1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 
  3. 求人検索
  4.  > 【ガスプラント装置の配管設計/年休122日/残業20h】創業80年以上・業界トップクラスのシェアを誇る水処理装置メーカー

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【ガスプラント装置の配管設計/年休122日/残業20h】創業80年以上・業界トップクラスのシェアを誇る水処理装置メーカー

年収:応相談

採用企業案件

部署・役職名 【ガスプラント装置の配管設計/年休122日/残業20h】創業80年以上・業界トップクラスのシェアを誇る水処理装置メーカー
職種
業種
勤務地
仕事内容 【当社について】
自然との調和をテーマに、ガスと水で人々の暮らしに貢献する事業を展開している当社。
プロパンガス用ベーパーライザーやプラント機器、膜分離システムを用いた水処理装置などの開発・製造・販売を手がけるメーカーです。
ガスと水で人々の暮らしに貢献する「プロパンガスプラント事業」と、超純水(高純度な水)や透析に関する技術を活かした「メンブレン事業」の2軸にて事業展開しています。

【業務概要】
LPG/フロン/天然ガスなどのガスプラント装置の設計業務全般をお任せします。

【業務詳細】
タンクやコンプレッサー、ポンプなどを選定し、AutoCADを使用して設計図・部品図・各種資料を作成して頂きます。
また、営業がヒアリングしてきたユーザー仕様に基づき強度計算を実施します。
タンクや業務フローに応じて、自社の営業や製造など他部署への調整業務なども行って頂きます。
※製品のサイズ:約直径2m・高さ3m程
※案件数:月/4~5件・小さいものだと1案件当たり1週間 
※タンクやコンプレッサーの選定を行い設計、各種提出用書類を作成もして頂きます。

【組織構成】
技術課6名(平均30代)

【特徴】
・市場調査から設計、製造、販売、メンテナンスまでを社内で行う『一貫生産体制』を構築。
・LPG及び特殊ガスプラントのパイオニア的存在。
・取引業界が医療機関、浄水場、半導体メーカー、自動車メーカー、ホテルといった幅広い業界業種に渡ります。
・定期的に必要な装置となるため景気の変動を受けにくく安定した経営体制です。
・近年では、大学の名誉教授と共に、水素エネルギーを活用した研究開発にも取り組むなど、今後も新たな分野への進出にも積極的に取り組んで参ります。
・社員のお子様が小学校入学された際には、記念品が贈呈される等社員の生活の喜びを会社としてもお祝い致します。
労働条件 【勤務地】
・本社(大阪市淀川区/阪急宝塚線「三国駅」徒歩1分)

【勤務時間】
・8:30~17:30 (所定労働時間:7時間40分)
・休憩時間:80分
・時間外労働有無:有
※固定残業代の相当時間

【雇用形態】
・正社員(試用期間3ヶ月)
※試用期間中の労働条件に変動はありません。

【待遇・福利厚生】
・通勤手当:全額支給
・住居手当:一人暮らし・持ち家 4万円、ご実家 2万2500円
・社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
・退職金制度:勤続6年以上対象/65歳までの再雇用あり(定年:60歳)
・企業型確定拠出年金

【休日・休暇】
・完全週休2日制(かつ土日祝日)
・有給休暇10日~20日
・休日日数122日
・年末年始、GW、育児休暇(取得実績あり)、介護休暇
※年によって若干の年間休日日数の変動有り

【受動喫煙対策】
・敷地内喫煙可能場所あり
応募資格

【必須(MUST)】

・AutoCADを使用した図面の設計経験
・コミュニケーション能力
 (具体的には、お客様及び自社他部署とのコミュニケーションを通じて、要求を設計に反映できる方)

【歓迎(WANT)】

以下のいずれかの経験がある方歓迎
・配管設計の経験
・強度計算書の作成経験(圧力容器・構造計算・応力計算)
・官公庁申請用書類の作成経験
・熱交換器の計算経験


アピールポイント 創立30年以上 年間休日120日以上 資格支援制度充実 Uターン・Iターン歓迎 地域活性化事業 完全土日休み 月平均残業時間20時間以内
更新日 2021/04/14
求人番号 1611897

採用企業情報

採用企業

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ