1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > RPAを活用した業務改善責任者(ディレクター)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

RPAを活用した業務改善責任者(ディレクター)

年収:800万 ~ 1100万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 RPAを活用した業務改善責任者(ディレクター)
職種
業種
勤務地
仕事内容 ■ 事業部/室ミッション
国内顧客15万社へのコンタクトセンター業務、および仕入先1400社への購買業務に対し、自動化率向上と改善を推進すること。本社のナレッジを海外現地法人へ共有し、改善の側面支援を行うこと。

■チームミッション
業務の自動化率向上のためのRPA開発・運用、およびRPAエンジニアの育成

■自組織の強み
IT部門ではなくユーザー部門に属する組織のため、現場の仲間が抱える課題に対して迅速なアクションが実施でき、且つRPA以外のソリューション提案も可能。

■担当業務
①RPAの開発・運用
・現場部門からのRPA化相談対応 ・要件定義サポート ・新規開発案件への開発者アサイン 
・開発進捗管理 ・各種会議体での進捗報告  ・ライセンス、開発・運用端末の購入・管理 
・予算管理 ・運用状況モニタリング ・RPA停止時の暫定対応及び恒久対応
※既に数百に及ぶRPAを走らせており、さらなる自動化による業務改善を目指しています。
②RPAエンジニア(自部門RPA推進メンバー)育成※1
・育成進捗管理 ・各種会議体での進捗報告 ・育成コンテンツ開発 ・研修開催 
・研修受講者サポート
※1 カスタマー/サプライヤー・サービス・センターのオペレーションメンバーが
 自ら業務の自動化を推進するための、RPA研修を実施・サポート。
③自チームメンバー育成
④海外現法へのRPA導入支援

■仕事のやりがい(面白さ)
・IT部門ではなくユーザー部門に属するRPA推進チームのため、RPAを導入したい現場と密に連携しながら、迅速な意思決定と実験・修正のサイクルが回せること。
・また現場組織に対してRPA以外のテクノロジーを用いた改善提案もできるため、学ぶ姿勢があれば、自ら挑戦し、成長できる環境がある。

■3~5年後の想定されるキャリアパス
・ITを使った業務改善にとどまらず、カスタマーエクスペリエンスの最大化を追求するためのテクノロジー導入への発展も可能

■業務上の課題
・RPA開発・運用の仕組化 ・RPAエンジニア育成の仕組化 ・開発・運用・エンジニア育成体制の強化

■使用ツール
〈使用アプリケーション〉
RPAツール(BizRobo、UiPath)
応募資格

【必須(MUST)】

〈経験〉
(AND条件)
・組織のマネジメント経験(2人以上の部下を持った経験)
・業務改善プロジェクトのマネジメント経験(RPA業務経験不問)

〈知識・スキル〉
・定量的根拠に基づいて意思決定できる方

【歓迎(WANT)】

〈経験〉
(OR条件)
・システム開発経験 
・コールセンター/コンタクトセンター業務経験

・成果に拘り、答えが見えない問題に対して解決策を考え、挑戦し続けられる方
・他部門と円滑に調整できる方
・最新技術動向や他社事例を主体的に学び続けられる方
更新日 2021/09/03
求人番号 1871280

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ