1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 採用企業検索
  4.  > 丸紅洋上風力開発株式会社
  • 丸紅洋上風力開発株式会社

  • 真鍋 寿史
  • 東京都千代田区大手町一丁目4番2号


    • 資本金 50百万円
    • 会社規模 31-100人
  • その他
  • アピールポイント: 創立5年以内 日系グローバル企業 ベンチャー企業 女性管理職実績あり 年間休日120日以上

会社概要

〜〜世界の風で明かりを灯す〜〜
我々は世界の海を舞台に洋上風力発電開発を行うプロフェッショナル集団です。
「洋上風力発電」が脱炭素、かつ、持続可能な社会を作っていくための一つの答えであると信じております。
「2030年までに2GWを超える洋上風力発電所を開発し、洋上風力発電市場のトッププレイヤーとなる」
これが我々のミッションです。
漁業関係者を始めとする地域の皆様と共に洋上風力発電所のあるべき姿を描き、地域経済と環境への貢献を念頭に置きつつ豊かな世界と明るい未来を創出して行きます。

【設立年月】2020年4⽉
【代表者】真鍋 寿史
【資本金】 5,000万円
【従業員数】約40名
【本社所在地】東京都千代⽥区⼤⼿町⼀丁⽬4番2号
【事業内容】国内・海外における洋上風力発電プロジェクトの開発および関連業務

洋上風力発電事業の開発を専門に行う丸紅(株)の100%子会社として、2020年4月に設立。
丸紅(株)は国内実証プロジェクト(福島、北九州)、秋田港・能代港洋上風力発電プロジェクト、Scotwind海域リース権落札など、フロントランナーとしての開発実績・経験を有しています。

【国内における洋上風力の取組み実績】
▼2013年 福島浮体式洋上風力発電 運転開始 2021年 終了
「福島浮体式洋上ウィンドファーム」
・福島県樽葉町沖20㎞沖合に設置、水深約100mに浮体式風車を3基係留、出力規模は14MW。
・本案件について、丸紅社はプロジェクトインテグレーターとして、許認可の取得や事業性評価、運転維持管理及び漁協との共存策の検討を担当。
▼2019年 北九州浮体式洋上風力発電 運転開始
「北九州浮体式洋上風力発電システム」
・北九州市沖15㎞沖合に設置、水深約50mに浮体式風車を1基係留、出力規模は3MW。
・福島県と同様に、プロジェクトの取りまとめと漁協関係者協議を担当。
▼2020年 秋田能代洋上風力発電 建設工事開始
「秋田港・能代港洋上風力発電プロジェクト」
・秋田能代沖に着床式洋上風力発電所を(秋田港13基、能代港20基)建設中。出力規模は約140MW。
・日本国内初の商業ベースでの大型洋上風力発電事業を秋田港、能代港で建設中。
・丸紅社は案件の開発の中心として開発・建設を主導。2015年2月秋田県公募に採択。
・2020年3月建設工事着工。2022年12月の商業運転の開始を目指す。
【海外における洋上風力の取組み実績】
▼2022年 ScotWind 海域リース権益の落札
「ScotWind プロジェクト」
・スコットランドの東側海域、最大設備容量2.6GW、浮体式洋上風力発電。
・世界で開発される大規模浮体式洋上風力発電事業の初期案件の一つとなる見込み。
・英国大手電力会社の子会社SSE Renewables Limitedおよびデンマーク王国投資会社Copenhagen Infrastructure Partners P/Sと丸紅(株)の3社連合で応札したもの。

この企業を見た方は下記企業もチェックしています

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ