1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

【公募】ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの真のおいしさと楽しみをあらためて日本に伝える挑戦

“サードウェーブコーヒー”の先駆けとして知られるブルーボトルコーヒー。2015年2月、海外初進出となる日本で1号店をオープンさせ、さらなる事業展開を計画しているブルーボトルコーヒージャパン合同会社で、6つの中核ポジションを募集します。

本特集の求人の募集は終了しました。

募集期間:
2015年6月4日(木)~ 2015年6月23日(火)

本特集の求人は、会員ステータスをプレミアムにアップグレードされていなくてもビズリーチ会員であればどなたでも応募が可能です。

コーヒーへのピュアな思いを100%体現したゼロからの店づくり

「おいしいコーヒーをお届けしたい」。これが、私たちがいちばん大切にしているピュアな思いです。
ブルーボトルコーヒーでは、産地や生産方法にこだわった生豆を、毎日必要なぶんだけ焙煎し、バリスタが一杯ずつ手でドリップしています。ワイン好きがソムリエとワイン談義を楽しむように、コーヒーに本物志向を求めるお客様が、バリスタと豆の産地や焙煎方法などのコーヒー談義をして、その人にとっての「完璧な一杯」を楽しむ。そんな、コーヒーが主役の居心地がいい空間を目指しています。

2002年にオークランドで創業し、アメリカでは現在17店舗を展開。そして2015年2月、海外初進出となる日本1号店を東京・清澄白河に、2号店を東京・青山にオープンさせました。

飲食ブランドの海外進出では、現地のビジネスを熟知したパートナー企業とライセンス契約を交わして進めるのが一般的ですが、当社は今回、日本企業と組まずに単独で日本へ進出しました。

その理由は単純明快。ブルーボトルコーヒーは、冒頭で述べた「おいしいコーヒーをお届けしたい」という思いを何よりも大切にしている会社だからです。

パートナー企業と組めば、見知らぬ国でも効率的に事業展開できるかもしれません。しかし、私たちの大切にしている思いが揺らいでしまう恐れがあります。日本のお客様に真のブルーボトルコーヒーを体験してもらうためには、たとえお金や労力を倍かけてでも、私たちの思いを100%浸透させた店をゼロからつくることが大切だと考えたのです。

新店舗のコンセプト設計や運営に、決まったマニュアルはありません。お客様においしいコーヒーをお届けするために、この店舗にやってくるお客様はどんな方で、どんなことを求めていて、何をしたら満足していただけるのか、社員皆がゼロベースで考え、ベストな手法を実行しています。

この方針は、店舗運営に限らず、どの業務にも共通するもの。これを面白いと感じられる方でしたら、今回募集する6つのどのポジションでも、「自分がブルーボトルコーヒーをつくる!」というつもりで、次々と新しい挑戦ができるでしょう。

今回の募集について

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、ブルーボトルコーヒーの日本展開をきっかけに2015年に設立されたばかり。日本での事業を支えていくリテール部門長、新規事業責任者など、6つの中核ポジションを募集します。

募集ポジション概要

  • リテール部門長

    ブルーボトルコーヒーの店舗運営全般を統括する、SV(スーパーバイザー)のようなポジションです。毎週、創業社長のジェームス・フリーマンと密に連絡を取り、ブルーボトルコーヒーの価値観を正しく理解し、それを日本市場に適合させるための施策を企画・実行します。日本でブルーボトルコーヒーをどのように育てていくか、具体的な商品ラインアップやプロモーション手法も考えます。

  • 新規事業責任者

    ブルーボトルコーヒーで行う新規事業のプロジェクトマネージャーです。コーヒー豆のeコマース事業や先日買収を発表したブレッド事業のほか、今後検討されるさまざまな新規事業の立ち上げを責任ある立場で担っていただきます。

    ※その他の求人に関しては、ページ下部の求人リンクをご覧ください。

求める人物像

最重要視しているのは、当社のカルチャーにフィットするかどうかです。
ブルーボトルコーヒーが大切にしている「デリシャスネス」「ホスピタリティ」「サステナビリティ」をはじめ、職責や年齢にとらわれないフラットな人間関係などに、抵抗を感じることなく働ける方を求めています。

  • すべての職種に共通する基礎要件

    ・固定概念にとらわれない柔軟な対応力・思考力・クリエイティビティ

    ・おいしいコーヒーをお客様に届けたいという情熱

  • リテール部門長に求める要件

    ・ビジネスコミュニケーションの取れる流暢な英語力

  • 新規事業責任者に求める要件

    ・eコマース事業立ち上げのディレクション経験がある方(サービスの設計からローンチまで一気通貫でディレクションできる方)

    ・ビジネスコミュニケーションの取れる英語力

挑めるフィールド

私たちはブルーボトルコーヒーを日本で展開して、日本のコーヒー文化を向上させたいと考えています。まずは出店した際に注目を集めることができ、コーヒーに興味を持つ方を少し増やすことができました。次は、「コーヒーは豆の産地までこだわるのが当たり前」という意識が一般的になる世界を目指します。特にリテール部門長のポジションには、店舗ではどんな商品をそろえたらいいのかを考えたり、コーヒーを知るセミナーを開いたり、お客様へ届けるメッセージを考えたりして、ただ店舗でコーヒーを売るだけではない日本のコーヒー文化を盛り上げていく役割を期待しています。

  • 清澄白河店の外観
    清澄白河店の外観
  • 清澄白河店のエントランス
    清澄白河店のエントランス
  • 清澄白河店の内観
    清澄白河店の内観
  • 海外店舗のイメージ
    海外店舗のイメージ

採用責任者からのメッセージ

ビジネスオペレーションズマネージャー/井川沙紀

ビジネスオペレーションズマネージャー
/井川沙紀

ブルーボトルコーヒーは、いわゆる“コーヒーショップ”にとどまらない大きな可能性を秘めています。アメリカでは過去4,600万ドルの出資を受け、さらなる増資の計画も進んでいます。

その資金をもとに、eコマース事業を行う会社や、グラインドした豆の鮮度を保つ技術を持つ特許会社、そしてアメリカで人気のタルティーン ベーカリー&カフェなど、ブルーボトルコーヒーで大事にすることが広がる会社を次々と買収しました。

コーヒーに関する事業だけにとどまらない、こうした動きを今後も模索し、飲食業界にイノベーションを起こすような新しい挑戦をしていきます。任せられる社員には大きな裁量をどんどん与えていく会社ですから、このタイミングで入社すれば、ベンチャー企業らしい、わくわくするような仕事ができることでしょう。

とはいえ、あくまでもブルーボトルコーヒーの根幹は「おいしいコーヒーをお届けしたい」という思いです。おいしいコーヒーをお届けすることによって、日本のお客様のコーヒーやコーヒーを飲むことに対する価値観に変化を起こしていきたいと思っています。

たとえば今回、日本での店舗展開を決めたのは、創業者のジェームスが日本の喫茶文化に心を引きつけられ、日本に出店することを夢見ていたから。日本の良い部分をアメリカに取り入れ、アメリカの良いところを日本に届けることでコーヒー文化を高めたいという、コーヒーへのピュアな思いのもとで活動しているのです。

事業規模は大きくなっても、人間味のある経営スタイルは等身大のコーヒーショップそのものです。このカルチャーのもとで、一緒に事業をつくってみたいという方にぜひ加わっていただきたいです。ご応募お待ちしています。

募集職種

企業概要

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

事業内容
コーヒーを主とした飲食業、eコマース事業など
ビジョン

デリシャスネス:おいしいコーヒーをいれるために、調達から焙煎などあらゆる工程で最善を尽くす、私たちがもっとも大切にしている理念です。

ホスピタリティ:お客様にあらゆる面で満足していただくために、スタッフ全員が立ち居振る舞いや気遣いなどのおもてなしの精神を持って行動しています。

サステナビリティ:最高品質のコーヒー豆の調達先から、店舗で働く従業員、使用する食器類まで、あらゆるものが持続可能であるべきだと考えています。

設立 2015年1月
社員数 24人(正社員)
平均年齢 32歳

ビズリーチについて

BizReach(ビズリーチ)は、エグゼクティブに特化した会員制の転職サイトです。
世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人、企業、ヘッドハンター)を集約することで、最大量の可能性と選択肢から、
もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることが可能です。
詳しくはこちら

ビズリーチを使う3つの理由

  • 掲載求人数(非公開求人を含む)
    37,000件以上
  • 会員数
    46万人以上
  • 登録ヘッドハンター数
    1,200人以上

多数の企業がビズリーチを通して求人募集 ー企業人事と直接知り合えるビズリーチー

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに3,300社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。(※累計)

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ