1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 自動運転システム開発エンジニア

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

自動運転システム開発エンジニア

年収:応相談

採用企業案件

部署・役職名 自動運転システム開発エンジニア
職種
業種
勤務地
仕事内容 世界中で自動運転の開発が急速に進んでいます。
自動運転が実用化されるためには、カメラ・LiDAR・レーダー等の各種センサー信号から対象物を高精度で認識するアルゴリズムと、
これらの認識結果を用いた車体制御への高速なフィードバックが求められます。

当社はプロセッサの性能を最大限に引き出す高速化技術や、コンピュータビジョン・深層学習を中心としたアルゴリズム開発の知見を活用して、
障害物認識や白線認識、自己位置推定などの自動車周辺環境認識に関わる認知機能や、自車走行経路のプランニングなどの判断機能の開発を行っています。
論文調査によるゼロからのアルゴリズム開発や、引用元アルゴリズムの改善開発から始め、ターゲットHWに特化した高速化まで行うことで、
理論から応用、実用化まで一気通貫した開発を行っていることが特徴です。
自動車だけでなく、人間と同等程度のスピードで走行する自律走行移動ロボットの開発にも着手しています。

弊社は顧客自身だけでは解決できない難易度の高い課題を、アルゴリズムの幅広い知見と長年蓄積した高速化技術を組み合わせて解決し続けることで、
顧客から高い信頼を得て大きく成長してきました。
何よりも技術が大好きで、顧客の期待を大幅に上回る成果を達成してきたエンジニアたちと共に、自動運転分野の最先端を走りませんか?

【具体的には】
■リアルタイム処理を考慮した自動運転ソフトウェアの開発・移植・高速化
■自動運転システムの製品化開発
■自動運転アルゴリズムの研究開発
■クラウドと連携したコネクティッドシステムの実現

【プロジェクト例】
■画像特徴点抽出処理のARM NEON/CUDAによる高速化
■車両センサーデータを用いた車両挙動分析
■ステレオカメラ深度推定アルゴリズム開発及びCUDA高速化
■DNNによるステレオカメラ物体認識アルゴリズム開発
■組み込み向けDNNモデル圧縮技術開発
■自律走行移動ロボットの自己位置推定・障害物認識・経路計画開発

【プロジェクトのやりがい】
■日々注目が高まる自動運転分野の最先端に関わることができる
■自身の技術を発揮して、自動運転の製品化実現に携わることができる
■自動運転車に採用される最新半導体アーキテクチャに一早く、かつ深くまで接することができる
■最新論文の調査、実装、改善を通して最新技術を常に追いかけることができる
■ソフトウェア高速化・コンピュータビジョン・深層学習等の各技術のスペシャリスト達と技術を共有することで、スキルアップできる
労働条件 ・契約期間:期間の定め無
・試用期間:有(3か月)
・年俸制 /年俸を12分割
・所定労働時間8時間/休憩時間:60分 (平均残業時間は20時間程)
・裁量労働制 (みなし労働時間9時間)
・休日:完全週休2日制(土日祝日)
応募資格

【必須(MUST)】

■C/C++のプログラミング経験

【歓迎(WANT)】

■コンピュータビジョン・機械学習プログラムの開発経験
■分散処理、並列プログラミングに関する知識
■GPUなどマルチコアプロセッサ上での高速化経験
■ベクトル演算命令(AVX、NEON等)による高速化経験
■車載ソフトウェアの開発経験

アピールポイント 完全土日休み 月平均残業時間20時間以内
更新日 2021/09/10
求人番号 1879181

採用企業情報

採用企業

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ