1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 求人検索
  3.  > リソグラフィ技術開発エンジニア

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

新規会員登録(無料)

リソグラフィ技術開発エンジニア

年収:800万 ~ 1000万

ヘッドハンター案件

部署・役職名 リソグラフィ技術開発エンジニア
職種
業種
勤務地
仕事内容 リソグラフィ技術開発 、具体的には、
①レジスト材料選定
②塗布現像技術開発   
③露光技術開発  最適なNA、σ、露光量、Focus等の設定   
④リソグラフィ評価技術開発 寸法測定 重ね合わせ 断面観察  
以上、設計ルールは20nm~1umまで幅広い技術開発を実施する
■設備立ち上げ、設備改善、低コスト化技術開発  
具体的には、   
①中古設備選定、導入、立ち上げ   
②設備ハードウエア改善による、能力、特性改善、コスト低減   
③プロセス改善による能力改善、特性改善   
④低欠陥プロセス開発、設備改善   
⑤高スループット技術開発   
⑥APC、FDC、VM技術開発   
⑦低コスト化技術開発
労働条件 屋内原則禁煙(喫煙室あり)
応募資格

【必須(MUST)】

次の条件の多くを満たしている社員が望ましい。
- 応募業務に3年以上の経験を有していることが望ましい。
- 半導体全般に対する知識、経験を有し、自らリソグラフィに必要なSPECを設定し、達成に向けて取り組める人材。
- リソグラフィに関する基礎知識を有し、プロセス開発、プロセス改善等を自ら行える人材。
- リソグラフィに必要な評価技術を習得していること    
・測長SEM、断面SEM、重ね合わせ - パーティクル欠陥検査装置、パターン欠陥検査装置などの操作技術を有し、みずから設 備、  プロセスの欠陥改善に取り組むことが出来る人材。
-レジスト材料に関する基礎知識を有し、レジストメーカと共同で必要なレジストを開発する ことが出来る人材。
- リソグラフィ開発に必要なTEGパターンを自ら考案、GDSを作成することが出来る人材。
- 作成したTEGマスクを用いて、DOF,OPC,DFMなど各種評価を自ら行い、技術可否を判断できる人材。
- 設備ハードウエアについての基礎知識を有し、自ら改善を行える人材。
- 既存のチームと共に努力ができる人材。
- 会社の方針を理解し、自ら成功に向けた取り組みができる人材。
- 工場間の移動など、勤務地変更を厭わないこと。
- チームの目標を理解し、その達成に向けて自ら目標設定・スケジュール管理を行い、その達成に向けて主体的に取り組める人材。
- 社内外の関連部署と、口頭及び文書で効率的にコミュニケーションできる人材。
- 自分の業務の進捗について、チームリーダー、上位エンジニアに、口頭及び文書で報告、相談できること。また、チームリーダに、問題をタイムリーに報告できること。
- 常に会社の方針、生産計画を認識し、自分に求められる役割を正しく把握できる人材。
- 英語でコミュニケーションできる能力(目安としてTOEIC≧700点)

更新日 2020/04/01
求人番号 1326801

採用企業情報

この求人の取り扱い担当者

この求人に含まれるキーワード

転職・求人情報の詳細をご覧になる場合は会員登録(無料) が必要です

メールアドレス ※ メールアドレスは公開されません
パスワード ※ 半角英数字記号10文字以上64文字以下で入力してください パスワードの安全度:
現在の年収
新規会員登録(無料)

新規会員登録(無料)ボタンをクリックすると個人情報の取り扱い、及び、利用規約に同意したものと見なされます

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ