1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > お役立ちコンテンツ
  3.  > ご自身に合ったスカウトを受け取るための「職務経歴書」の書き方

ご自身に合ったスカウトを受け取るための「職務経歴書」の書き方

注目される職務経歴書に仕上げるために

職務経歴書はあなたのプレゼン資料だと考えてください。これまでの経験をただ時系列で書き連ねても、「何のプロフェッショナルであるか」を伝えられなければ意味がありません。まずは「自分は何で成果を出せる人間なのか」を明示したうえで、それを証明する事実を書くことが大切です。

職務要約

職務要約には、「何を行っている会社で」「~年」「何をしたのか」を記載します。ご自身がこれまで「何をやってきたのか」、そのうえで「何ができるのか、何に秀でているのか」が分かるように記載しましょう。実際にビズリーチを利用して転職に成功した方の職務要約の平均文字数は約366文字(*1)です。このデータからも、400字前後で記載することをおすすめします。ポイントは2つです。
(*1)2016年~2018年実績

職務要約のポイント

  1. 経験とその成果は具体的な数字や事実で表現する
  2. 主観的な内容や表現は排除し、客観的に事実を伝える

ポイント(1)経験とその成果は具体的な数字や事実で表現する

  • 新規事業を立ち上げた
  • PMとしてプロジェクトメンバー10名をマネジメントしながら新規事業を立ち上げ、2年間で10億円の売り上げを達成した

ポイント(2)主観的な内容や表現は排除し、客観的に事実を伝える

    • ~に関心があります/~と自負しております/~に抜擢されました
    • これまでのキャリアを生かせる環境を探しております
    • 2カ月で1億円の売り上げに貢献し、社長賞を受賞した
    • 事業をゼロから立ち上げ、半年間で黒字化に成功した

スキル

スキルには、ビジネスプロフェッショナルとしてこれまで身につけたテクニカルスキル(*2)とポータブルスキル(*3)などをまとめて記載します。5~10個程度設定することを推奨しています。ご自身の経歴を振り返り、アピールしたいものを選んで記載しましょう。多すぎると、要約力がなく、優先順位がつけられていないような印象を与える可能性がありますので注意してください。

  • ・新規事業立ち上げにあたっての戦略立案・策定能力
  • ・事業立ち上げ・製品開発にあたっての組織マネジメント能力
  • ・リスティング広告の運用経験
  • ・継続的な業績向上のための営業戦略立案能力
  • ・ファイナンスの知見を生かした経営課題の分析力
  • ・大規模システム開発におけるプロジェクト管理能力

(*2)テクニカルスキルとは
特定の業界や職種で必要とされる能力のことです。求人票に記載されている「✕✕経験〇年」の✕✕に入るものなど、仕事や業務を適切にこなすために必要な能力です。特定の業界の商品知識やツール、システムの使用経験なども含まれます。

(*3)ポータブルスキルとは
特定の業種や、職種、時代背景などに左右されない能力のことです。明確に「~年経験した」と言い切ることのできないものが多いです。対人力、対課題力、対自分力の3つに分けて考えてみましょう。
例:傾聴力(対人力)、逆算思考力(対課題力)、決断力(対自分力)

職務経歴詳細

職務経歴詳細は、職務要約を細分化したものです。「いつ」「どんな部署にいて」「何をして」「どんな成果を出したか」「その成果を出すために注力したポイント」などに分け、業務内容ごとに、200字前後でまとめましょう。ヘッドハンターや、企業の採用担当者からは、直近の経歴だけでなく、最低でも2つ以上の経歴を見たいという声が多いです。なるべく複数の業務内容を記載しましょう。

ポイント

  1. 「企業名」「役職・部署名」「在籍期間」は正確に記載する
  2. 業務内容には「役割」「成果」をセットで記載する
  3. 「成果」はできる限り数値化し、定量的に記載する
  4. 経歴のなかでアピールしたいものに絞って説明する。特に「直近2つ以上の業務内容と実績」
株式会社△△△△
2009年1月~在籍中
営業企画部 マネージャー

1. 役職・プロジェクト

役職・プロジェクト
営業企画部 マネージャー
期間
2014年4月~現在
業務内容

概要

  • ・マーケット、競合分析による営業戦略の立案・実施
  • ・新たな営業資料の作成・運用
  • ・商品企画部との連携による新商品の開発
  • ・チームメンバー7名のマネジメント

効果・成果

  • 売り上げが3億円から5億円へ上昇。前年比120%を達成し、同年の社長賞を受けた。

ポイント

  • 月に5社以上の訪問を行い、実際に顧客に向き合うことで本質的なニーズを把握し、戦略を立案。また、部署をまたぎ、新商品開発を行うことで、多角的にマーケットや競合を分析することが可能となった。

2. 役職・プロジェクト

役職・プロジェクト
営業部 メンバー
期間
2009年1月~2013年3月
業務内容
  • 営業スタイル 新規80%、既存20%
  • 担当地域 東京
  • 商品形態 無形
  • 商談形態 法人営業
  • 商品単価 50万円
  • 主な商談相手の役職 役員以上

実績

  • 2009年:売り上げ4,000万円 達成率104%
  • 2010年:売り上げ5,500万円 達成率107%

ポイント

  • 注力外であった深耕営業を積極的に行い、顧客に寄り添ったコンサルティング営業を行った結果、満足度も向上し、売り上げも増加。

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ