1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 内定後の退職交渉の進め方

内定後の退職交渉の進め方

退職交渉の仕方

内定を承諾したら、次に行う大きな仕事は現職の会社との退職交渉です。退職後にビジネスで前職の会社と関わるシーンも出てくるかもしれません。会社の事情や人間関係を意識しながら、円満退社を目指すことが大切です。
また、退職の意思は、周りの同僚に伝える前に、必ず直属の上司に伝えるようにしてください。
退職の話題は想定以上に広まりやすく、周囲に悪影響を与えかねません。まずは直属の上司に、個別に相談するようにしましょう。

退職意思を伝えるタイミング

法的には2週間前に伝えれば退職できることになっています。しかしながら、会社の就業規則で別途定められていることもありますので注意してください。また、最も重要なのは、ご自身の立場や引き継ぎ内容を考慮することです。1~2カ月前を目安に退職意思を伝えると良いでしょう。忙しい時間帯での共有は避け、上司との相談の結果、退職日が決定したら退職願を提出することをおすすめします。

退職交渉でぶつかる壁

退職交渉中にぶつかる壁は、大きくわけて3つあります。

  1. 強い引き止めにあう
  2. 退職願を受け取ってもらえない
  3. 後任者が決まらない

これらの壁にぶつかると転職に迷いが生じるかもしれません。
しかし、そもそもなぜ転職活動を行い、最終的な意思決定を行ったのか。
今後どのような仕事、人生を実現したいのか。ご自身の思いを再確認し、強い意志を持って退職交渉に臨むことをおすすめします。

「後任が見つかるまで辞めないでほしい」「あなたがいなくなると困る」という引き止めはありがたいものですが、ご自身が抜けた穴は必ず埋まるものなのです。

また、退職理由に給与や仕事内容の不満などを伝えてしまった場合、それらを希望通りに改善するから残ってほしいと言われるケースもあります。

お世話になった上司などから食事や飲み会に誘われ、退職を踏みとどまるよう説得されることもあるでしょう。どちらも心苦しく悩んでしまう場面ではありますが、冷静に対応することが大切です。

退職が決定したら

退職願を提出

退職意思を承諾してもらえたら退職願を作成して、上司に手渡しで提出します。
規定のフォーマットがある場合はそちらを利用しますが、社内で決まったものがない場合は自分で作成します。
一般的には、白い封筒と縦書きの便箋を使用し、黒の万年筆またはボールペンで書きます。退職理由には「一身上の都合により」と書き、退職日を記載してください。宛名には上司の名前ではなく社長の名前を書きましょう。

引き継ぎ

業務内容の難しさや後任決定のタイミングなどによって、業務の引き継ぎが思うように進まないことが多々あります。
なるべくスムーズに後任者へ引き継げるよう、転職活動をしながら業務フローをまとめた資料を作るなど、早めの準備がおすすめです。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ