1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > 【東大発ベンチャxロボット義足】マーケティング・事業開発の責任者(CMO候補)

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

【東大発ベンチャxロボット義足】マーケティング・事業開発の責任者(CMO候補)

年収:応相談

採用企業案件

役員面接

特集求人

本求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも閲覧、応募が可能です。

BionicM株式会社

  • 東京都

    • 会社規模非公開
  • その他
部署・役職名 【東大発ベンチャxロボット義足】マーケティング・事業開発の責任者(CMO候補)
職種
業種
勤務地
仕事内容 当社は2015年より東京大学情報システム工学研究室(JSK)において、世界の先進的なロボット研究を活かしながら、革新的な技術の研究を行ってきました。
2016年には、国立研究開発法人 科学技術振興機構による大学発新産業創出プログラム(START)に採択され、事業化に向けたさらなる研究開発が行われ、2018年に事業として当社が設⽴されました。
製品を市場に届けるために、研究開発を進めています。ロボットと人間の融合技術により、人々のモビリティの発展に寄与することを目指しています。

【業務内容・特徴】
当社は、現在ハイエンド義⾜の開発を行っており、年内を目処にローンチ・販売を予定しております。そこで今回は、国内のみならず、海外(特に中国)に向けてのマーケティング・事業開発の責任者(CMO候補)を募集いたします。

【業務詳細】
・経営陣として、ハイエンド義⾜のプロダクトマーケティングの戦略立案から実行・ユーザーヒアリングを通したプロダクト改善
・国・展示会・KOL(医師)・メディア・などへのマーケティング活動を通し、プロダクトの認知の拡大。高単価少量製品のプロダクトマーケティング
・現在組織はエンジニアを中心とした10名で構成されています。ビジネスサイドの責任者としても期待しております。
労働条件 勤務時間:10:30~19:30
コアタイム:11:30〜16:30
フレキシブルタイム:10:30〜11:30(始業)、16:30〜19:30(終業)
休日・休暇:年間休日125日(2019年度)、完全週休2日制(土日祝日)、年末年始休暇、年次有給休暇(入社日から入社6ヶ月 過日までの期間について、 3⽇間の特別休暇を付与/特別休暇は⼊社6ヶ⽉経過⽇を超えて繰り越すことが可能)
昇給:あり
賞与実績:ストックオプション付与有
退職金:なし
通勤手当:会社規定に基づき支給
残業手当:あり(固定残業代制 超過分別途支給)
社会保険:健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
受動喫煙対策:屋内禁煙
応募資格

【必須(MUST)】

・新カテゴリーの製品、特にハードウェア領域でマーケティング/プロダクトマネジメントを志向していること
・マネージャーに近いレベルでの経験

【歓迎(WANT)】

下記いずれか1つ以上に当てはまること
・新カテゴリーの製品やサービス、特にハードウェア領域でマーケティング/プロダクトマネジメント経験
→製品・サービス分野:ハードウェア、ニッチプロダクト(コモディディではなく、価格競争などしないもの)、医療機器・福祉業界(KOLのエンドースメントを獲得して認知度・販売を拡大させる)、グローバル
・アフターサービスに関する知見(高価格・ハイエンド製品として高いUXを提供する)
・B2Cマーケティング、インターネット広告、デジタルマーケティングにおける経験(義肢装具士ではカバーできない2Cの認知度を向上させるスキル)
・スタートアップ、ないしはそれに準ずる経験(新規部署・海外支社立ち上げなど)

アピールポイント 創立5年以内 自社サービス・製品あり ベンチャー企業 ストックオプション制度あり 新規事業 管理職・マネージャー
更新日 2020/06/19
求人番号 1406544

採用企業情報

  • BionicM株式会社
  • 東京都

    • 会社規模非公開
  • その他
  • 会社概要

    【代表者】孫 小軍
    【本社所在地】東京都文京区本郷7-3-1

    【事業内容】
    ロボットと人間を融合するモビリティデバイスの研究および開発
    ロボティック義足の研究開発および事業化

    【代表プロフィール】
    東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。9歳の時に右足を切断したが、経済的な理由で義足を利用できず、15年間松葉杖での生活を送る。2009年、東北大学の交換留学生として来日。その後、日本で義足の補助制度を利用して初めて義足を装着。2013年、東京大学修士終了後、ソニーに入社。エンジニアとして製品の開発・量産化プロセスを経験。

    日々の生活の中で、既存の義足の機能不足による不便さを実感し、また、義足が高価であるために必要とする人に届いていないことを問題視するようになる。2015年、自らより良い義足を作ることを目指し、ソニーを退職、東京大学大学院博士課程に進学し、ロボット義足の研究に従事。

    2018年、博士課程での研究を事業化するため、BionicM株式会社を起業。

    2017年、SXSWに開発中の義足プロトタイプを出展し、SXSW 2017 Interactive Innovation Award Student Innovation受賞。2017 ジェームズダイソンアワード国内最優秀賞受賞。2018年、日本ロボット学会から研究奨励賞受賞。博士課程では、ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラムコース生や日本学術振興会特別研究員(DC2)としても活動。ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム修了。

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ