1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 最終面接のポイントとは

最終面接のポイントとは

面接官はその企業の役員や社長が担当することが多いです。基本的には、個人と企業のビジョンや方向性のすり合わせの場といえるでしょう。実務レベルの話ではなく、個人のやりたいことや実現したいことは、企業と合っているのか、どう貢献できるのかなどの話が求められます。社長の経歴や企業の歴史・理念などは改めて確認してから面接に臨むことをおすすめします。

1次・2次面接との違いは

1次、2次面接では、人事担当者や現場担当者が面接官として担当する場合が多いです。
一般的にはこれまでの経験やスキルについての説明が求められます。また、企業側からも業務内容や労働条件の説明を詳しく受ける場合があります。実績や実務経験をきちんと伝えることが大切です。企業の担当者たちが「一緒に働きたい」と感じる場だったかどうかも、その後の選考につながる重要な要素となります。

経営陣との面談のポイント

企業によっては、面接前の面談から役員や社長が担当することもあります。実務レベルの話をすることもありますが、基本的にはビジョンや方向性のすり合わせの場となることが多いでしょう。個人のビジョンが合ったうえで、やりたいことや実現したいことは、企業と合っているのか、どう貢献できるのかという話が求められます。社長の経歴や企業の歴史・理念などは改めて確認していくことをおすすめします。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ