1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 株式会社インヴィニオ
  • 株式会社インヴィニオ

  • 代表取締役社長 土井 哲
  • 東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー16階


    • 資本金 50百万円
    • 会社規模 非公開
  • コンサルティング

会社概要

【設立年月日】1997年7月1日
【代表者】代表取締役社長 土井 哲
【資本金】5,000万円
【本社所在地】東京都港区虎ノ門

【事業内容】
「存在を期待される企業」を目指すクライアントの成長を『組織能力開発』という独自のアプローチによって支援するプロフェッショナルファーム。クライアント企業PurposeやMVV(Mission・Vision・Value)を理解し、差異化のための戦略の明確化、必要となる組織能力の特定と組織デザインまで、戦略・組織・人財のアラインメントを一貫して提供可能な唯一のファームになります。

【代表略歴】
代表取締役 土井 哲
東京⼤学経済学部卒業後、東京銀⾏(現三菱東京UFJ銀⾏)に⼊⾏。MITスローン経営⼤学院にてMBA取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニーへ転職。その 後、株式会社インテラセット設⽴に参加、取締役就任。97年7⽉、株式会社プロアクティア(現インヴィニオ)設⽴に伴い、代表取締役に就任。

【インヴィニオの沿革】
1997年、プロフェッショナル人財の育成を手掛ける株式会社プロアクティア(Proacteer, Inc.)として設⽴。IBPS(Intelligence Business Professional School)を開校し、ベンチャー企業CFO養成等、特徴のあるコンテンツを提供。
2001年、企業変革・次世代経営者育成・新規事業創造といったB2Bサービスに経営資源を集中するために、個⼈向けのIBPSを閉校し、社名を「イノベーション・アンド・イニシアチブ」に変更。国内総合商社における事業創造プロジェクト、グローバルエレクロトにクスメーカーにおけるCVC(ファンド規模100億)運用支援、グローバル素材メーカーにおける歴代社長を継続的に輩出するタレントマネジメントプログラム等の実績を蓄積。
組織文化変革や経営理念浸透、グローバル化等、新たなニーズに対するソリューションの開発を継続すると同時に、拡大したソリューションラインナップと整合性を取るために社名を「インヴィニオ」に変更。

【インヴィニオの特徴】
■⼿法:設立当初より、戦略コンサルティングの手法と人財育成の先端手法を融合させた「アクション・ラーニング」を展開。クライアント企業の実課題を取り上げて修羅場を通過させることによる成果とリーダー人財の同時輩出を実現。(アクションラーニングはインヴィニオの登録商標です)
■国内外のパートナー企業との提携を経て、組織文化変革の観点も取り入れながら、2018年に米国のコンサルティング会社と提携し、「組織能力開発」の手法を構築。大手企業、スタートアップ・新興成長企業の経営チームとの協業を展開中。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

    • 東京都品川区大崎2丁目9-3 大崎ウエストシティビル1階

      • 資本金265百万円
      • 会社規模101-500人
    • コンサルティング

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ