います。

応募される方へのメッセージをお願いします。

日本には、新しい産業を作ってグローバル競争に勝つためのリソースが各国に比べ圧倒的に足りていません。IT業界は変化が激しく、僅かな間で状況が一転してしまいますから、その状況を楽しめる優秀な人材が必要です。スピード感や蓄積される経験値でみれば、ベンチャー企業への参画は決してリスクではなく、むしろプラスの経験と言えるでしょう。
最後に、今回は優良で急成長中のスタートアップを支援したいという想いから、『ネットジンザイバンク』のヘッドハンター志水氏とこのような企画をいたしました。志水氏率いる『ネットジンザイバンク』は募集企業の理解度が極めて高く、場合によっては経営者以上の洞察力でマッチする人材を見極めます。ですから、安心してご応募いただければと思います。

【募集企業】スマートニュース株式会社堅田航平氏インタビュー

スマートニュース株式会社堅田航平氏インタビュー

スマートニュース株式会社/堅田航平

今回合同募集を行う急成長スタートアップ企業を代表して、スマートニュース株式会社で管理部門を統括する堅田航平氏に、自社の魅力と人材募集の背景についてお話を伺いました。

貴社の事業概要と、今後の方向性について教えてください。

弊社が運営している「SmartNews(スマートニュース)」は、スマートフォンなどのスマートデバイスに最適化したニュースアプリです。独自の解析エンジンで、世界中のあらゆるメディアから1日1千万以上のニュース記事を自動で絞り込み、最大1日3回、ユーザーに話題のニュース記事を配信しています。
2014年2月には、アプリのダウンロード数が300万を超え、そのうち3割強が毎日、7割以上が毎月1回使用しています。実は、これほど多くのユーザーが高頻度で使い続けているニュースアプリは、海外を含めても存在しません。
現在はプロダクトを世界最高のものへと磨き上げることに注力していますが、将来的には世界中の良質な情報を必要な人に送り届けることを通して、より良質な情報が生成される空間が継続的に生み出されるエコシステムを創出していきたいと考えています。

事業計画を実現していくために、どのような採用活動を行っていらっしゃいますか。

2014年の年末までには、現状の倍まで社員数を増やしたいと考えています。採用活動の中で重視しているのが、その方が組織にフィットするかどうかです。最初のコアメンバーがその後続く企業の文化や風土に大きく影響すると認識しているので、面接の際は、できる限り多くのメンバーと会っていただくことを大切にしています。世界で勝負できるプロダクトを開発するためには、そこをないがしろにした組織作りはできません。

今、貴社に参画することの魅力とは何でしょうか。

最大の魅力は、『世界一』に挑戦できることです。あと数年で60億台へと膨れ上がると言われるスマートフォン市場において、ニュースカテゴリのNO.1アプリはまだ定まっていません。つまり我々次第で、ニュースアプリで世界一の座を獲得できる可能性があるのです。
また、エンジニアに関して言えば、高いレベルのエンジニアと切磋琢磨しながらプロダクトを作っていけることは大きな魅力だと思います。弊社には、様々なコンペティションで受賞経験を持つ代表の浜本をはじめ、レベルの高いエンジニアが揃っていますし、浜本自身が高いハードルをチームに課しているため、知的刺激を求め、技術を磨き上げたい方にとっては良い環境だと言えます。

応募する方へのメッセージをお願いします。

弊社はフラットな組織の中で、各人の経験やスキルによって新たなポジションが生まれる会社ですから、優秀な方に合わせて組織や役割分担も変えていくような採用活動をしたいと考えています。スキルは必要ですが、我々のサービスに対する愛や関心、今後の組織に対するビジョンへの共感を持ち、可能性に満ち溢れたプロダクトを共に成長させていきたい方からのご応募をお待ちしています。是非、ご自身の熱い想いをぶつけてみませんか。

急成長中のスタートアップ企業13社の求人情報(投資日が直近の企業から掲載しています)

急成長中のスタートアップ企業13社の求人情報(投資日が直近の企業から掲載しています)

写真ギャラリー

応募について

本応募は、ビズリーチ上での成約実績も豊富な志水雄一郎氏(ビズリーチスコア:5点満点中5点の優良ヘッドハンター)率いる、インターネットビジネスに特化した転職支援エージェント『ネットジンザイバンク』が応募者と各社をつなぐ役割を担当します。当企画に参画される13社すべての現在の求人(非公開求人含む)のなかから最適なマッチングを図ります。

ネットジンザイバンク志水雄一郎氏

  • 5.00
  • 志水 雄一郎
  • ネットジンザイバンク(株式会社セントメディア)
    • 東京都
    • 慶應義塾大学 環境情報学部
  • IT・インターネット

このアイコンは、ビズリーチ参画1年目のヘッドハンターのうち、成約数1位の方に贈られる「Outstanding New Performer(ONP賞)」を受賞したヘッドハンターであることを表します。

  • オープンエントリー
  • 応募書類をヘッドハンターが確認
  • ヘッドハンターが求人を紹介

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ