1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 【ソフトウェアテストの開発・設計】モバイルゲーム開発・配信を軸に多方面に展開する東証一部上場インターネット関連企業

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【ソフトウェアテストの開発・設計】モバイルゲーム開発・配信を軸に多方面に展開する東証一部上場インターネット関連企業

年収:800万 ~ 1500万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 【ソフトウェアテストの開発・設計】モバイルゲーム開発・配信を軸に多方面に展開する東証一部上場インターネット関連企業
職種
業種
勤務地
仕事内容 ■配属部署
本グループは、ソフトウェアテストを起点とした、「当社サービス全般の品質向上」と「当社エンジニアの開発生産性向上」の両方により、価値あるものを素早く提供できるようにすることをミッションとした組織です。

本グループの属するシステム本部は当社の組織の中でも、「インフラ」「セキュリティ」「品質管理」といった専門領域により、横断的に事業貢献をする組織であり、ゲーム、ソーシャルライブ、ヘルスケア、スポーツなど、様々な事業を展開し続ける当社を根幹から支えているセクションです。今後のモノづくりにおいては、これらのセクションがより一層ビジネスに踏み込んだ動きを取ることが重要になってくると考えています。

近年、アプリケーションには高機能さが求められるようになり、かつ開発サイクルは徐々に短くなってきています。それに伴い、ソフトウェアの品質を担保するための「テスト自動化」の重要性が高まっています。テスト自動化をすることで、バグを早期に発見して取り除き高い開発生産性を実現できます。

そのため、開発現場の中に入り込んでいき、開発者と共に早期にバグを検出できる自動テストを整備していくことや、それらの開発サイクルを素早く回すための、横断的なCI基盤やプロジェクトの健康状態の可視化手段を提供していくことが必要になります。



■業務内容
▼事業部における開発者テストのボトルネックの解決
事業部の開発チームと一体となり、早期にバグを発見するためにテストの開発や設計・開発プロセスの改善をします。
バグを早期に発見してフィードバックすることにより、高い開発生産性を実現します。

具体的な業務内容:
テストに対する専門性を活かし、新しくテストを追加する際に既存コードのテスト容易性によっては効率的に追加することが難しいなどといったボトルネックを解消していきます。

例:
モジュールの分割や依存関係がよい設計になっておらず、ユニットテストをするために準備すべきコード量が多い場合
A.ピンニングテストによりある程度結合度が高いレベルの振る舞いを担保しながら内部構造を徐々に変えていき、あるべき設計に近づける
B.コードやプロジェクトの状況次第では、よい設計に改善するのはほどほどにしておき、テストを容易にするためのテストデータを簡単に生成できるようなサポートツールを開発するなど


本業務の望ましい経験:
自動テストを整備することで品質の高いプロダクトを継続して開発運用経験

様々な事業でこういった問題の解決経験をしてきたメンバーが在籍しているため、最適なアプローチに関して技術分野を越えたメンバーで議論しながらすすめることができます。



▼自動テストの適用範囲の拡大
一般的なユニットテストだけでは確認することが難しく、また手動テストで担保するのは難しいようなケースでも対応可能な自動テストの開発

近年、複雑化したモバイルアプリ(アプリ単体だけで完結はせず、様々なものと連携し動作をするような)では、特定の状態でのみ起こる問題もしばしばあります。
また機能が動くだけでなく、特定の状態においても機能がストレスなく動作するかといった観点も重要です。
これらのような一般的なユニットテストでは解決できない問題を特定の状態を再現できるようにした上で自動テストで担保していきます。


具体的な業務内容:
当社の様々なプロダクトにおける課題を把握しながら、他のテストについても適宜検討し導入を進めていきます。
プロダクト側の設計にも大きく影響をうけるため、プロダクト開発に関わるメンバーとも協調しながら推進いたします。

例:
サービスに負荷をかけた上でのモバイルアプリのパフォーマンス計測や、特定の状態を再現しての見た目のテストを自動テストで進めているとします。
既にこの自動テストは一部のプロダクトに導入済みですが、他のプロダクトに展開している際に、それぞれのプロダクトの特性を理解した上で自動テストを導入できるよう追加開発も行いながら推進いただきます。

本業務の望ましい経験:
プロダクト開発の経験
自動テスト(ユニットテストやE2Eテストなど)の実装経験



▼品質・生産性分析基盤を利用したプロジェクトの健康状態の可視化と予防
開発パフォーマンス低下の兆候を検知し、早期に対策を行い高い開発パフォーマンスの維持を目指します。
開発パフォーマンスの定義自体も様々ですが、当部署では開発速度に関係する指標だけではなく品質面に関係する指標も重要と考え、全社でプロジェクト健康状態を定量的に分析可能な状態を目指します。これらの指標データを蓄積・可視化・分析し、健康状態に悪化の傾向が見られた場合は早期に対策します。


具体的な業務内容:
まずは、CI/CD、GitHub、チケット管理などの開発に用いているサービス・ツール上のデータ等といった「プロジェクトの健康状態を表す考えられる指標の策定」を行います。
上記指標データを収集・蓄積するシステムの構築・運用を行い、データを可視化し、その後、各指標がプロジェクト開発のどの部分(工程、セクションなど)のパフォーマンスと関係しているか分析し、定量的なデータを元にプロジェクトの健康状態の改善・予防に繋がるアクションの提案、実現までをサポートします


本業務の望ましい経験:
中・大規模なチームでの開発経験
個人に閉じないチームとしての業務効率推進の経験



▼仕様チェック技術の高度化と仕様を活用した開発の効率化
プロダクト開発で用いられる仕様の欠陥をなるべく早い段階で見つけることで後工程での手戻りを減らし開発効率のアップを目指します。
早い段階で人間の目で仕様レビューをするのもよいですが、我々は形式手法という技術を用いてアプローチします。
形式手法といっても様々ですが、たとえば、厳密な構文に従って仕様を書く形式仕様記述を用いると、書くことで仕様の記述漏れやあいまいさ、矛盾に気づけたり、仕様の分析(仕様と実装の間の正当性検証や、解析器を使った妥当性確認)ができるようになったりします。


具体的な業務内容:
数理論理学を応用してプロダクトの仕様を形式的に記述すること(先に述べた形式仕様記述)や、形式的に記述した仕様の性質を自動で検証すること、そのためのツールを設計・実装することなどを担っていただきます。

私たちは複数のプロダクトに横断的にかかわりながら仕事をします。
プロダクトチームとの丁寧なコミュニケーションも担っていただきます。


本業務の望ましい経験:
基礎的なプログラミング経験、高校レベルの数学(文系理系問わず)の知識など
応募資格

【必須(MUST)】

プロダクト開発の経験
自動テスト(ユニットテストやE2Eテストなど)の実装経験

【歓迎(WANT)】

Go / Ruby on Rails / Unity / Swift / Kotlin / Flutterなど、当社の開発環境で使用される言語での開発経験
中・大規模なチームでの開発経験
個人に閉じないチームとしての業務効率推進の経験
高校レベルの数学(文系理系問わず)の知識

【求める人物像】
新しいことを学ぶ意欲
成果をアウトプットすることへの前向きな姿勢
アウトプットに関すること全般(資料作成、社内発表、外部発表など)も担っていただきます。
更新日 2021/06/03
求人番号 1770799

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ