1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > センシング信号処理の研究開発(データサイエンス研究開発)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

センシング信号処理の研究開発(データサイエンス研究開発)

年収:800万 ~ 1100万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 センシング信号処理の研究開発(データサイエンス研究開発)
職種
業種
勤務地
仕事内容 <職務内容>
センシング信号処理技術、特に、時系列信号や3次元信号の解析技術と複数センシング手段の
融合技術を進化させ、より効率的な実世界の見える化を実現するための研究開発業務を担って頂きます。
具体的には、研究戦略の立案、主要学会でのトレンドメーキング、事業部や顧客との
連携研究の管理・遂行、知財戦略の立案・遂行、人材育成戦略の立案・遂行などをお任せいたします。

※人数20名程度の研究チーム内で、後進を指導/育成できるレベルの研究者(レポートラインは部長)を
 求めています。そのため、主要国際学会での発表経験や英語力も期待されます。

<アピールポイント・想定キャリアパス>
・当社は顧客のDXを通して様々な社会課題の解決を目指しております。
 その中で技術の源泉である研究所として特にデータ収集領域のDXに貢献することを目指しており、
 中核を担う、研究開発者、研究開発リーダーとしてご活躍頂けます。
・当社ならではの独自センシング技術を活用して、未だデジタル化されていない実世界情報の収集に
 他社に先駆けてチャレンジ頂けます。
・データ収集技術を通して、当社のほぼ全ての事業領域及びお客様(官公庁、製造業、流通業、金融業、
 交通業、サービス業など)での新規ビジネス開拓を経験することができます。

※当社独自の光を用いたセンシング技術を活かした、センサ生データの解析技術やセンサ融合において、
 ユニーク技術の競争力向上に携われる職場です。海外先端技術を日本市場に導入する役割も果たします。

<募集背景>
新たな研究、事業化戦略の立案・遂行、ならびに、事業創出を実現するため、募集しております。
労働条件 <予定年収> 800万円~1,100万円前後

< 勤務地 > 神奈川県川崎市

<福利厚生>
通勤手当、家族手当、住居手当、社会保険、厚生年金基金、退職金制度(定年:60歳)
財形貯蓄制度、従業員持株会、住宅ローン利子補給制度、育児休職・育児短時間勤務制度・介護休職・介護短時間勤務制度

<教育制度>
共通基盤プログラム、キャリアデザイン支援プログラム、セルフディベロップメント支援プログラム、プロフェッショナル強化プログラム、マネジメント強化プログラム等

<休日日数>
休日日数125日、有給休暇20日
応募資格

【必須(MUST)】

- 信号処理技術の研究または開発の経験 10年以上
- 3人程度以上のチームにおいてリードして研究業務を遂行した経験 5年以上
 (チームリーダー、主任クラスでのご経験がある方)
- 主要国際学会での発表経験10回以上
- 技術内容をわかりやすく説明するためのPPT作成/プレゼンスキル
- 日常会話程度の英語力(TOEIC730点以上程度)

【歓迎(WANT)】

- 研究開発マネジメント経験
- 英語での実務遂行が可能な英語力(TOEIC860点以上程度)
- 博士号取得者

【求める人物像】 特に以下のようなソフトスキルを備えた方は大歓迎です。
- 顧客や関係者とのコミュニケーション能力(顧客ニーズ・シーズの把握)
- 積極的な行動力
- 専門知識を活かして根気強く若手研究者を指導できる方
- 分析力・ロジカルシンキング
更新日 2020/07/30
求人番号 1430986

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

  • 3.29
    ?
  • ヘッドハンターの氏名は会員のみ表示されます
  • 会社名は会員のみ表示されます

    • 東京都
    • 東北大学
  • メーカー 商社
    • 保有求人は随時up+updateするよう努めております。 気になる求人がありましたら、お知らせください。 ご質問やご相談も歓迎です。
    • (2020/06/18)

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ