1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社17Media Japan
  • 株式会社17Media Japan

  • 小野 裕史
  • 東京都港区北青山2丁目12-28青山SEIZANビル2階


    • 会社規模 101-500人
  • インターネットサービス
  • アピールポイント: 創立5年以内 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 外資系企業 女性管理職実績あり シェアトップクラス

会社概要

【事業内容】
2015年台湾で設立され、シリーズA・1千万USドル融資を獲得した17 Media。世界中から注目を集めるシンガポールのソーシャルアプリPaktor(パクトル)グループから巨額の融資も得るなど、現在注目のベンチャー企業だ。
インフィニティ・ベンチャー・パートナーズと台湾本社の共同出資により、2017年6月に17Media Japanが設立された。同社を率いるのが、代表取締役 小野 裕史氏だ。ベンチャーキャピタルの共同代表として国内外にてベンチャー投資を行う傍ら、自らも投資先企業の経営に参画し、これまでグルーポン・ジャパン、サンシャイン牧場のRekoo Japanなど様々な事業創出を行った経験を持つ。

同社が手掛ける事業領域は、ライブ配信だ。ラジオ、テレビ、そしてFacebook、Twitter、Instagram、Youtubeと現在は従来のメディアからSNSやインターネットへと人々の情報源やエンターテイメントがシフトしている。その流れの中で、次の新たなムーブメントとして注目されているのがライブ配信なのだ。

同社が手掛けるライブ配信アプリ「17Live」。
2015年6月にローンチ、10~20代の若者を中心に爆発的にユーザー数を伸ばし、現在は台湾で圧倒的No1クラスの地位を築く。
現在は、台湾以外にも、香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシアなどアジア圏を中心に9ヶ国でグローバルにビジネスを展開。2020年にはアメリカでも正式ローンチを行い、更に事業を展開している。


【ビジネスモデル】
ライバーと呼ばれる「ライブ配信者」とユーザーと呼ばれる「視聴者」で成り立ち、その両者を繋ぐプラットフォームが「17 Live」だ。

収益構造としては、ユーザーがライバーに対してアプリに課金をすることによって購入したバーチャルプレゼントを贈ることができ、そのバーチャルプレゼントの一部が17Media Japanの収益となり、一部がライバーの収入になる。広告収入は一切ない、いわゆる「投げ銭」によりビジネスが成り立っている。

台湾では17Liveだけで月に数千万円を得るライバーも出てきており、既存の業界に頼らない新たなエンターテイメントとしての地位を確立している。


【ライブ配信市場の世界的広がり】
ライブ配信は2010年頃にPC向けのサービスであるニコニコ動画、Ustreamなど既存サービスが一部のユーザーから指示を集めるようになった。
2016年ごろから各SNSがライブ配信を続々とに開始し、世界的にも注目を浴びる市場となっている。

特に中華圏でライブ配信が爆発的な広がりを見せている。
中国本土のライブ配信企業「Momo」は2014年にナスダック上場で時価総額70億ドル(約8000億円)とLIXILや住友化学と同水準で評価されており、すでに四半期3ヶ月で4300億円の売上を誇っている。

中国では、ライブ配信市場はスマホゲーム市場の半分にまで成長していると言われており、日本のスマホゲームがすでに1兆円市場であるとするならば、日本のライブ配信市場も5000億円ほどの規模市場規模になる可能性を秘めている。


【17Mediaの実績と強み】
◆グローバル展開
現在、17Mediaは世界9か国(香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア)にオフィスを構えている。アメリカでも正式ローンチを行い、総社員数は600名以上。
これまで8カ国のapp storeで上位を獲得している。
会社として既にグローバルに展開していることは、ライバーのグローバルな活躍に直結しており、より優れたライバーを獲得できる要素となっている。

◆技術力
台湾本社にライブ配信専門のエンジニアが100名以上在籍している。
17Live内では毎月約500,000時間を上回るライブ配信が行われており、且つスマホ全体で遅延なくライブ配信をするのは非常に高い技術力が必要となる。
また、ライブ配信においてサーバーが重くなることによるフリーズは致命的。
そういったシステムエラーを最小限に抑えることで、高いユーザー満足度に繋がっている。

◆コンテンツ力
17Media Japanにはライバーを直接指導し、サポートをする社員が40名以上在籍しており、クオリティの高いライブ配信を多く配信することができている。
コンテンツのクオリティはユーザー満足やリテンションに大きく関わる事業の要でありながらも、競合他社ではライバーへの直接的なサポートはあまり行われておらず、非常に強い競合優位性となっている。


【17Media Japanの現状】
設立1年半余りではあるが、日本においてもトップクラスの売上高を獲得。
大手芸能事務所とタッグを組んだアイドルユニットのデビュー、大規模イベントの実施などライブ配信の可能性を広げる取り組みにも積極的だ。
しかし、海外の競合他社との比較においてまだまだ規模は小さい。また、日本は台湾の10倍のGDP・5倍の人口にも拘わらず台湾本社の売り上げに追い付いていない。
将来的な市場の可能性、17Mediaとしてのグローバルな成長において日本の売り上げはキーとなっていることからも、更なる成長が期待されている。

成長の為には、まだ未成熟である日本のライブ配信市場を確立させ、新たな「文化」を創造する必要がある。また、その為の組織作りにおいてもまだまだ課題が山積している状況だ。

世界最大規模のライブ配信企業を作り上げ、インターネット産業において世界的なビジネスをリードできる人材を強く求めている。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ